ブログ

暑い夏でも心地よいアートギャッベ

2019.08.03

こんにちは。

私たちがご紹介しているアートギャベは、

100%羊の毛を使って織り上げた手織りのじゅうたんです。

羊の毛と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

セーターだったりマフラーだったり、防寒のためのアイテムを思い浮かべる方も多いかもしれません。

そんな羊の毛で織ったじゅうたんと聞くと、夏は暑そうだなと思うかもしれません。

ですが、このアートギャッベは夏こそ気持ちがいいじゅうたんなのです。

なぜ夏も気持ちがいいのかというと、理由は使われている羊の毛にあります。

アートギャッベに使われている羊の毛には優れた調湿作用が備わっているのです。

アートギャッベの故郷は、イランの標高2000~3000mある山岳地帯です。

ここでは、日中は40℃を超えるような気温でも、夜になると10℃を下回ったりと、

とても寒暖差が激しい土地となっています。

そんな過酷な土地で生活するため、羊たちも暑い時には湿気を逃がし、

逆に寒い時には熱を溜め込むという作業を、毛を使って調節をしているのです。

そんな優れた調湿作用を持った羊の毛で織られているため、

アートギャッベは夏でも冬でも気持ちよく使っていただけるのです。

それでもやっぱり信じられないなという方は、

ぜひお店でアートギャッベの上にゴロリと寝転んでみてください。

きっとこの夏の暑さを忘れさせてくれる心地よさを感じていただけると思います。