ブログ

こんばんは。

研修スタッフの千葉です。

海外出張7日目。

 

本日もハグみじゅうたんの工房の職人さんと一緒に検品の仕事をしています。

毎日の検品で、現地の方々の言葉を何個か覚えてきました。検品するハグみじゅうたんはお互いの「チャロ!」の掛け声でめくっていきます。

「チャロ」は現地の言葉で「次へいこう!」という意味。

このじゅうたんはしっかりと検品したから次へ進もう!という共通の掛け声で交わしています。

たった一言でも共通の言葉があると心が通い合った気持ちになります。

職人さんとチャロの掛け声が重なった時にはお互いに照れ隠しの笑顔。

協業にはそんな些細なコミュニケーションこそが大事だと感じています。

 

協業という言葉をサラッと使いましたが、それを海外の工房と実行することはとても難しいことです。

職人さんたちはおおらかな国民性を大事にしています。職人さん方を尊重し、私たちもその国民性を大事に仕事をしています。

ただ、私たちボー・デコールでは「高級よりも上質」なインテリアショップを目指しているため、商品の質もおおらかにすることはしたくありません。

海外の方々の国民性を尊重した上で、質のいいモノづくりを実現するには多くの壁があります。

そこで、私たちはこの検品を通して日本人の生活スタイルや国民性を職人さんたちにお伝えしています。

 

その方法とはプレゼンテーションです。

私たちは職人さんたちの目の前でハグみじゅうたんが日本でどのように使われているのか実演しています。

自ら靴を脱いでじゅうたんに上がり、あぐらをかいたり寝転んだりします。

これは日本人にとっては当たり前の使い方ですが海外の方々にとっては馴染みのないもの。

実演ではじゅうたんを素肌で使う日本人の生活スタイルを知ってもらいます。

日本人の生活スタイルを伝え、じゅうたんの密度や毛足の長さなどを揃えることの重要さを感じてもらうのです。

百聞は一見に如かずということわざがあるようにこの方法で伝えると職人さんも納得した様子で頷いてくれます。

こうした日本のじゅうたん文化をお伝えするということも検品と同じくらいに重要なことです。

 

このプレゼンテーションは一回だけではなかなか効果がありません。

職人さんたちのおおらかな国民性を私たちが理解し、職人さんたちに日本人の国民性を理解してもらうために何度も何度も伝えあっていく姿勢。これが私たちが大切にしている協業の精神です。

上質なものを海外の職人さんたちと作り上げ続けるために。

私たちはこれからもその精神を大切にモノづくりをしていきます。

こんばんは。

研修スタッフの千葉です。

 

本日私は海外にあるハグみじゅうたんの工房に来ています。

今日のブログはその工房のある海外の地からお届けしています。時差の関係で夜遅くの投稿になりますがご了承ください。

海外渡航は今回で3回目ですが、日本とは景色・文化が全く違うので驚かされることばかりです。

見慣れない形の鉄塔と田園風景

 

今回、海外の工房に来た目的はハグみじゅうたんの検品のためです。

検品とはハグみじゅうたんを現地の工房から日本へ送る前に必ず行う最終チェックのこと。

この検品の仕事は現地の職人さんと私たち日本のスタッフが一緒になってチェックをしています。

チェックを行う検品室には職人さんたちが一生懸命に作り上げたハグみじゅうたんが山になって並びます。

一枚ずつ裏と表、手のひらで撫でながら問題がないか確かめます。匂いチェックも鼻を近づけて違和感がないか確かめます。

とてもアナログな検品方法ですが、手作りで作られるハグみじゅうたんにとってはこの手法がベスト。

機械では感じ取れない手仕事の風合いをチェックするには人の五感が頼みの綱です。

 

検品を進めていると、同じ柄でもその柄の間隔・色彩が微妙に違うことに改めて気づきます。

これを私たちは“ハグみじゅうたんの表情”などと呼んだりもしますが、この違いは手作りの品の証。

羊たちから採れる地毛の色合い、染色時期、人力でじゅうたんを織り上げることなど様々な要素が組み合わさることで、このように個々の表情として表れてきます。

手作りのものに温かみを感じるのもこういった理由があるからだと感じています。

一つ一つ表情の違うハグみじゅうたんは愛着を感じながら使っていただけるじゅうたんです。

 

これから約1週間、私は海外の職人さんたちと一緒に仕事をしていきます。

作り手の思いを間近で感じ、その思いをブログにて発信していきます!

私たちのご紹介しているインテリアは思わずひとつひとつがそこに至るまでの時間や背景を想像してしまうようなものたちばかりです。

 

 

こちらは染めていないひつじの毛の色だけで織られたじゅうたん。

 

 

広大な大地で暮らす羊たちは個性豊か。白やベージュだけでなく、茶色やグレー、こげ茶など、いろいろな色の羊たちがいて、それを知ると、このじゅうたんが羊たちの個性から生まれているんだなぁと想像が膨らみます。

 

 

こちらは新しく仲間入りをしたリネンの布団カバー。

 

 

ボックスシーツや枕カバーもあって、全身でリネンのサラッとした肌触りを楽しむことができます。

リネン独特のネップと呼ばれる糸のかたまりが全体に表情としてあらわれてくるのがリネンの特徴です。

 

リネンはフラックスという植物の茎からつくられる繊維。

 

 

 

自然から生まれる繊維なので太さや長さに個性が生まれ、それが表情となってあらわれるてきます。ネップには自然から生まれたものなんだと想像をかきたててくれるような力があるように思います。ふと想像をめぐらすとフラックスが風に揺られる風景が浮かんでくるようです。

 

 

こちらはボー・デコールの2階に展示中の杉の一枚板の節。

 

 

素晴らしい表情です。

 

以前、ウッドジョブという映画を観たのですが、都会の暮らしに慣れた学生がひょんなことから林業研修生となり自然と林業の魅力に魅かれていくという物語。

なかなか現代的な普段の暮らしからは自然のことや手仕事のことを想像することは難しいかもしれません。

そんな中で、ウールのじゅうたんや植物から生まれたカーテン、天然木のテーブルたちは想像をかきたててくれる力があります。

 

ぜひじっくりとお店で体感してください。