ブログ

ボー・デコール横浜店では、玄関マットをお探しにご来店されるお客様がとても増えています。

 

 

玄関マットというともちろん上の写真のように、横向きに敷くイメージをもたれるお客様が多いことでしょう。

 

実際にお客様からお話をお伺いしてみると、玄関の間口よりも奥行きの方が広い家も少なくありません。

 

代表的なのはマンションにお住いのお客様。

 

 

マンションで玄関から廊下がまっすぐに続いている間取りが最も多く、その場合、横に敷くよりも縦に長く敷くとより存在感がでます。玄関マットの見ごたえをだしたいお客様にはおすすめの敷き方です。

 

 

下の写真は廊下に敷いて頂いている写真ですが、中にはこのような2m以上のランナーサイズという細長いサイズを玄関から廊下にかけて敷くお客様もいらっしゃいます。かなり見ごたえがある表情になります。

 

 

戸建てや玄関の広いお宅にお住いのお客様も玄関ホールが広いお宅では奥行きの広い玄関があります。

 

 

こちらのお客様のお宅は間口も奥行きもとても広い玄関なので、横向きに敷くこともできますが、縦に敷くとさらにバランスもよくみえます。

 

そして、ハグみじゅうたんのておりシリーズやアートギャッベなどの手織り絨毯では縦に敷くととても良いことがあります。

 

 

 

こちらのように、見る向きによって大きく見え方が変わります。

 

玄関マットの場合、縦向きに敷くと玄関から入る時と家の中から玄関へでる時に見る見え方が大きく変わるのです。

 

手織り絨毯は毛並みの向きがあり、上質で肌触りの良い手織り絨毯ほど艶があり、長手方向の見る向きで大きく見え方が変わります。

 

お店で皆さまに体感していただく、「えー!マジックみたい!」とびっくりされるほど。

 

アートギャッベなどのモチーフが入っているものですと、手織り絨毯は縦方向に織りすすめていくため、縦にみると正面から柄を楽しむこともできます。

 

 

もちろん横向きに敷くのもしっくりくる見え方ですし、意外と敷いてみると縦方向に敷くのも素敵だと感じて頂けるのではないでしょうか。

 

お店でぜひ、縦向き、横向き、いろいろな見え方を体感していただければと思います。

ボー・デコール横浜店では、ラグを探しにご来店されるお客様が多いのですが、その中でも「玄関マットを探していて」というお客様のご来店を多くいただいています。

 

本日はそんな玄関マットを敷くことの役割についてご紹介していきます。

 

1. 玄関で家族とお客様を迎え入れる存在

 

 

玄関は家の顔とも言えるスペース。家族が出入りする場所であり、
お客様も訪れる場所です。その場所に自然で手仕事のものがあることで
家族の心もより一層家が恋しくなるきっかけになったり、
訪れたお客様は、思わずギャッベに目をとめることもあるでしょう。

多くの人の目に触れる場所だからこそ、視覚的にギャッベの良さを
存分に味わうことができるのが玄関なのです。

訪れる人を、そしてなにより家族の毎日の暮らしをそっと見守りながら
外出を見送り、帰りを迎えてくれる、そんな存在になってくれます。

 

 

2. ほこりやよごれをおさえる役割

 

 

玄関は部屋の入り口で家族や外からの風を向かい入れる場所だからこそ
外から入ってくるほこりなどを気にされる方も多くいらっしゃいます。
玄関マットを敷くことによって、ほこりなどを入り口でおさえつけ、
部屋の中に入れないようにしてくれる役割があります。

 

 

3. 家を出るときや玄関先で膝をつく時に心地良い存在として

 

 

お子さまが小さいご家庭や少し履きづらい靴を履く場合などは玄関先に座って
靴をはくことも多くなります。そんな時、気持ちの良い玄関マットがあることによって
心地良く靴を履き、出かける前の良いスタートがきれるでしょう。
ご近所さんとのお付き合いが多く、玄関先で長く話をされるお客様もいらっしゃるでしょう。
そんなお客様からは、玄関マットが気持ちいいことでとても良い時間を過ごすことができると
いう声が届いております。膝を床に着くことも比較的多い玄関では、クッションとしての
役割も存分に発揮してくれます。

 

ボー・デコール横浜店では現在、草木染め手織り絨毯のアートギャッベが新入荷。玄関にお選びいただくことの多い60×90㎝と80×120㎝のアートギャッベを合わせて70枚ほど展示しております。一点物の魅力をお楽しみください。

 

ウールを手仕事で仕上げたオリジナルのハグみじゅうたんも多くのデザインをご覧いただくことができます。

 

 

こちらは同じデザインでサイズ違いをお選びいただくことができます。日本の四季や風景の色合いをもとにデザインしたグラデーションの美しさをぜひご体感ください。