ブログ

こんにちは。
蒸し暑い晴れのお天気の横浜です。
ボー・デコール横浜店の近くには、学習塾がたくさんあります。
みんな朝早くから夏期講習に行くようで、子どもたちの賑やかな姿に元気をもらえました。

本日はカーテンを選ぶときに気になる、丈の長さについてお話いたします。
私たちの扱うリネンカーテンリフリンは、全てオーダーメイドでお作りしております。
カーテンはオーダーメイドでお作りした方が、丈の長さも選ぶことができます。

リネンカーテンは、お客様によっても丈の長さも、スタイルも様々です。

それぞれのスタイルを見てみましょう。
金子様 五十嵐 (1)

西区光山様 中野 (2)

こちらのように、丈を床より1㎝上くらいに作ればすっきりとした印象になります。

 

 

 

 

201602長岡市 小林様 中野 (2)
また反対に、あえて少し丈を長めに作ってみるのもおすすめ。リネンの素材ならではの風合いを楽しむことが出来ます。

201602長岡市 小林様 中野 (3)

リネンの素材のネップの柄に光が透き通り、美しいですね。

不均一に織られているので無地でものっぺりせず、ひとつのインテリアとして素敵にお部屋を飾ってくれます。
丈も下ろした雰囲気は均等ではないので、お部屋の中に動きが生まれます。

裾がつくとホコリが付いたり掃除が大変そう…
気になる方もいらっしゃるかと思います。

ですが、リネンは自然素材を使っているため、帯電性が弱くホコリが付きずらいので安心してお使いいただけます。

 

丈の長さに正解はありません。
素材やスタイルによっても、合わせ方は無限にあります。
レースと厚手のカーテンの合わせ方によっても印象が変わりますし、カーテン選びはお洋服を選ぶように楽しい気持ちでお選びいただければ嬉しいです。

 

 

 


 8/6~ リネンカーテン Lif/Linご相談会 開催

家具や絨毯(ラグ)などのインテリアにこだわりのあるあなたへ…
― カーテンも自然素材に着替えてみませんか? -

9
ぜひお気軽にご相談ください。


 

 

こんにちは、いとうです。

本日は、リネンの特徴、汚れにくさについて。

中央区井上様 中野 (3)

前回はネップという模様のような自然素材特有の風合いのお話をしました。

今回は、汚れにくい理由についてお話します。

 

リネンは、夏のお洋服やふきんに使われることが多かったりしますよね。
汗などの水気がついても乾きやすくサラッとしていることから人気があります。
永く使っても毛羽立ちがなく、撥水性にも優れているため、重宝されていますね。

実はリネンが扱いやすく長持ちするのは、汚れに強いからというのもあるかもしれません。

 

 

 

ではなぜリネンは汚れがつきにくいのでしょう?

 

feature1

 

それは、静電気が起きにくく帯電性が低いため、ホコリが付きずらいからです。
汚れやハウスダストアレルギーの原因であるホコリが付きずらいため、いつまでも清潔にお使いいただけます。

どうしてもポリエステルなどの市販の化学繊維のカーテンですと、ホコリを静電気が吸着させてしまうため、何年もかけっぱなしのカーテンには自然とホコリが溜まってきてしまいます。

そうなってしまうとお子さんがカーテンにくるまって遊んでいるだけでも心配になってしまいますよね。
リネンのカーテンでは、普段お掃除のついでにハタキで叩いて掃除していただくだけでお手入れは十分です。
ホコリが付きづらいので、水洗いも特におすすめはしていません。
布の繊維は何かこぼしたりすると、汚れがつくのは当然のことです。
そんなときに、、自然素材の綿やリネンを使ったカーテンをさっと洗うことは縮む原因にもなるので難しいのですが、リフリンのリネンカーテンは洗っても縮みを少しに抑える防縮加工をオプションでつけることも可能です。

防縮加工をしてしまえば縮みにくくなるため、ご家庭でクリーニングもして頂けます。

 

 

汚れが付きずらく落としやすいリネンカーテンはとても扱いやすいので気兼ねなく楽しんでお使いいただけます。

ぜひ、お手に取って心地よさを体感してみてください。

 

 


 8/6~ リネンカーテン Lif/Linご相談会 開催

家具や絨毯(ラグ)などのインテリアにこだわりのあるあなたへ…
― カーテンも自然素材に着替えてみませんか? -

9
ぜひお気軽にご相談ください。


 

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.