ブログ

こんにちは。

新入社員の千葉です。

 

ボーデコールのオリジナルブランドである、Lif/Linのリネンカーテン。

フラックスという植物の茎から採れる天然繊維を素材としているので、自然素材の優しい風合いが素敵なカーテンです。

本日はリネン素材の優しさについて触れてみたいと思います。

 

フラックスなどの植物の茎から採れる繊維は、当たり前ですが均一ではありません。

繊維の一本一本にも個性があります。

細い糸があったり、太い糸があったり。それは、自然素材の特徴なのです。

 

リネン生地をじっくりと見てみると、太い糸が所々に見受けられます。

下の写真でもあるように、こちらは”ネップ”と呼ばれる天然繊維の特徴です。

細い糸、太い糸が一緒になって編み込まれるため、このような表情が生まれます。

ネップはリネンカーテンの表情を豊かにしてくれる存在です。

拡大してみたときは、ネップの部分が目立って見えたかもしれませんが、今度は全体的に見てみましょう。

 

LL2023

少し濃く見える点や線の部分がネップ。まばらに点や線があることで、自然な揺らぎが表れてきます。

なんだかこの自然な揺らぎが、川のせせらぎにも見えてくるのです。

ネップのこのまばらな表情が、お部屋の窓にかけたときに優しい風合いを感じさせてくれます。

ネップにより揺らぎのあるカーテンは、窓際で豊かな表情を見せてくれます。

揺らぎのあるリネンカーテンからこぼれる自然光は、まるで木漏れ日の様なやさしい光に。

自然素材がやさしい印象を与えてくれるのは、ネップのような不均一さの揺らぎがあるからなのです。

リネンカーテンLif/Linでは、全部で80柄を超えるリネンカーテンをご用意しています。

ここまでの柄をご用意しているのも、さまざまなテイストの空間で、自然素材リネンのカーテンを楽しんでいただきたいからこそ。

リネンカーテンLif/Linには、下記の3つのシリーズがございます。

  • Field series ~フィールドシリーズ~
  • Airly series ~エアリーシリーズ~
  • Forest series ~フォレストシリーズ~

 

本日のブログでは、この3つのシリーズの1つ、Field seriesのさまざまな施工例をご紹介いたします。

Field series

フィールドシリーズは、リネンの素材感を楽しめる厚手生地のシリーズです。

リネンそのものを堪能できるようなさりげない無地のデザインから、

チェック柄やストライプ柄など、お部屋のアクセントとなってくれるデザインもございます。

 

Field series 施工例

こちらのお客様が選ばれた生地は、LL2001

染めていない生成のリネン生地です。

無垢の床に無垢の家具といった自然素材に囲まれたご自宅に、リネンカーテンもさりげなく存在感を放ってくれています。

 

こちらの透き通るような青色のリネンカーテンはLL2005

リネンらしい風合いを保ちながらも映える色柄ですので、ミッドセンチュリーな空間にもぴったり!

この方が選ばれた生地はLL2122

柄が入っていても、リネン独特の陽の入りがあるため、とても爽やかですよね。

 

こちらは2枚の生地をシェードの形で隣り合わせに。

向かって左はLL2133、右側は先ほどもご紹介した生成のLL2001です。

この組み合わせを選ばれたお客様は、最初リネンの生成(LL2001)のみで考えていらっしゃいましたが、

実際にお店で様々なLif/Linのリネンカーテンをご覧いただき、「せっかくだったらいろんなリネンを楽しみたい!」と最終的にはこの素敵な組み合わせをセレクトしていただきました。

 

いかがでしたか?

せっかく質感が気持ちの良いリネンカーテン。

さまざまなテイストの空間で楽しめるLif/Linのリネンカーテンであれば、きっと理想の空間づくりをサポートしてくれるはずですよ。

 

次回はLif/Linのレース生地シリーズ、Airly seriesのさまざまな施工例をご紹介いたします。

Lif/Linのレース生地にもさまざまなデザインがございます。

次回もお楽しみに!

