ブログ

この季節になると思い出す街

2019.01.13

ボー・デコールの人気者といえばこちら。

 

 

ひつじさんです。

 

アートギャッベ展やハグみじゅうたん展でもいつも活躍してくれているので、全国的に知名度も高いひつじさん。

 

今日もボー・デコール横浜店の入り口でひつじさんに乗りながら記念撮影をしている方がいらっしゃいました。いつもの微笑ましい風景となっています。

 

このひつじさんはエストニア生まれ。

職人さんと打ち合わせを行うために、以前エストニアを訪れたのがこの季節です。

 

だからいつもこの季節になると思い出すのはこの街の風景。

 

 

エストニアの首都、タリンの旧市街は世界遺産に登録されていて、まさに映画の世界に入り込んだような、どこをきりとっても素敵な街並みです。

 

 

夜のあたたかな街灯のあかりと雪に覆われた街並みがなんとも言えない静けさとあたたかさを演出しています。

 

 

街並みだけでなはく、家の中も素敵な雰囲気です。

 

 

 

初めてお会いしたのにもかかわらず、ご自宅に招待してくださっておいしい食事を頂きました。

 

そしてこちらは街でニットの小物を売っていた女性。

 

 

とってもキュートです。

 

静けさの中にある芯の強さを感じたエストニアの街と人々。

また行きたくなる街でした。

 

 

 

 

そんなエストニアから届く、職人さんの手仕事で生まれるひつじさんにぜひ会いに来てください。