ブログ

以前アートギャッベの中でも、赤色を中心にご紹介をさせていただきました。

今回は、青色のアートギャッベについてご紹介いたします。

 

アートギャッベに織り込まれる青色

次縹(つぎはなだ)、呉須色(ごすいろ)、み空色(みそらいろ)、天色(あまいろ)、浅葱色(あさぎいろ)

これらはすべて、日本の青色の名前です。

青色だけでも50以上の色の名前があります。

み空色は秋の明るく澄んだ薄い青空のような色。天色は晴天の澄んだ空のような鮮やかな色を表すのだそうです。

同じ空の色にもいくつか名前があるように、アートギャッベに描かれる青色も一言で青と言えないほど、様々な青色で表現されています。

アートギャッベに使われる青色はインディゴによって染めたものです。

インディゴはデニムを染める時にも使われており、私たちの生活の中では身近な色と言えます。

そのため、じゅうたんに青という考えは無かったという方も、

アートギャベを見ていく中で青色に魅かれる、青色が落ち着くと思うようになり、

結果的に青を選ばれるという方も少なくありません。

 

 

青色は寒くない?

今の時期、青色のアートギャッベを選ぶうえで多くの方が気にされているのは、

“寒い印象がある”とうことです。

青色は気持ちを落ち着かせる色でもありますが、同時に寒々しい印象も受けてしまいますよね。

特に今の時期は、お部屋の中を暖かくしたいという思いもあるので、寒色系の青色を取り入れることに抵抗を感じてしまうかもしれません。

ですが、アートギャッベの青色こそ、冬の時期に敷いていただきたいと思います。

なぜなら、アートギャッベの青色は、遊牧民の織り手の女性たちがいつも見上げている空の色だからです。

織り手の女性たちは、身の回りにある風景や、憧れの景色、家族への想いなどを、

模様や色に込めてじゅうたんを織りあげていきます。

中でもアートギャッベの青色は、空を表していることが多いようです。

私たちの本社がある新潟は、冬の時期はほとんど青空を見ることがありません。

「今日は晴れたね」と言っている日は、晴天ではなく、少し明るい曇りの日です。

なかなか快晴を見ることができない冬場こそ、お部屋の中に青空を取り入れることで、

明るい気持ちで厳しい冬を乗り切ることができるのではないかと思います。

 

青色のアートギャッベの施工例

素敵な青色のアートギャッベを選んでいただいたお客様のお家をご紹介します。

色々な青色で模様を表現したこちらのアートギャッベ。

シンプルながら、色の揺らぎでとても深みのある表情を見せてくれています。

 

こちらも、青色を基調にしたアートギャッベです。

様々な青色の中に可愛らしい文様が色とりどりに織り込まれ、なんだかホッとするような優しい一枚です。

和の雰囲気もあるので、障子とも相性抜群です。

 

鮮やかな青色の中に、ザクロの木が描かれたアートギャッベ。

木の柔らかな雰囲気のお部屋の中で、鮮やかな青色と繊細な木の色合いがお部屋全体を明るくしてくれています。

 

青色のグラデーションが美しいこちらの一枚。

シックな色のソファーやアンティーク調の家具とも見事にマッチしています。

お部屋に青色を入れたことがないから、と青色のアートギャッベに踏み切れないという方もたくさんいらっしゃいますが、

自然を写し取ったアートギャッベは、どのようなお部屋にもすっと馴染んでくれます。

 

アートギャッベの中では数としては少ない青色のアートギャッベ。

お店で見かけたときは、その深みのある色合いをじっくりを味わっていただきたいと思います。

そして、お部屋に青空を敷くような気持で、青色のアートギャッベを選んでいただければと思います。

 

 

 

ギャッベを選ぶ基準は何でしょうか?
柄・色・サイズ…
たくさんありますよね。

中でも色は、インテリアとしてお部屋の雰囲気を変えるものです。
ギャッベのリビングサイズであれば、占める面積も大きくなるので一枚でお部屋を明るくしたり、一体感を出したり、アクセントにしたりと選ぶ色合いによっても変わりますよね。

赤、青、黄、緑、白…
どれがお部屋に合うのか分からない。

敷いた時の色合いを少しでもイメージしやすいように
今回は、赤色のギャッベについてお話します。

 

目次

  • 赤はお部屋に合う?
  • 赤に込められた思い
  • 赤のギャッベの施工写真をご紹介
  • まとめ

 

赤はお部屋に合う?

