ブログ

細長い窓に掛けるおすすめのカーテン仕様

2022.07.11

こんにちは。
暑い日が続きますね。7月に入ると今年ももう折り返しになったのだと、時の早さを感じます。

さて、皆様は小窓や細長い窓にカーテンなど取り付けていますか?
近年では風の通り道をつくったり、光を取り入れるために小窓や細長い窓をつける方が増えています。

けれど、カーテンは開閉の動作がしづらかったり、レールの取り付けが必要だったり、小窓や細長いまどには向かなかったりします。
窓そのままではなく、何か掛けたい、装飾をしたいという方におすすめする小窓や細長い窓の仕様についてお話したいと思います。

例えばこちらの窓のような、開閉用のハンドルがついているタイプ
こちらは窓の中に何かを掛けたり、設置をするとハンドルに当たってしまうことがあります。
このようなタイプの窓には窓を覆うように装飾をすると使いやすく、すっきりと収まります。

おすすめは、シェードタイプにすることです。

上下の開け閉めのため、光量を調整できたり目隠しの役割もしてくれます。
それだけでなく、窓を覆うような形のため光漏れを防ぐことができたり、保温・断熱効果も高まります。
また、閉めている時の光が入ってくるのが嫌だという方はブラインドなどもおすすめです。

 

続いて、ハンドルなどもなく窓枠内に収めたいという方のオススメを紹介します。

カフェカーテンは突っ張り棒で設置するため手軽にでき、コスト面でも挑戦しやすい仕様です。
色柄や生地量によって雰囲気が変わるため、イメージに合うものをつくりやすい仕様です。

また、右側の窓のように窓枠内にシェードを取り付ける方法もあります。
窓枠に収めることで壁からの出っ張りがなくなり、よりスッキリとしたイメージになります。

 

いかがでしたでしょうか?
小窓、細長い窓1つでも変えることによってお部屋の雰囲気が変わります。
私たちがご紹介しているLif/Linのホームページにもギャラリーとして実際に使われているお客様の様々な仕様をお写真を掲載しております

ぜひこちらも見てみてください。

Lif/Linギャラリーページはこちら

カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.