ブログ

こんにちは、いとうです。

本日はとても涼しい横浜です。

 

 

本日ご紹介するのはこちら…

 

ルリバフト

繊細な織りのルリバフトというアートギャッベ。
とても美しい雰囲気を放っております。

ギャッベらしくない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらは列記としたアートギャッベ。
ペルシャ絨毯のルーツとなったと言われております。とっても繊細且つたくさんの文様が織り込まれております。

ルリバフトはルリ族という民族しか織ることのできないギャッベで、織り子さんも数少ないのが特徴です。
ですので、流通も少なく貴重なアートギャッベなのです。

 

一見大変美しく上品な 雰囲気ですが、近くで見てみると…

 

人

おや?こんなに可愛らしい女の子や鳥や鹿がいますね。

物語があるかのように思えますね。一部ではなく全体に広がっています。
なんでこんなにたくさん文様をいれるんでしょうか。

それは、絨毯への考え方の違いによるものかもしれません。
アートギャッベの文様は家族への想いを織り込む他に、魔除けの意味を持ったものもあります。

イランでは昔、じゅうたんの中に余白があるとそこに悪いものが入ってくると言われていました。
それを防ぐために、魔除けの文様をたくさん織り込み、隙間をなくしていたと考えられています。
なので、ルリバフトにもこのように隙間なく埋められたようなデザインのものがあったりもします。
伝統を受け継ぎ、大切に守っているのですね。

ルリバフトはお部屋に敷くと厳格な格好良い雰囲気になります。
アートギャッベの素朴さとはまたちがった良さを持っています。

 

 

 

ルリバフトとは反対にとってもおおらかで、ゆとりのある空間をもつアートギャッベもご紹介。

スカイブルー

不揃いなところが完璧すぎなくて良い!笑
きっちりしている日本人にとっては癒しを与えてくれるような気がします。

 

 

こちらは田んぼ??

田んぼ

そうです。棚田です。

DSC01031
イランでもご飯を食べます。
初めてであったのに懐かしい、そんな気分にさせてしまう一枚です。

一枚一枚眺めているとキリがないくらいに素敵なアートギャッベがたくさんございます。
ぜひご覧になりにいらしてください。

本日もご来店お待ちしております!

 

【本日ご紹介したアートギャッベ】
※ボー・デコール横浜店にてご覧いただけます。

ルリバフト
「家族の物語」 164×116㎝
とっても繊細で思わず目を奪われてしまうような美しさ。その中にもいろんな物語が… 

田んぼ
「棚田」 149×99㎝
田植えの頃の心地よいそよ風が吹いてきそうな爽やかな一枚。

おはようございます、いとうです。

最近はとっても暖かいですね!着々と夏が近づいてきている感じがします。

花壇

お店の前のお花もとてもきれいに咲き誇っています。
実は、都筑区中川は花と緑の散歩道というのがあるように、ボランティアさんたちがきれいに木々や花々をお手入れしてくださっているのです。

ありがたいことに、朝歩いていても季節を感じることもでき、居心地が良いのでついつい外に出たくなってしまいます。

本日いらっしゃったお客様も、お散歩をしてからお帰りになっていらっしゃいました。
それくらい、空気もおいしくリフレッシュできる場所です^^
花

 

 

本日はお花畑のようなアートギャッベを見つけました。

 

花のようなギャッベ

瑞々しい藍色に宝石のようなお花たちが楽しそうな一枚。

 

カラフル

愉快に踊りだしたくなるような一枚。

下に並んでいる四角がビスケットのようで可愛らしいですね。

 

 

お花を生けると気持ちがリラックスしたり、潤ったり、たくさんの効果を得られますよね。

お花の色によってもいろんなパワーがあるそうですよ。
例えば赤は血行を促進し、活力をくれる
青は高ぶる気持ちを落ち着かせてくれる
黄色はコミュニケーション能力を高めてくれるような華やかな気分にしてくれる
紫は気持ちを鎮めて落ち着けてくれる

自然の色を見ていると、生きているからなのでしょうか、パワーをもらえる気がします。

 

実はアートギャッベとハグみじゅうたんも同じです。
自然の素材を使い、織り子さんの手で一点一点仕上がっているので、力強い不思議な力が備わっています。

疲れているときはそっと励ましてくれたり、慰めてくれたり、いつも座っている場所で、じゅうたんがないとちょっとさみしく感じる、そんな欠かせない存在になります。

 

tezawari collection 6179 施工例 ①

ずっと使っていたものは、なんとなく手に馴染んできて自然と愛着をもって使えるものです。
そういう大切にできるもの、絨毯だけでなく器や家具や洋服、時計など何かしら一つ持っていると生活もきっと変わります。

 

ちょっぴり普段より楽しいな、居心地がいいな、と思ってもらえるお手伝いをこれからも私たちはさせていただきます!

ぜひお気軽に遊びにいらしてください♪

 

P1020357

こんにちは、いとうです。

 

アートギャッベの素材についてご紹介いたします。

アートギャッベはウール100%の絨毯です。
羊の毛にもともと含まれる自然の脂分を残したまま作られています。
イランの羊です。
ヤギのようなサラサラのストレートな毛をしています。
イランのザクロス山脈という山で暮らしており、寒く暑い場所なので寒暖差を自分の毛だけで調節する機能が備わっているんですよ。
ですので、夏はサラッと冬は温かく温度調節をしてくれるんです。

余談ですが…
image1
これは、羊の毛の種類です。

 

夏毛

これは夏に取れる【夏毛】です。

image2

反対にこちらは冬に取れるので【冬毛】です。

 

見ていただくと色味が違うのがおわかりいただけますでしょうか?
実はアートギャッベには、この【冬毛】しかアートギャッベに使っておりません。
なぜかといいますと…羊っていろいろいますよね。
まず住んでいる国がちがい気温のちがいがあるひつじ。

くるくるパーマの羊、イランのようなストレートな毛をもつ羊…
地域によっていろんな個性をもっているんです。

どこが悪いとかはありませんが、イランの環境は厳しい分上質な毛をそのまま使っているからこその気持ちの良さがあるのです。

 

IMG_4718

 

織り子さんたちはうまく色を組み合わせたり風景や可愛らしい文様をアートギャッベに織ってゆきます。
私たち日本人のように仕事をしているという感覚とは少し違っていて、楽しい!と思う時にしか気まぐれで織りません。
それが見ているとなんとなく心の弾むような気持ちにしてくれるギャッベの秘密かもしれませんね。

 

FullSizeRender

 

木

あ、生命の樹が。

これも何も染めていない羊の毛で織られています。
しっとりもちもちしています。

 

この何も染めていない羊の毛は本当に気持ちが良いです。

一枚一枚全くちがったてざわりなんですよ!

 

 

ぜひ一度ご覧になりにいらしてください。

お待ちしております^^