赤というと派手でお部屋に合わなそうというイメージを持つ方もいらっしゃるのですが、アートギャッベの赤は草木染の自然の風合いを感じる赤なので、お部屋に馴染みやすく、温かみと元気さを感じさせてくれます。ソファ前に赤色のギャッベ実際にご覧いただくとアートギャッベの赤に惹かれていく方はたくさんいらっしゃいます。
「自分がコレを選ぶとは思わなっかった」と仰られる方が多いのもギャッベの面白いところの一つ。
そのため、まずは絵画をみるように先入観なしで見るのをおすすめします。

素敵な色合いだけど夏暑そう…
たしかに夏に赤は暑そうなイメージですよね。
視覚的には暑く感じるというのは、少なからずあるとは思います。

しかしながら、ギャッベで一番気持ちが良いのは夏とみなさんにお答えいただきます。
体感的に夏はさらっと気持ち良いので、使い始めると気にされない方が多いです。

私自身、赤の入った暖色系グラーデションを使っていますが、全く気にしていません。
「夏暑いのでは?」とご質問のあった際には、確かにそうかもしれないと思い出すのですが、普段使いの面ではほとんど気にならないくらい快適に使っています。

イメージ的には暑いと思われていても、ぜひ候補に挙げてみるのをおすすめします。

赤に込められた思い

アートギャッベの赤に使われる染料は、西洋茜の根っこ。

西洋茜の根っこ

これを石臼で挽き、パウダー状にして使います。
染色工程では、染色して干してを繰り返すことで色合いの濃淡を調節しています。

赤い染色糸

みなさんは赤にどんなイメージを持ちますか?
赤というと「生命」「情熱」「太陽」など想像しますよね。
アートギャッベを織るカシュガイ族の女性たちは何を想像して赤いギャッベを織るのでしょうか?

夕日で茜色に染まるザクロス山脈

夕日で真っ赤に染まるザクロス山脈。
この地に住むカシュガイ族の女性たちにとっては、羊飼いである旦那さんたちの帰りを待ちながら今日も一日無事に終えたという感謝を感じる大切な景色です。

なんだか安心する、ほっとする、というのがなんとなく分かる気がしますね。

素敵な夕日や景色を見た時に感動したり何か心躍る、それは私たちも同じではないでしょうか?

田んぼに映る夕日が沈みゆく風景

携帯で素敵な風景をパシャっと写真で撮るように、カシュガイ族の女性たちはその風景をギャッベという絨毯で表現しているのです。

ギャベの赤は、沈みゆく夕日を絨毯に閉じ込めた絵画のようなもの、草木の自然な色合いだからこそ奥行きを感じ、普段見る景色と繋がり、心豊かにしてくれるのです。

 

赤色のギャッベの施工例をご紹介

・リビングラグとして赤を選ぶ

赤は、何といっても優しく温かい色合いと気品高い雰囲気を作り出してくれるのが魅力的。
特に黒革のソファなどモダンな家具との相性は抜群でより上品さが引き立ちます。

黒革のソファに赤色のギャッベ

黒や茶系の家具や床と合わせる事で、ラグジュアリーな空間演出効果があります。
カンヌ国際映画祭などで馴染みのあるレッドカーペットは、そこを歩く人を華やかに演出し、スーツやドレスを引き立たせる役割があるように、赤にはソファや家具たちを引き立たせる効果があるんですね。

リビングは、自宅の中で滞在時間も長い場所。
仕事から帰宅したとき、休日に映画をみるとき、家族で集まるとき、ギャッベの赤い色合いでほっと安心することが多くなったというお声を聴いたことがあります。

心から自然とリラックスできる、そんな空間の中心にはアートギャッベがあるのは嬉しいですね。

一枚で絵画のようなライオンギャッベも赤ベースで描かれることによってライオンを強調させています。

深めの赤もお部屋に優しい温かさを与えながら、ファブリックのソファを引き立たせてくれます。

 

・第一印象が大切!?玄関を明るく

毎日出入りする玄関にも赤色のギャッベを敷くことで、明るさと元気をもらえます。

『お帰りなさい!』ギャッベがそう言ってるような気がして嬉しいですね。

無垢の床にもとても相性が良く、雑誌「チルチンびと」でもご紹介されました。
ギャッベも自然素材で呼吸する絨毯です。
そのため、天然無垢の床と相性抜群、みなさんにご好評いただいています。

明るめの床には、浮かびあがるようにアクセントになってくれるのでご自宅の印象も大きく変わります。

お部屋の第一印象を決める玄関に明るい色合いが入ることで、朝の「行ってきます」も元気よくなりそうですね。

 

・意外と人気!和室にアートギャッベ

意外と多いのが和室にもアートギャッベ。

畳のお部屋には、お花や掛け軸などの小物で色を入れる方が多いのですが、「ギャッベは気持ちよくて一枚で絵になるから」と仰られて和室に選ばれる方が結構いらっしゃるんです。
畳を痛めるのを軽減してくれるのも嬉しいポイントですね。

『和室にアートギャッベ』私も憧れています。
のんびりお茶してみたいです…

playlist_add_check まとめ

 ほっとする、落ち着かせてくれる
 相性で迷ったら赤がおすすめ
 和室にも相性が良い

 

『魔法の国』 134×128㎝

幼き頃の夢

美しく佇む

心躍る世界へ

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.