ブログ

アートギャッベのこだわり。上質なウールラグ

2019.11.15

こんにちは、中林です。

本日は、アートギャッベが持つ上質なウールの特徴についてご紹介致します。

目次

  • 汚れに強い上質なウール
  • 肌触り

 

汚れに強い上質なウール

ギャッベって汚れたらどうするの?汚れたらどうしよう・・

そんな疑問をお持ちの方、実は、アートギャッベはお手入れが簡単なんです。

アーギャッベが汚れに強いのは、脂分を含む上質なウールを使用しているからです。

反対に脂分を抜いてしまうと汚れが染み込みやすく、お手入れが難しいのです。

アートギャッベに使用されるウールは、標高3000mのザクロス山脈で育った羊たち。
日中は40度近く、夜は10度前後と激しい寒暖差に身を置くので、自らを守るため脂分をたっぷり含み、体温・湿度を一定に保つ上質な羊毛に育ちます。

カシュガイ族が放牧する羊の群れ

そのため、飲み物をこぼしても染み込みにくく、汚れに強いため気兼ねなくお使いいただけます。

ギャッベにコーヒーをこぼした写真

詳しいお手入れ方法はこちら!

過酷な環境の中で育った羊だからこそ汚れに強く、上質な脂分を含んでる証なのです。

肌触り

心地よくなめらかな肌触りがアートギャッベの特徴です。

ウールがチクチクするイメージを持つ方も、一度アートギャッベを触ってみて下さい。なめらかで気持ちが良く、驚かれるかもしれません。

ギャッベってたくさんあるけど・・・とお悩みの方

先ずは、触ってみましょう。

永く使うものだからこそ、実際に目で見て触って、写真で見るのとは違うギャップを埋めながら納得して選ぶのをオススメします。

家族でごろごろしたり素肌に触れるからこそ、触った時の感触にこだわったほうがいいのです。

お昼寝する赤ちゃんとギャッベ

肌触りはもちろん、草木染による自然素材なので赤ちゃんでも安心してお使いいただけます。そして、お手入れも簡単なのが実用的で嬉しいポイントですね。

 

アートギャッベ、肌触りへのこだわり

①脂分

脂分を多く含むからこそ汚れに強いのですが、肌触りが良いのも脂分が関係してるんです。

上質な羊毛の脂分には「ラノリン」と呼ばれる成分が含まれています。私たちの身近な所では、ハンドクリームや保湿クリームに含まれる成分でもあります。

そのため、アートギャッベには美しい艶があり、肌触りが気持ちいいいんです。

美しい艶と光沢は、同じ一枚でも向きを反対に変えるだけでも違う表情を見せてくれます。

正面から撮影したギャッベの写真 反転して撮影したギャッベの写真

見る向きによっても変化が楽しめるので、季節によって向きを変えたり、ちょっとした模様替えなんかにもなります。

②脂分を逃さない草木染

アートギャッベは、草木染でじっくり時間をかけて染めていくので脂分を逃がしません。時間はかかりますが上質なギャッベを作るのに大切な工程なんです。

染料の写真

染料の写真

早く簡単に染まる化学染料では、優しく自然な風合いは出せません。
染めやすくするために脂分を抜いてしまうので、肌触りもパサパサしてしまい、色合いも強い印象を受けてしまいます。

窯で染色している様子

草木染への手間暇惜しまないこだわりが心地よく使える理由なんです。

➂選定

私たちがアートギャッベの買い付けを始めて約20年。その経験と知識を活かし、代表選定人が一枚一枚、肌触り、織り、日本の住まいに合うデザインを触って厳選したものだけがアートギャッベとして日本でご覧いただけます。

選定してる様子

世界最高品質であるゾランヴァリから一枚一枚、より良いものだけを選んで買い付けてますので上質な肌触りをお楽しみいただけます。

心の拠り所となる一枚に出会いに足を運んでみてはいかがでしょうか。

playlist_add_check まとめ

 脂分で汚れに強い
 草木染による自然な風合いと優しい肌触り
 現地で一枚一枚厳選

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.