 

こんにちは。
今までご紹介してまいりました、Lif/Lin生地の小辞典も、最終回となります。
ご覧いただいているみなさま、いつもありがとうございます。

本日ご紹介するのは、Lif/Lin リフリン フォレストシリーズ どんなテイストにも溶け込んでくれる、ナチュラルな花模様 です。
生地は麻100%、刺繍部分にはレーヨンを使用しております。
img_3147

こちらの花柄刺繍生地は、全部で9種類のカラーからお選びいただけます。

 


“色合いの違いをご説明します”

LL5041 LL5042 LL5043

img_3165

・・・麻本来の生成り生地をベースに刺繍には色糸を使い個性を出しています。

自然な雰囲気の中に、刺繍が際立っておりますよね。

 

cid_c8366d32-27db-47ea-af53-88dfe0edd952planexcid_f5490d0f-6e83-4edd-87a6-a99330d2f381planex

LL5043 をお客様のお宅に収めたお写真です。

落ち着く空間に仕上がります。

 


LL5044 LL5045 LL5046

img_3181

・・・生地は清潔感のある白地に、刺繍の色を変えて個性を出しております。

%e7%9f%b3%e5%b1%b1%e6%a7%98%e3%80%80%e6%b8%a1%e8%be%ba%ef%bc%88%e4%ba%94%e5%8d%81%e5%b5%90%ef%bc%89-26

LL5046  のカーテンとシェードにしたときのお写真です。

同じ生地でも、スタイルが違うとこんなにも雰囲気も変わります。

白地ですと、明るさもとれるので昼間にも模様を楽しめそうですね♪


LL5047 LL5048 LL5049

img_3167

・・・生地に色をつけ、刺繍糸は白を使用しています。

左から深みのあるグレーがかったブラック、爽やかなイエローグリーンとライトブルーです。

 

リネンの風合いときれいな発色で、カーテンを絵のようにお楽しみいただけます。

img_3139

 

 

img_3185

クッションカバーなどの小物にしてもアクセントになるので、季節感を出すことができ、おすすめです!

 

 

 


“窓の外から見てもうっとり…”

リフリンのリネンカーテンは、敢えて裏地をつけておりません。

img_3131

線画のような繊細なデザインが際立っています。
img_3135

 裏地を付けていないからこそのメリット ですね。
…でもなぜ、リフリンのリネンカーテンは裏地をつけないのでしょうか??

それは、 リネンの伸縮性 があるためです。
雨の日に湿気を吸い込んで生地が伸び、晴れた日は湿気を吐きだし縮むように毎日呼吸をしています。
裏地に違う布を付けると伸縮率の違いからヨレが起こる原因になってしまうので、おすすめしていません。

遮光のカーテンには遮光性は負けますが、その代わり光を取り込むことで良いところはたくさんあります。

お日様の光を柔らかく通すため、朝自然と目が覚めることもできます。

どんなお天気なのか、季節の移ろいもお部屋の中から感じることができます。
スローライフ、丁寧な暮らしをされている方はきっとリネンがそばにあるともっと生活が楽しく豊かになるに違いないのではないでしょうか…

 


これからもリネンの魅力を発信していきますので、今後もボー・デコール横浜店のブログをどうぞよろしくお願いします。
カーテンではなくても、ふきんやエプロン、シーツやハンカチなど身の回りにリネンを取り入れる方法はたくさんあります。
ぜひ、リネンって興味ある…そんなにいいの?と気になって頂けたら嬉しいです。

リネンを取り入れた心地よい暮らしを楽しんでください♪


11.12(Sat)~12.4(Sun)
~Lif/Lin リネンカーテンフェア開催~

70%e6%9f%84

・お部屋でくつろぐことが楽しく感じる、魔法のカーテン・
自然素材のカーテンは、心地よい暮らしに丁度良い
ご予約・ご来店お待ちしております。
ご予約の際には、お電話(045-914-7718)orメール(bd-yokohama@bd-n.com)までご連絡くださいませ。

保存