ブログ

ボー・デコール横浜店では、玄関マットをお探しにご来店されるお客様がとても増えています。

 

 

玄関マットというともちろん上の写真のように、横向きに敷くイメージをもたれるお客様が多いことでしょう。

 

実際にお客様からお話をお伺いしてみると、玄関の間口よりも奥行きの方が広い家も少なくありません。

 

代表的なのはマンションにお住いのお客様。

 

 

マンションで玄関から廊下がまっすぐに続いている間取りが最も多く、その場合、横に敷くよりも縦に長く敷くとより存在感がでます。玄関マットの見ごたえをだしたいお客様にはおすすめの敷き方です。

 

 

下の写真は廊下に敷いて頂いている写真ですが、中にはこのような2m以上のランナーサイズという細長いサイズを玄関から廊下にかけて敷くお客様もいらっしゃいます。かなり見ごたえがある表情になります。

 

 

戸建てや玄関の広いお宅にお住いのお客様も玄関ホールが広いお宅では奥行きの広い玄関があります。

 

 

こちらのお客様のお宅は間口も奥行きもとても広い玄関なので、横向きに敷くこともできますが、縦に敷くとさらにバランスもよくみえます。

 

そして、ハグみじゅうたんのておりシリーズやアートギャッベなどの手織り絨毯では縦に敷くととても良いことがあります。

 

 

 

こちらのように、見る向きによって大きく見え方が変わります。

 

玄関マットの場合、縦向きに敷くと玄関から入る時と家の中から玄関へでる時に見る見え方が大きく変わるのです。

 

手織り絨毯は毛並みの向きがあり、上質で肌触りの良い手織り絨毯ほど艶があり、長手方向の見る向きで大きく見え方が変わります。

 

お店で皆さまに体感していただく、「えー!マジックみたい!」とびっくりされるほど。

 

アートギャッベなどのモチーフが入っているものですと、手織り絨毯は縦方向に織りすすめていくため、縦にみると正面から柄を楽しむこともできます。

 

 

もちろん横向きに敷くのもしっくりくる見え方ですし、意外と敷いてみると縦方向に敷くのも素敵だと感じて頂けるのではないでしょうか。

 

お店でぜひ、縦向き、横向き、いろいろな見え方を体感していただければと思います。

連日アートギャッベ展に多くのお客様にお越しいただいております。誠にありがとうございます。

 

美しい色合いのアートギャッベをお選びいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

 

まずお届けに伺って目を奪われた上質な家具たち。どこをとっても絵になるインテリアで、いろいろなところを写真に撮りたくなるお住まいです。

 

 

お選びいただきましたこちらのアートギャッベ。上質なインテリアのお住いにとてもフィットした趣のある表情です。絶妙なグラデーションと3本の生命の木。奥行きのある表情でしばし見惚れてしまいます。

 

 

ダイニングから眺めると生命の木が正面に。お部屋のゆったりとした広さと、シンプルなデザインのアートギャッベだからこそ、こうしていつまでも眺めていたくなる一枚です。

 

 

照明を落とすとまた落ち着いた表情に。こちらの色合いも美しいです。

 

 

この上でワインを楽しみながら・・・。想像しただけで至福の時です。

 

 

名作家具たちと一緒になるとやはり一段と美しくみえます。

 

この度は誠にありがとうございます。末永くご愛用くださいませ。

こんばんは。

新入社員の千葉です。

 

本日から海外出張へ来ています。

こちらは夜が始まったところですが、日本だと深夜の時間帯だと思います。

 

日本を離れ、ハグみじゅうたんやリフリンのリネンカーテンの工房がある街へ向かいます。

曇り模様ですが、気合を入れて頑張ります!

 

明日からは海外の工房と協力して、新製品についての話し合いです。

今回は、私たちスタッフの他に、新製品に関して、専門のアドバイザーのAさんも同行しています。

商品化に向けて、より具体的な話し合いにしていきます。

 

ボー・デコールでは、お客様に健康的な生活をずっと続けて頂けるよう、「造り、健康、環境」を重要なコンセプトとしています。

それは、取り扱っている商品もオリジナルで開発する商品も全て同じです。

まず、長く使えるよう、造りが上質であること。そして使う人も作る人も心身ともに健康な生活を持続できること。

安全で安心な環境にやさしいものをつかうこと。

これらをコンセプトにすることで、私たちが提案するLOHASな暮らしに近づいていきます。

 

新製品の開発の現場でも、このコンセプトを軸に話し合いを行っています。

 

永く使える造りになっているか。

生地に有害物質が含まれていないか。

自然環境にも配慮されているか。

 

などなど。文化の違いで壁も多くありますが、多くの時間を掛け改善を繰り返します。

何度も試行錯誤して、商品化にたどり着いたのが、ハグみじゅうたんやリフリンのリネンのカーテンです。

 

今回も、このコンセプトに沿った製品開発を進めていきます。

どんな商品に成長していくのか、スタッフとしても楽しみです!

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.