ブログ

こんにちは。
本日の関東は残念ながら雨模様…
そろそろ晴れてほしいなぁと思いながら過ごしています。
お越しいただく際にはお足元お気をつけてお越しくださいませ。

本日はリフリンのリネン生地で作るクッションカバーのご紹介です。

リネンカーテン Lif/Lin リフリンの生地は、カーテン以外にもリネンシェードや暖簾、ベッドスプレッドなどまで、様々なものをオーダーメイドでお洒落にお作りすることができます。

 

クッションカバーには2種類ございます。

img_2813

上品な縁(耳)を付けているもの(左)と、右はシンプルで合わせやすいプレーンなもの(右)です。

サイズも30㎝四方~60㎝四方まで、お選びいただけますのでカーテンを選ぶように想像しながらクッションカバーをお選びいただくのも特別感があり、楽しいものです。
カーテンと同じ生地でお作りすると、お部屋の統一感も出て、リネンの優しい手触りに癒されること、間違いないですね♪

 

寒い日、暑い日、湿気の多い時期も快適に過ごすことのできるアートギャッベ。
よくお使いいただいているお客様から、「天日干しをした方がいいですか?」と聞かれることがあります。

ふつう、じゅうたんは天日干しをしたり、洗って乾かしたりしますよね。
アートギャッベは、お手入れとして天日干しを必ずしていただかなくても快適にお使いいただけますので、特に必要ありません

 

 

なぜかというと、乾かさなくても、独りでに呼吸をして湿気を吐いて、気持ち良い状態を保ってくれているからです。

 

なぜ、そんなことが可能なのでしょうか?本日はそのワケをご紹介します。


 

暮らす環境に秘密あり! made in IRAN !

IMG_0778

実は、この羊毛として生活している時から鍛えられています。
というのも…イランなどの高地で暮らす羊たちが暮らしているのは、大変厳しい環境です。
3000m近い山で暮らし、雨はろくに降らず、日中は40℃を超え、夜中は10℃をきってしまうような気温差のある過酷な環境。

この環境にいて、羊たちは自分の身を守っていかなければなりません。
そんなわけで、暑いときも寒いときも体温を一定に保てるように調湿作用が鍛えられてきました。

その上質な毛を使ったアートギャッベなので、日々の暮らしで培われた力により、冬は温かく、夏はサラッとを実現しています。

 


湿気の多い時期に感じる羊毛のにおいは、
湿度を調節しようと頑張っている証
です!

 

湿気の多い梅雨やムシムシとした夏は体もベタついたりするときもありますよね。
でもなぜかアートギャッベの上ではサラッと快適…そう思われたことはありませんか?

アートギャッベのウールは毛の中に湿度を溜めこむ力があります。

蒸れた足でギャッベの上に上がってしばらくいると、その湿気を吸ってくれてサラサラに…
というほどに、優れた性質を持っているんです。

梅雨の時期などは、天然素材である特徴ですが、ウールのじゅうたんは羊のにおいが出ることもあります。
湿度を毛の中に溜め込み、表面はサラッとさせようと呼吸をしている証なのです。
ウールは生きた繊維と言われるほど、適応能力がある優れものの繊維です。
 


 

気が向いたらぜひやっていただきたいこと
天日干しをしなくても快適にお使いいただけるアートギャッベ。

とっても扱いやすい絨毯ですが、梅雨時期などにどうしてもウールのにおいや湿気が気になるな~
そんなこともあるかもしれません。

そんなときには、もっと空気を通しやすくしてあげるためにじゅうたんを裏返しにしてみてください。

IMG_2286

お出かけされたり、就寝前など使わないときにじゅうたんを裏返しておいてください。
これは半年に一度くらいのペースで大丈夫です。

裏地がついていないので、裏返してあげるだけで、より呼吸をしやすくなりますし、より快適になります。

 

ちなみにイランでは…
IMG_1417
洗い終わったアートギャッベを太陽の下でじっくり太陽の遠赤外線によってカラカラになるまで乾かします。
植物の色は強いので、色褪せや色落ちも起こりづらいので安心です。
 

現地イランのように、もっとお日様の光を浴びさせてあげたい!やっぱり日干ししたい!
そう思ったら、天日干しをしてあげてください。
IMG_2310
お日様の光を浴びて、ウールは毛が起き上がってフワフワ感が増したり、湿気を吐いてくれるので、より気持ち良くお使いいただけます。

でも、ご注意いただきたいのが重さです。
お母さんおひとりでは大きいサイズは持ち運びができないので、ご主人やお子さんに手伝ってもらってくださいね!

いかがでしたでしょうか?
IMG_2298
今後も、アートギャッベと共に快適な暮らしを楽しんでくださいね♪

その他、気になることなどございましたら、お気軽にご質問ください。
お待ちしております。
アートギャッベで快適Lifeをお過ごしください。

 

こんにちは、いとうです。
【じゅうたんのお手入れ方法についてご紹介】

・・・コーヒーこぼしちゃった!

 

 

じゅうたんの上でご飯を食べたり、お茶したりしますよね。

必ずと言ってもいいほど、小さなお子様がいらっしゃると特に、汚れが気になり・多くなってきます。
もしも汚れてしまったら、そんなときにどう対処すれば良いかをご紹介いたします。

 

①あっ、こぼしちゃった!

コーヒーこぼす

やってしまいましたね~。

「よりによって色が付きやすいコーヒー、ショック・・・」
最初はとっても落ち込むと思いますが、大丈夫です。落ち着いてくださいね!

 

 

②タオルとティッシュの用意をしよう

用意するティッシュとタオル

焦らずにタオルとティッシュを用意しましょう。
ティッシュはトイレットペーパー可。こぼしてしまったときにすぐに周りにあるティッシュをさっと取って頂ければOKです。

タオルは濡れているもの、濡れていないもの2つご用意ください。

 

 

 

 

 

③ティッシュで水分を吸収させる
吸い取る

こぼしてすぐは、ヒツジの毛の脂分がはじいて水分が浮いてくれます。

じゅうたんの上になるべく早くティッシュをポンと乗せます。
※このとき、上から押し付ける様にふき取ってしまうと毛の中まで水分が入り込んでしまいますので、あくまでそっと乗せるイメージでお願いします。
④濡れタオルで叩くように拭く
濡れタオルで拭く

拭うように拭くのではなく、軽くポンポンと表面を叩くようなイメージで拭きます。

 

 

 

 

⑤乾拭きする

拭く

拭いた箇所は濡れているので、水分を拭き取るように拭いていきます。

 

 

 

 

 

⑥その後、乾かすと、元通り!
元通り

風通しの良い所で乾かしてあげてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

こんな風にアートギャッベやハグミみじゅうたんはお手入れが簡単です。
汚してしまったりすることは生活する上で必ずありえます。

汚れてしまったたびに洗うのも良いですが、そうするとどうしてもじゅうたんは傷んでしまいます。
自然のままの羊毛の汚れにくさでお手入れも簡単ですし、気兼ねなく自由に使っていただけるじゅうたんです。

ぜひ、楽しみながら使っていただければと思います。

そして、本日ご紹介した水汚れ、長時間そのままになっていた場合は水だけでは落ちない可能性もあります。
今ではホームセンターなどにウール用の中性洗剤も販売しておりますので、ご活用ください!

それでも落ちない頑固な汚れが気になる、という方はクリーニングも店頭でお預かりしております。
ぜひそんなときにはお気軽にご相談ください。