ブログ

こんにちは。

ついに明日から、ボー・デコール横浜店にてアートギャッベ展を開催致します。

開催は8月17日(土)~9月1日(日)まで。

 

普段からも多くのアートギャッベを展示していますが、今回のイベントでは、新入荷のものを含む350枚ものアートギャッベが並びます。

大きなサイズのアートギャッベも数多く入荷致しました。

【約170×240cm 美しい紫で彩られためずらしい一枚 】

 

【約150×200cm 穏やかな朱色が優しい 】

大きなサイズももちろん、座布団サイズなどの可愛らしいサイズのアートギャッベも入荷しました。

普段は秋の季節に行っていたボー・デコール横浜店のアートギャッべ展ですが、今回は増税前のこの夏の季節に開催を致します!

増税前の今回のイベントだからこそ、下記のサポートもご用意してお待ちしております。

◎Support1 消費税8%のままに
⇒お届け希望日が増税後であっても、ご購入時のお支払いは消費税8%の価格で承ります。

◎Support2 保管料無料
⇒お使いになる日がまだ先であっても、お届け希望日まで当店で保管を致します。

◎Support3 手数料無料
⇒ショッピングクレジットなら、36回払いまで分割手数料無料でお支払いを頂けます。

 

夏も実は気持ちのいいアートギャッベ。

湿気を吐き出してくれる上質な自然素材ならではの、心地いい手触りです。

もともとアートギャッベが生まれた場所は、ザクロス山脈というイランの山岳地帯。

そこの日中気温はなんと40度近く!

その土地で遊牧民の方々が暮らすために選ばれたのが、そこで放牧される羊たちの毛でした。

暑い地域で生まれたこのギャッベは、湿気も吐き出してくれるので夏もさらりとした肌触り。

春夏秋冬、一年中通して楽しめるアートギャッベの心地よさは一生ものとしてご堪能いただけるはずです。

 

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

夏のアートギャッベ展 in ボー・デコール横浜店

新入荷を含む、全350枚のアートギャッベがお待ちしております

2019年8月17日(土)~9月1日(日)まで開催!

 

ボー・デコール横浜店

TEL:045-914-7718 / MAIL:bd-yokohama@bd-n.com

10:00 open ~ 18:30 close(※水曜日定休)

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

横浜店では、8月17日(土)~9月1日(日)まで、

夏のアートギャッベ展を開催します。

新入荷を含む、全350枚のギャッベがご覧いただけます。

 

たくさんのギャッベをご覧いただく際に、ぜひおすすめしたいのは、

大きく捲って見るということです。

例えばこちらのギャッベ。

深い青や水色など、様々な青を使用して湖のようなゆらぎが表現されています。

この部分だけを見て、無地の青ならお部屋に合いそうと思ってまうと、、、

大きく捲ったときに模様があると、イメージと違った!ということになってしまいます。

アートギャッベは、織子さんたちが自由に模様を描いて織り上げる絨毯です。

端の方だけを見てイメージしてしまうと、実際に大きく捲ったときに、

イメージと違ったなと思ってしまうこともあります。

この赤いギャッベは、、、

 

少しリアルな木の文様と、鹿が描かれていたり、

 

こちらの一見シンプルなギャッベは、、、

 

真ん中だけたくさんの色を使って虹のような文様を描いていたり。

一枚一枚が絵画のように楽しめる絨毯だからこそ、

端だけを見るのではなく、ぜひ全面でご覧いただければと思います。

捲ってもらうのは申し訳ないとおっしゃってくださる方もいらっしゃいますが、

私たちスタッフもお客様と一緒にアートギャッベを見て楽しんでいますので、

遠慮なさらず、皆でアートギャッベを楽しみましょう!

こんにちは。

研修スタッフの千葉です。

 

昨日、海外出張を終え日本に帰国しました。

空港から外に出ると響いてくるセミの声。

そういえば海外では聞いていなかったと振り返り、蝉の音は日本の夏の風物詩だと改めて感じました。

 

今回の出張では検品の仕事のほかにハグみじゅうたんの染色、織り、洗浄の工房などを見て回りました。

この時期は雨季で降水量の多い季節。

工房の方も日本のような晴れたり降ったりの天気だったので職人さんたちは大忙しでした。

なぜ職人さんが忙しくしていたかというと自然の恵みを利用してハグみじゅうたんを織り上げているから。

 

上下の写真のように染色後の糸や洗浄後のじゅうたんはお日様の力を借りて乾かします。

雨が降りそうになったら職人さん総出で干した糸やじゅうたんを取り込みます。

この時期のお日様はじゅうたんにとって貴重な時間です。晴れたらまた天日干しの再開です。

 

じゅうたんの天日干しスペース。

所狭しと洗い終わったハグみじゅうたんが敷き詰められています。

青空の下、身体全体に日光を浴びたじゅうたんたちは気持ちよさそうです。

 

日光浴中のじゅうたんを撫でると人肌以上にぽかぽか。

熱いというより暖かい温度。まるで干したての布団のようでした。

日光には殺菌・殺虫作用があるので、じゅうたんにとっては大切な時間です。

お日様の力は偉大ですね。

 

また、ハグみじゅうたんを洗う工程ではきれいな地下水を汲んで洗浄しています。

バケツで汲んだ水を豪快にじゅうたんにかけ、長いヘラのようなものでごしごしと洗います。

洗い終わったじゅうたんは先ほどの天日干しスペースに移されて日光浴する流れになります。

 

天候に左右されながらも自然の恵みを利用しながら作り上げているじゅうたんだと今回の出張で改めて感じました。

皆さまにも自然本来の優しさをハグみじゅうたんを通して感じて頂けたら嬉しいです。