ブログ

梅雨に入り、雨の日が増えてきました。

 

 

私は傘をさすのがあまり好きではなく、子どものころは外で遊ぶのが大好きだったので
梅雨の時期は憂鬱な気持ちになっていました。(それでも気合で遊んでいましたが・・・)

 

大人になって、車に乗るようになってからは雨で不便さを感じることも少なりました。

雨の中を走る車の音や、雨に濡れた葉っぱの香りを感じとれるようになり、
雨の日も悪くないな、と思うようになったものです。

私たちは年に3回、イランを訪れるのですが、何度も訪れたことのあるイランでも

雨に遭遇したのはほんの数えるほどしかありません。

私も2回だけイランの雨に出会いましたが、パラパラとぱらつく程度で、すぐに降りやんでしまいました。

イランで雨が降った日、隣にいたイランのスタッフさんが、「いい天気、今日はラッキー!」と言ったのでした。

なぜ?と聞くと、「イランではめったに雨が降らないから雨が降るといい天気!って言うんだよ」と
教えてくれました。

「日本では逆だよ。場所がかわれば捉え方は真逆だね!」とその時いた皆さんと驚いた覚えがあります。それもそのはず、イランでは年間の降水量が日本の一か月よりも少ない量です。

 

 

一番雨が降る4月でも35ミリほどで、日本だと一日で降ってしまうくらいの量です。
夏ともなると月で2,3ミリほどと、ほとんど雨がふりません。

そんな状況で飲料水や作物は大丈夫なの?と心配になりましたが、冬に山へ積もった雪が
だんだんと溶けて雪解け水となり、イランの人々の暮らしを潤してくれているのです。

以前、日本に手織りの実演に来られたイランの女性は雨を見てとても喜んで「カシャンゲ!」と言っていました。
カシャンゲとはペルシャ語で美しい、という意味です。
カシャンゲ、と言いながら踊ろう♪といって、雨の舞をみんなに披露してくれたのでした。

大切な水。それがこの雨からもたらされるという当たり前のことにあらためて感謝しつつ
雨が降ったら「いい天気!ありがとう。」という気持ちでイラン流に過ごしてみるのも良いかもしれません。

 

ちなみに雨の日はアートギャッベが湿気を含んで、呼吸とともに羊の毛のにおいが
いつもより少しはっきりと感じられます。

そのにおいを感じたら決まってこんな風景が頭にふくらみます。

 

雨の日に、自然の恵みを感じながらアートギャッベを楽しむのはいかがですか?

こんにちは。

今週から本格的に梅雨入りしましたね。

生憎の雨が続きますが、梅雨も過ぎればカラッとした気持ちの良い夏がやってくるのも楽しみです!

 

今日のように湿気の多いとき、いつも展示しているリネンカーテンの丈に目が行きます。

全部で80柄以上あるLif/Lin<リフリン>のリネンカーテンたちがずらりと並ぶボー・デコール横浜店。

このリネンカーテンたちの裾のほうに目をやると…

丈の長さがバラバラになっていました。

このリネンカーテンたち、もともとの長さは同じ寸法で展示を始めています。

ところが、湿気の多いこの時期にはリネンの繊維に湿気が吸い込まれ、長さにも個体差が生まれるのです。

 

リネンの原料はフラックスという植物の茎からできています。

自然の素材でできていればそのものは呼吸をし、湿気を吸うことで膨張したり、湿気を吐き出すことで元に戻ります。

この呼吸のような動きが、私たちの暮らしをとても快適なものにしてくれているのです…!


 

湿気を吸うことで伸び、湿気を吐き出すことで元に戻るこの動きは、いわばお部屋の湿度を整えてくれている証拠

湿気が多いとき、なんだかダルさや疲労感を感じることがありませんか?

実際、湿度が高いとダルさや疲労感、その他にもカビを発生させやすくなったりと人体に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

お家を建てられる際に、漆喰や珪藻土などの塗り壁にこだわられる方も増えてきていますが、あの漆喰や珪藻土にも、リネンカーテンと同じ調湿効果があります。

漆喰や珪藻土、そしてリネンカーテンが持つ自然素材の力は、リラックスして過ごしたい大切な家の中で大きな役割を担ってくれます。

見た目の風合いだけでなく、こうした自然の力は機能面でも癒しや快適さを感じさせてくれているのです。

 

リネンカーテンをお使いになると、ある日には今日のお店のカーテンのようにちょこんっと床に着いているときがあると思います。

そんなときには「今日は湿気が多い日なんだなー!」と湿度計の代わりにリネンの変化を楽しんでいただけたら嬉しい限りです。

 

 

 

こんにちは。

新入社員の千葉です。

 

朝涼しかったのですが、日中は蒸し暑いですね。

夏がもうそこまで来ているのを感じます。

日本は季節の移ろいが目で感じることが出来ます。

 

皆さんは春夏秋冬を色でたとえるとしたら何色と答えますか??

と言っても、春は桜の色でピンクという方もいますし、新緑の緑、はたまた暖かさのオレンジ色だったり、、、

多分いろいろな答えがあると思います。

季節を一色で表すほうが難しいですよね。

皆さんが思った色のすべてがその季節の色だと思います。

 

私のなかの季節の色は

春は草木が新芽を出すので緑色。

夏はキャンプファイヤーをした思い出の赤。

秋は葉っぱが黄色くなったり田んぼが黄金色に輝くので黄色。

冬は空が澄み渡っているので青色です。

 

 

私は季節ごとの風景で色を感じています。

みなさんはどうでしたでしょうか。

 

私はこのギャッベを見たときまさに日本の四季と似ているなと感じました。

青・赤・緑・黄ときれいに4等分された色には季節の移ろいが表現されているのでは?と考えてしまいます。

どこか日本らしさを感じてしまうのは不思議です。

 

 

もちろん織子さんは日本の四季は知るはずもないですね。

ギャッベは遠く離れたイランの織子さんたちが作っています。

イランは気候や民族、生活スタイルまでも私たちが暮らす日本と大きく違います。

しかしなぜか共感してしまうのはギャッベの独特な特徴ですね。

共感するというのはそれだけ一枚一枚に織子さんの深いメッセージが込められているからこそだと思います。

このギャッベを作った織子さんに会って、話してみたいです。

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.