ブログ

これから始まるものづくり

2019.03.15

商品開発、生産管理を担当している岩澤です。

これから成田に戻る空港よりお届けします。

 

先週のはじめからあらたなものづくりのため、4カ国をめぐる旅、その終わりが近づきました。

 

今回もまたあらたな工房との出会いがありました。

 

 

出発前はいつも不安と期待が同居して、特に今回は4か国ともはじめての国だったので尚更です。

 

 

これまで私たちはヨーロッパ、中東、アジアなど、さまざまな国の方たちと実際に現地でその土地の人々と文化に触れながらものづくりを共に行ってきました。

 

その土地土地で私たちはお付き合いする工房を訪れたり、打ち合わせをするのはもちろん、大切なその土地の文化や景色にたくさん触れるようにしています。

 

今回の出張で出会った風景たち。

 

 

 

 

 

特に3枚目の写真、素朴な家がならぶ向こうでビルの建設がすすむ景色は今まさに発展途上にある国の風景そのものでした。

 

ものづくりを行うにはその土地の文化、歴史、日本との関わりを理解し、一時だけでなく長い関係性の中でお互いへの理解を積み重ねていく必要があります。

 

今回訪れた4カ国は特に日本との関わり、歴史を理解する中でこれからの関係をどう築いていくのか、ものづくりと同時にその大切さを実感することになりました。

 

あらたなものづくりはすぐにはかたちになりません。年内の発表を目指してこれから準備をすすめていきます。

 

また今後も私たちのものづくりについてブログでもご紹介していきます。