ブログ

リネンカーテンを見る中で、不安に思うことってなんでしょう?

よくお客様から挙げられる不安点としては、「縮んでしまうのでは?!」というところが代表的なように思います。

本日は、そんなリネンカーテンの一つの特徴でもある“伸び縮み”についてお話いたします。

 

確かに、お洗濯をした場合や気候によってはリネンは縮んだり伸びたりもします。

ただ、リネンの特徴である“伸び縮み”についてほんの少し知って頂ければ、

リネンのカーテン選びでも気難しく考えることも無くなるかもしれません。

 

リネンカーテンは自然素材=生きているもの。

そのため、伸び縮みはリネンカーテンをお使いいただくうえで必ず起きるものでもあるのです。

 

わたしも家でLif/Linのリネンカーテンを使っていますが、

下の写真の通り、左右で丈の長さに10cmほどの違いがあります…!

 

 

こちらのリネンカーテン、もともとは同じ丈だったのですが、

左右で洗濯の回数が異なるものなのです。

向かって右はまだ一度も洗っていないのに対して、左は数回洗濯をした状態。

 

ちなみに、洗濯の回数を重ねるごとに縮む長さは徐々に落ち着いていきますが、

洗濯を繰り返すと、トータル5~7%縮むとされています。

例えば、200cmの丈のカーテンですと、約10cm縮む可能性があります。

 

1度の洗濯で一気に10cm近く縮んでしまうというわけではありませんが、

最初の洗濯による縮みは比較的大きなものでもあります。

 

 

そのため、その縮みを考慮して丈を長めに取る方もいらっしゃいますよ!

 

 

ほんの少し丈をつけてルーズな雰囲気を楽しまれたり…

 

 

 

たっぷりと丈の長さをとることでボリュームも生まれ、

外国の家庭のような雰囲気も演出できます。

 

丈を長くとるということは、日本の生活の中ではあまり馴染みのないものかもしれません。

ただ、リネンカーテンの場合は、

自然素材ゆえ静電気も起きにくく、ほこりも付きにくい。

そして、丈を長くすることで冬場は隙間からの冷気も入れにくくしてくれます。

 

リネンカーテンだからこそ、丈を長くしても快適に気持ち良くお使いいただけるのです。

 

 

それでもリネンカーテンの縮みはできるだけ抑えたい!という方は、

防縮加工をオプションでお付けすることをお勧めします。

リネンカーテンLif/Linの防縮加工では薬品は使っておりません。

生地の状態で一度“湯通し”をするのです!

この工程を入れることで、リネンカーテンの収縮率は1~2%に抑えることができますよ。

 

 

カーテンはできれば洗濯をしたい、

けれどリネンカーテンは縮んでしまうのが難点…とお考えだった方も、

このように丈をあえてたっぷりと取ってみたり、防縮加工を付けたりなど、

リネンを楽しむための解決策はきっとみつかります!

 

自然素材ならではの“個性”もぜひお楽しみください。

玄関にアートギャッベを敷く場合に検討材料になるポイント。それはサイズではないでしょうか。

 

間口の広さや玄関脇に置く家具や小物との兼ね合いでどうしても大きいサイズは置けない、というお客様もいらっしゃいます。

 

そんなお客様にご紹介したいのが、最近増えている縦方向に長くアートギャッベを敷くこと。

 

 

 

特にこちらのお客様のようにマンションにお住いの方の場合、廊下が玄関からまっすぐ続く間取りだと幅木がある分、どうしても玄関幅は90㎝を少し割ってくる場合も多くなります。

 

織り機の関係で小さめのサイズでも60×90㎝が主流のアートギャッベ。

 

 

稀に40×60㎝の小さなサイズもございますが、より存在感を出したい、というお客様は、上の写真のお客様のように縦に敷くのがおすすめです。

 

写真は80×120㎝のサイズで迫力満点ですが、60×90㎝のサイズを縦方向に敷くのもバランスが良く楽しめます。

 

間口が広々とした玄関のお宅でも、奥行きが広い場合は大きめのサイズを縦方向に敷くのも素敵です。

 

 

こちらは120×200㎝ほどのサイズ。色合いをとても気に入っていただきお選びいただきました。横方向に長くも敷くことができるのですが、奥行きのある玄関フロアのため、こんな風に縦に敷くのも本当に素敵です。

 

アートギャッベは縦方向に織りすすめられていくため、縦に敷くと正面からギャッベを楽しむことができるというメリットもございます。

 

例えば風景のようなアートギャッベを玄関に縦に敷くと、本当にアートを床に敷いているような楽しみ方ができますし、使い込んで良い味わいがでたら、ヴィンテージのアートとして将来的に壁に飾ったりするのも良いのではないでしょうか。

 

 

素敵なアートギャッベと出会った場合、サイズで諦めてしまうのはもったいないので、敷く方向や敷く場所を広い視野で考えて検討されるのもおすすめです。

皆様はリネンカーテンにしてみたいなと思われるときはありますか?

リネンカーテンを見に来られたお客様のお話を聞くと、「リネンカーテンにしてみたい」と思われるきっかけは本当に様々。

 

もともとお洋服でもリネンを好んで着るぐらい、リネンというその生地自体が好きで見に来られる方もいたり、花粉症がひどいから…ということで天然素材のリネンカーテンに初挑戦される方もいらっしゃったり。

そんな中で「素材感を合わせたかった」という方がご来店されることも少なくありません。

素材感を合わせる、というのはどういうことを指すのでしょう?


それは自然のもので作られた空間の中に、リネンカーテンという自然素材を合わせるということ。

床や家具は無垢材を使用して、珪藻土や漆喰を用いた塗り壁といった自然素材で構成された癒しの空間。

下の写真のご自宅のように、床や家具は木目で、塗り壁は塗られたときに自然と現れるそのムラ感が、お部屋の中をより表情豊かなものにさせています。

このお写真のお客様にはLif/Linのリネンカーテンをお選びいただきましたが、まわりのウッド調の空間にとてもマッチしていました。

 

ただし、もしこういった自然素材が豊かな空間の中で、大部分を占めるカーテンが化学繊維のものだといかがでしょうか?

自然素材にこだわった空間の中に化学繊維のカーテンが入ると、カーテンの部分だけ少しのっぺりとした重い印象を与えるかもしれません。

大きな範囲を占めるカーテンのみが重い印象のあるものですと、空間全体も重い印象にさせてしまう恐れがあります。

そこを懸念されてリネンカーテンを見にいらっしゃる方が多いのです。

お部屋の色合いを意識してのコーディネートだけでなく、この素材感というのを特に意識しながらリネンカーテンを選ぶというのも、大切なお家をより居心地のよい空間へとさせてくれるかもしれません。

素材感でカーテンを選ぶ、というのも楽しいですよ!