ブログ

ギャッベを選ぶ時に最も気になる3つのポイント

2021.12.12

現在、ボー・デコール横浜店ではたくさんのアートギャッベを展示しております。

アートギャッベ

いつも200枚以上のアートギャッベをご紹介しておりますが、12月は一年でも最もお店にお越しになられるお客様が多い月。そして現在はアートギャッベと私たちのオリジナルのラグ、ハグみじゅうたんのイベントも開催中ということもあって、いつもより多い300枚以上のアートギャッベを展示中です。
オリジナルのハグみじゅうたんも試作品含め150枚以上を展示中です。

年が明けて2月頃になると、またこちらに展示中のアートギャッベたちも全国約40店舗の提携ショップさまでのアートギャッベ展に出張する予定ですので、こんなにたくさんご覧いただけるのは今だけです。

たくさん見ることができると、それだけ様々な表情のアートギャッベと出会うことができるので、見ごたえがあり、ぜひお家に迎え入れたいと思えるとっておきの一枚と出会えるのではないかと思います。
その反面、たくさんあればあるほど、すべて表情が違うアートギャッベはどれを選んでいいか難しく感じてしまうこともあります。
一度選んだら20年、30年と長くお使いいただくことになるので、悩まないで選ぶ方が難しいことでしょう。
ぜひお時間の許すかぎりじっくりとご覧いただきながら、アートギャッベを体感していただきたいと思っています。

ギャッベを選ぶうえで、さまざまなポイントがあると思いますが、今日は代表的な3つに絞ってお話させて頂きたいと思います。

お客様とお話させて頂く中で検討するポイントとして最も多い3つがこちら。

➀ デザイン(色合いやモチーフ)
➁ 大きさ
➂ 肌触りや踏み心地

➀ デザイン (色合いやモチーフ)

リビングで気持ち良く、心地よく過ごすためにアートギャッベを選びたい、というお客様も多い中で、やはり色合いやモチーフ、柄などのデザインについて吟味する場合は最も多くなっています。リビングとなるとカーテンの次に面積が大きいインテリアアイテムがラグやカーペットになる場合も多く、どんな色合いを選ぶかが悩みどころ。

アートギャッベ

ボー・デコール横浜店ではソファの展示やカーテンの展示も行っていて、床の色見本もさまざまな色合いをご用意しています。気になったアートギャッベを実際にソファの前に置いてみたり、お住いの床の色合いに近いところに置いてみたりしてシュミレーションをしています。
はじめからこの色がいいな、と絞り込みすぎてしまうと選択肢も狭まってしまうため、はじめはアートを眺めるような感覚で一枚一枚じっくりと自分の「好き」と感じる気持ちと向き合いながら眺めていくとよいでしょう。

 

➁ 大きさ

インテリアアイテムを選ぶときに気をつける必要がある大きなポイントがこの大きさ。特にラグの場合はお部屋に対してどのくらいの面積を占めるか、そしてラグの上で座ったり寝転んだりして過ごすのかどうか、そんな過ごし方も大切なポイントとなってきます。
たとえばソファやダイニングなど大きさもあって高さもあるアイテムの場合はお店で見るよりも実際にお家に置いた時の方が大きく感じて失敗しないように、お選びになる前に気をつけなければなりません。
ラグの場合はその逆で、インテリアアイテムの中で最も高さがないため、お店で見るより家に敷いた時に大きく感じるということは少なく、逆に小さく感じるという場合がほとんどです。
高さがないから狭い空間に入った時も大きくは感じないというのがひとつと、ラグの上で過ごすときは座ったり寝転んだりする場合がある、というのが大きな理由です。

お店で寝転んだりしなかったけど、いざ選んで家で寝転んでみたらもうひと回り大きければ良かったな、と感じてしまうことが意外と多いのです。

アートギャッベ

こちらはアートギャッベの中で最も大きいサイズの約2m×3m。こちらの大きさのギャッベを実際に展示しているお店は少ないのですが、実際にお選びになられる方も多いため、ボー・デコール横浜店では20枚ほど展示を行っております。

お店ではじめにご覧になるとお客様は「このサイズは大きすぎて敷けないわ」とおっしゃる方も多いのですが、実際に畳数にしてみると4畳弱ほどの大きさです。写真のように一戸建てで広めのリビングの方や、ソファを置かずにラグを大きめにして広々過ごしたい、というお客様でお選び頂く方が多くなっています。特に最近はこのサイズをご覧になられる方が増えていて、やはりアートギャッベの気持ち良さを家族で思う存分体感したい、という方が増えているからだと感じています。

逆にラグには直接座ったり寝転んだりはしない過ごし方をされる場合はコンパクトな方がお好み、というお客様もいらっしゃいます。アートギャッベの場合は一般的なアクセントラグの150×200㎝や170×240㎝の他にもう少しコンパクトな120×180㎝や100×150㎝というサイズもあり、このサイズもお店では豊富に展示をしております。

お店では実際に過ごし方をイメージしながら、できるだけ体感をしてみることをお勧めします。
ボー・デコール横浜店では靴を脱いで実際に体感できるスペースがあり、座ったり、寝転んだりして使うイメージそのままに体感していただき、大きさも吟味していただいています。

 

➂ 肌触りや踏み心地

これまでご案内してきたデザインや大きさに比べると、肌触りや踏み心地ははじめから気にされている方はそれほど多くないかもしれません。しかし、実際にお使い頂いているお客様の声を聞いてみると、使い始めて何が一番良かったというポイントとして、「何より気持ちいい!」という声が最も多く頂いています。

アートギャッベ

ねこちゃんたちも気持ちよさそうです。

本場で伝統的なつくり方でできあがるギャッベは手織りで職人さんたちの手仕事の結集。だからこそ機械でつくるカーペットと違ってかなり一枚一枚の個性が出てきます。織る人の力の強さや織る糸の太さ、ウールの個性などで肌触りや弾力感、踏み心地は一枚一枚違ってくるのです。
じっくりとご覧になられる中で、気になったものが何枚かあった場合はやはり実際に靴を脱いであがってみて、踏み心地や肌触りをじっくりと体感しながら選んでいくと良いでしょう。

簡単ではありますが、アートギャッベをお選びになられる方が最も気にする3つのポイントについてご案内してまいりました。お店ではじっくりと体感していただきながら、さらに詳しくそれぞれのポイントについてご案内させて頂いております。長くお使いいただくものだからこそ、じっくりとお時間をとって頂きながら、それぞれのポイントについて吟味していただければと思います。

ご来店をお待ち申し上げております。

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.