ブログ

アートギャッベの上質な羊毛

2019.06.10

こんばんは。

研修スタッフの千葉です。

 

本日はアートギャッベの肌触りの良さについてのお話です。

アートギャッベに使われる羊の毛は”高山羊”と言われるイランの山に住む羊の毛を使っています。

高山羊の毛並みはストレートな直毛。

羊というより、まるでヤギのような見た目をしています。

 

イランの山々は乾燥地帯。

日差しを遮る物がないので日中は暑く、夜間は寒くなる土地です。

そんな自然環境の厳しい中で暮らすイランの高山羊たちは、体を守るため毛に上質な脂分を蓄えています。

その脂分の正体は「ラノリン」という成分。

ハンドクリームや靴磨きクリームなど、肌や革製品のケアに使われるほどの上質な脂分です。

 

アートギャッベにも、この上質な脂分が含まれています。

なめらかな肌触りの良さはこの脂分のお陰なのです。

脂分を抜かないためにはまず染色からです。

 

脂分は水分をはじくので、糸を染色するには厄介な存在。

糸は脱脂をしてから染めるのが、一番簡単に染まる方法です。

しかし、脂分を抜くとゴワゴワの感触になってしまう原因にもなります。

 

私たちはアートギャッベのさわり心地を大切にしています。

糸を染める工房ではこの脂分を抜かないように、時間を掛け丁寧に染めていきます。

草木染めで何回にも分けてじっくり重ね染をすることで、脂分を適度に保ったまま染色します。

とても時間のかかる非量産的な方法ですが、それが上質な造りへの一歩。

アートギャッベのさわり心地のよさは、手間暇かけて大切に作られてきた証なのです。