ブログ

リネン ネップについて

2016.07.21

こんにちは、いとうです。
リネンカーテンリフリンの素材についてのご紹介です。

リフリンのリネンは亜麻という素材を使っています。
リトアニアで育てたフラックスという植物の繊維です。

亜麻はリネンの中でも上質な素材で、しなやかであり、やわらかな手触りを楽しむことができます。
また、使い込むうちに風合いが増していくのが特徴です。

そんなリネン、自然素材だからこその繊維のおうとつ、ネップというのが特徴で上げられます。
リネンを使っていらっしゃる方は必ずといってもいいほど目にしているはずです。

こちらの中央の丸い点がネップです。
image
すじのような、丸い点のような少し目立つ存在です。
でもあまり気にならないと言えば気になりません。

これがリネンの自然素材だからこその特徴です。
リネンは繊維を糸にし織る際に不均等に細かったり太かったり糸にも個性があります。

こういう風に全て均等な太さの糸ではないからこそ、空気の層を作り、生地自体に空気を含んでくれるので断熱効果も生み出します。

もしかしたらお手持ちのお洋服などにもネップは見られるかもしれません。
大きく目立っている場合には針を使い、裏に向かって押し込めば目立たなくすることもできます。

リネンの素材の良さは、自然の風合いです。
程よいしわ加減や、ネップも自然のものだからこその良さです。

ぜひ、身の回りのリネンで楽しんでみてください。
image