ブログ

気を抜くと、あくせくと一日が過ぎ去っていく現代社会

 

 

慣れれば別なのだと思いますが、満員電車の中は一日分のエネルギーを使ってしまうかのような疲労感を感じてしまいます。

あっという間に過ぎていく時間の中で、今日もやりたいことができなかった。。

明日こそは・・・

そんな思いを繰り返している人は少なくないのかもしれません。

 

 

アートギャッベを発信している私たちの拠点は新潟。

 

 

 

以前私が住んでいた窓からの景色はこんな感じでした。本当に大好きな風景です。

 

そして、私たちがいつも選定に足を運ぶイランの風景。

 

 

テヘラン中心部はビルが立ち並ぶ都会ですが、田舎へ車を走らせると、こんな景色が広がっています。

ギャッベは自然をお手本にしているじゅうたん。

大地の色、草原の色をその一枚に表現する。

 

あるお客様が話してくれました。

アートギャッベの上にいると、土のにおいがしてくるの。

風景を表現するようなギャッベの上で、

人はまるで大地に寝そべっている感覚になるのかもしれません。

 

人はどんなところに寝ころんだら、心も体もストレスフリーになれるでしょうか。

高級ベッド?

リクライニングチェア?

 

インテリアショップである我々が言うのもなんですが、私が確信をもって感じるのは

 

草原の上です!

 

 

 

 

子どものころ行ったピクニックで寝ころんだ草原の上の開放感。

これ以上のストレスフリーはないのではないでしょうか。

 

あくせくとした毎日にひと時のくつろぎ。まるで草原や大地に包まれるかのように。

アートギャッベの上で体いっぱい開放感を味わってみるのはいかがでしょうか。

 

こんにちは!

本日は久しぶりの快晴です。

そんな天気の良い本日、お客様のところへリネンカーテンをお届けに行ってまいりました!

 

今回お伺いしたお客様はお家を建てられたばかりで、ご新居先は素敵なログハウス。

お家に入った瞬間、天然木の爽やかな香りに包まれ、その場で深呼吸をしたくなるほどに気持ちの良い空間でした。

 

さて、そんな癒しの空間に選んでいただいたものは、白のリネンカーテンとサイドボーダースタイルのシェードタイプです。

リビングの中心にある大きな窓には白のリネンカーテンを掛けました。

リネンカーテンを掛けた瞬間気持ちのよい風が!

風が入るたびふわりと揺れるリネンカーテン、とっても魅力的です。

 

リネンカーテンは厚手もレースも白色のリネンです。

ちょうど先日のブログでも白×白のリネンカーテンについてブログで触れていましたね。

(そのときのブログはこちらからどうぞ→【リネンカーテン】リネンならでは!白×白のコンビネーション)

 

やはり白のリネンカーテンは、お部屋をさらに明るく開放的な雰囲気にしてくれていました。

そしてログハウスという組み合わせ!

木の重厚感とリネンカーテンの軽やかさというお互いの素材感が相性ばっちりです。

可愛らしいハンモックともとてもよく似合っています^^♪

 

お隣にある腰高窓にはシェードタイプのリネンを。

このシェードには2種類のリネン生地を用いています。

真ん中には先ほどのリネンカーテンと同じ白の生地。

サイドにはリネンの生成生地を合わせています。

 

この白×生成のサイドボーダースタイルは、カーテンをどれにするか打ち合わせをしていたときからお客様に気に入っていただいていました。

お気に入りだったスタイルが家にあると、少し気分が上がるひとつの癒しスポットのようにずーっと眺めていられそうです。

 


さりげなくアクセントとして入る生成のボーダーがとっても可愛らしいのです。

サイドの生成部分はログハウスの色合いと馴染みながらも、白の明るさを際立たせてくれているように思います。

こちらがキッチン近くにある腰高窓。

こちらにも同じようにサイドボーダースタイルのシェードを取り付けました。

 

実はリビングの一角には薪ストーブが!

実はリネンカーテン、化学繊維のカーテンに比べると火が燃え広がりにくく、薪ストーブのある家とも相性がいいです。

まだ先のことですが、冬になったときのリネンカーテンの印象の変化も楽しみです。

 

木に囲まれたお客様の家の中は本当に気持ちが良く、この季節ならではの暑さ、ジメジメ感はほとんど感じませんでした。

木自体が呼吸をしているからですよね。

とても心地の良いお家に当店のリネンカーテンを選んでくださり、本当にありがとうございました!

リネンカーテンのある暮らしも存分にご堪能くださいませ。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

新入社員の千葉です!

そろそろ入社3カ月が経ちますが、まだまだ失敗して勉強する日々を送っています。

学生では失敗して勉強するという経験が少なかったので辛い部分もありますが、乗り越えた時の嬉しさを感じられるように頑張っていきます!

本日は私の趣味について少しお話したいと思います。

 

私は学生時代からずっと、ネイチャーアクアリウムを趣味にしています。

ネイチャーアクアリウムとは水槽に石や水草を配置して水槽内に自然の風景を作り上げるアートです。

水草が光合成をして水槽内に空気を放つ光景や、小魚たちが岩の隙間を縫いながら群れを成す姿はまさに自然そのものでした。

 

 

実はこのネイチャーアクアリウムは世界コンテストが毎年開催されています。

プロアマ関係なく自身の自慢の水槽を写真に収め奇跡の一枚をコンテストに出します。

私は大学生からこのコンテストに参加しました。

最初の1.2年は良い成績を残すことができず、成長を感じることが出来ませんでした。

 

大学3年生になってコンテストに名前を残したいと思うようになり、初めてアクアリウムを本気で楽しむようになりました。

私はアクアリウムのプロが出席する立食パーティに参加し、プロのスキルを学びました。

プロのレイアウトやメンテナンス方法を取り入れ3年目のコンテストへ挑みました。

結果は前年よりも1000位以上もランクが上がり上位ランカーに近づくことが出来ました。

その時の嬉しさは今まで感じたことのない達成感でした。

頑張ったことが認められたことの嬉しさや、誇らしさに満ち溢れました。

乗り越えたから味わえたこその感覚だと思います。

 

仕事も一緒だと思います。

失敗だったり難しい壁を乗り越える時、同じような感覚が味わえると思います。

あの達成感を仕事でも味わえるように、日々を頑張っていきます!