ブログ

手で紡ぐ

2015.04.04

こんにちは。

 

ボーデコール横浜店 スタッフの横山です。

 

アートギャッベのウールは、

イラン南部に位置し、標高2,000m~3,000m級の山々が連なる

ザグロス山脈に住む羊の毛を使っています。

P1010354

日中と夜の寒暖差が、30度ほどある地域で遊牧されており、

その環境に耐えうるため、非常に上質な毛を蓄えます。

 

その上質な毛を川で洗い、刈り取るのが、

遊牧生活をしているカシュガイ族の男性の方々。

 

アートギャッベが織られるための第一ポイントになります。

 

刈り取られたあと、今度は女性の手によって紡がれていきます。

 

紡ぐ作業も、全て手作業。

一切機械などは使用しません。

その代わり、スピンドルという道具を使用します。

P1010343

このようにして1日で

だいたい200g程度の糸を紡いでいきます。

 

リビングサイズのアートギャッベを織りあげるためには、

どれだけのウールが必要なのか考えると、

大変な時間がかかっていることを実感させられますよね。