ブログ

淡い色から深い色まで、原毛のアートギャッベ

2019.02.22

こんばんは。

新入社員の千葉です。

 

先日、お電話で「原毛のアートギャッベはありますか?」というお問い合わせがありました。

原毛のアートギャッベは、そのさわり心地の良さにやみつきになってしまいますね。

原毛を中心にアートギャッベを探している方も多いようです。

 

原毛のアートギャッベはパッチワーク柄や風景画まで描き方は多種多様。

お店では、そんな原毛のアートギャッベを大小様々なサイズでご用意しております。

本日はボーデコール横浜店に展示してある、原毛のアートギャッベを少しご紹介します。

 

こちらはリビングやダイニングなどに敷ける、150×200cmサイズの原毛のアートギャッベです。

ベージュがかった背景が原毛の部分。

頬をスリスリしたくなるほどのなめらかさがあります。

色糸で描かれた曲線はペルシャ文字。

実は織子さんたち仲間の名前が織り込まれているそうです。

一つのじゅうたんに仲間の名前を織りこんだ、織子さんの家族愛が感じられるアートギャッベです。

 

続きましては、こちらのアートギャッベ。

ダークブラウンの背景にカラフルな生命の樹が散りばめられた素敵な一枚。

なんだか宇宙空間のような無限の広さを感じるようなアートギャッベです。

この濃いブラウンの部分、実は羊のそのままの毛の色なのです。

 

羊というと下の写真のような、比較的白い色をしたイメージを持たれるかもしれません。

アートギャッベに使われる羊は、高山羊という種類の羊です。

高山羊たちは白、茶、黒など様々な色の毛をしています。

アートギャッベは原毛と言っても、一色だけではないのです。

このダークブラウンの色合いは、暗い色の毛をもつ羊たちで作られたアートギャッベなのです。

それぞれの羊たちの毛の色が違うので、背景に何とも言えない色ムラ感が出るのも魅力の一つですね。

 

このように、原毛のアートギャッベはベージュのような淡い色から、ダーク系の深めの色まで多様です。

是非お気に入りの一枚を見つけていただけたらと思います。