ブログ

好き!という気持ちに正直に。

2018.09.13

じゅうたんやカーテンを選ぶ時、一度使うと長く使うことになるので、後悔したくない!と悩まれるお客様が多くいらっしゃいます。

 

 

悩むのは当然のことですし、逆にあまり悩まれずにすぐにこれ! というお客様は多くないため、そういった場合は私たちもそのお客様の決断力に驚くことがあります。

 

『インテリアを選ぶ際には部屋の色を3色以内にまとめると良いんですよね?』

 

『あまり床と近すぎる色だと同化してしまいますよね?』

 

など、お客様からはさまざまなご質問を頂きます。

 

インテリアを選ぶ上ではさまざまな考え方がありますが、お客様とお話したり、さまざまなお客様のお宅へお届けして感じることがあります。

 

 

それは「あー、これ好きだなぁ」という正直な感覚を大切にするのがよいということです。

 

 

インテリアの話ではないのですが、先日ある方が仕事について語っていて、その方は経営にたずさわる方だったのですが、これから働こうとする若者たちにどんな言葉をかけるかというと「理由もなく好き!と思えることを仕事にしなさい」と話しているそうです。

 

 

その方がおっしゃっていたのはこういうことでした。

 

「仕事も恋愛も、他のことも共通することだけど、たとえば〇〇さんのことが好き、と言った時にどうして好きなの?って聞かれてももちろん理由はこたえられるけれど、一言ですむようなものじゃないですよね。心から好きと思えるものはもちろんいろいろな好きな理由があるんだけれど、それって理屈じゃなくてとにかく好き、ってことですよね。そう思えるようなものが仕事の中にあると続けられるし頑張ることができる」というものでした。

 

仕事と恋愛とインテリア選びと、全く違う分野のことですが、お店にお越しいただくお客様がじゅうたんやカーテンをお選びいただく時に話をしていたことと、とてもリンクする内容だったので興味深くお話を伺いました。

 

どんなデザイン、色合いがいいんだろう、部屋の雰囲気に合わなかったらどうしよう、選んだ後にこっちが良かったって後悔したらどうしよう。

 

インテリアを選ぶ時にはさまざまなことが頭に浮かびます。

 

 

そんな考えを一旦フラットにして、楽しみながら眺めていく。そしてじっくりと感触を確かめる中で「これ、好き!」という心の声に正直になる、というのがインテリアを選ぶひとつのコツのようなものではないでしょうか。

 

もちろんお店では、大きさや色合い、素材感など専門的な視点からお話させて頂きながら、これにしてよかった!というじゅうたんやカーテンをお選びいただくためのお手伝いをさせて頂いています。そんな中でもお客様の「好き!」という感覚を大切にしていきたいと考えていますので、ぜひじっくりとお店でご体感頂ければと思います。