ブログ

玄関にアートギャッベを敷く場合に検討材料になるポイント。それはサイズではないでしょうか。

 

間口の広さや玄関脇に置く家具や小物との兼ね合いでどうしても大きいサイズは置けない、というお客様もいらっしゃいます。

 

そんなお客様にご紹介したいのが、最近増えている縦方向に長くアートギャッベを敷くこと。

 

 

 

特にこちらのお客様のようにマンションにお住いの方の場合、廊下が玄関からまっすぐ続く間取りだと幅木がある分、どうしても玄関幅は90㎝を少し割ってくる場合も多くなります。

 

織り機の関係で小さめのサイズでも60×90㎝が主流のアートギャッベ。

 

 

稀に40×60㎝の小さなサイズもございますが、より存在感を出したい、というお客様は、上の写真のお客様のように縦に敷くのがおすすめです。

 

写真は80×120㎝のサイズで迫力満点ですが、60×90㎝のサイズを縦方向に敷くのもバランスが良く楽しめます。

 

間口が広々とした玄関のお宅でも、奥行きが広い場合は大きめのサイズを縦方向に敷くのも素敵です。

 

 

こちらは120×200㎝ほどのサイズ。色合いをとても気に入っていただきお選びいただきました。横方向に長くも敷くことができるのですが、奥行きのある玄関フロアのため、こんな風に縦に敷くのも本当に素敵です。

 

アートギャッベは縦方向に織りすすめられていくため、縦に敷くと正面からギャッベを楽しむことができるというメリットもございます。

 

例えば風景のようなアートギャッベを玄関に縦に敷くと、本当にアートを床に敷いているような楽しみ方ができますし、使い込んで良い味わいがでたら、ヴィンテージのアートとして将来的に壁に飾ったりするのも良いのではないでしょうか。

 

 

素敵なアートギャッベと出会った場合、サイズで諦めてしまうのはもったいないので、敷く方向や敷く場所を広い視野で考えて検討されるのもおすすめです。

皆様はリネンカーテンにしてみたいなと思われるときはありますか?

リネンカーテンを見に来られたお客様のお話を聞くと、「リネンカーテンにしてみたい」と思われるきっかけは本当に様々。

 

もともとお洋服でもリネンを好んで着るぐらい、リネンというその生地自体が好きで見に来られる方もいたり、花粉症がひどいから…ということで天然素材のリネンカーテンに初挑戦される方もいらっしゃったり。

そんな中で「素材感を合わせたかった」という方がご来店されることも少なくありません。

素材感を合わせる、というのはどういうことを指すのでしょう?


それは自然のもので作られた空間の中に、リネンカーテンという自然素材を合わせるということ。

床や家具は無垢材を使用して、珪藻土や漆喰を用いた塗り壁といった自然素材で構成された癒しの空間。

下の写真のご自宅のように、床や家具は木目で、塗り壁は塗られたときに自然と現れるそのムラ感が、お部屋の中をより表情豊かなものにさせています。

このお写真のお客様にはLif/Linのリネンカーテンをお選びいただきましたが、まわりのウッド調の空間にとてもマッチしていました。

 

ただし、もしこういった自然素材が豊かな空間の中で、大部分を占めるカーテンが化学繊維のものだといかがでしょうか?

自然素材にこだわった空間の中に化学繊維のカーテンが入ると、カーテンの部分だけ少しのっぺりとした重い印象を与えるかもしれません。

大きな範囲を占めるカーテンのみが重い印象のあるものですと、空間全体も重い印象にさせてしまう恐れがあります。

そこを懸念されてリネンカーテンを見にいらっしゃる方が多いのです。

お部屋の色合いを意識してのコーディネートだけでなく、この素材感というのを特に意識しながらリネンカーテンを選ぶというのも、大切なお家をより居心地のよい空間へとさせてくれるかもしれません。

素材感でカーテンを選ぶ、というのも楽しいですよ!

 

 

 

 

こんにちは。

新入社員の千葉です。

最近は晴れの日が続いていますね。

 

朝日が差し込んで目が覚めるのはすごく気持ちの良いものです。

リフリンのカーテンは日差しを柔らかくしてくれるので、朝日との相性がとてもいいです。

柔らかな光で朝を迎えれば、一日を素敵に送れそうですね。

 

太陽光には自律神経の改善に効果があるそうです。

太陽光はひとの交感神経(起きている時に働く神経)と副交感神経(寝ている時に働く神経)の切り替えを促してくれます。

お母さんが子供を起こすときにカーテンを全開にする行動は自律神経を整える有効な方法なのですね。

 

私の小学校時代を過ごした地域では夏休みになると自治体主催の朝のラジオ体操が毎日ありました。

終わった後に参加賞として貰えた駄菓子を友達と食べるのが好きで毎日参加していました。

あの時はお菓子のために参加していましが、今となってみれば朝のラジオ体操は朝日を浴びることが出来るいい習慣だったと思えます。

 

子供の頃はしていた習慣も大人になっていつの間にかしなくなっていたという事はよくあります。

私にとっては朝のラジオ体操もその一つ。

子供の頃の自分から見習うとこも多々ありますね。

 

いろいろな付き合いから不健康になりがちな大人こそ、生活リズムは重要ですよね。

私も朝の太陽を感じるために、散歩を始めようと思います。

お店の前は歩道になっていて日当たりがよく朝の散歩コースにはすごくいい場所です。

車も走ることはないのでゆっくりと散歩できます。

花壇には花が植えられており、この時期はアゲハチョウが飛んでいてのどかです。

歩いていると気持ちが穏やかになります。

朝日を浴び、健康的に過ごして夏を乗り切ろうと思います。

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.