ブログ

こんにちは。

ボー・デコール横浜店でも展示をしている本革ランドセル。

 

 

デザインがとても素朴で可愛らしいので、お店にいらっしゃる大人のお客様にもよく興味を持っていただけます。

 

新潟本店では、本革のランドセルを7年ほど前からご紹介しております。

 

(新潟本店にて。ランドセルのイベント中にいらっしゃった職人さんと。)

 

 

品のある本革ランドセルですが、ランドセルひとつひとつを一人の職人さんが手掛けているため、ぬくもりのある素朴さを感じていただけるのも魅力です。

 

 

 

手仕事で丁寧にひとつずつ制作しているため、出来上がったばかりのランドセルが届くと、喜びもひとしおのはず。

この手仕事でできたこのランドセルを、小さなころから自分の大切なものとして使ってもらい、

自然と愛着が湧くものとなったり、ものを大事にすることの大切さを感じていただけたら私たちも嬉しい限りです。

 

 

 

現在、本革ランドセルの展示をしております!

 

“大人になっても使いたい”本革ランドセルを、ぜひ一度ご体感くださいませ。

お待ちしております。

 

ボー・デコールのオリジナルランドセル。

表の上蓋やランドセルの背面など、金具の部分を除けば全て本革でできています。

本革だからこそ感じる革のハリ感、柔らかさは革好きの大人の方々にも楽しんでいただけるはずです。

天然皮革でできているため、定期的にお手入れをすればこの本革の魅力は倍増していきますよ!

 

このオリジナルランドセルをお使いになるうえでお勧めしているお手入れは、本革用の保湿クリームを定期的に塗ること。

当店で販売をしているこのお手入れクリームは、人間の肌をお手入れするところでいう保湿クリームのようなもの。

このようなお手入れクリームによるメンテナンスをすることで、乾燥による反りやひび割れを防ぎます。

 

頻度としては2、3か月に1回程度。

お子様が夏休みや冬休みなどの長期的なお休みに入ったときにお手入れをすると、クリームの油分がランドセルにじっくり浸透していく時間もできて調度良いですよ。

 

“お手入れをする”と聞くと面倒に思うかもしれません。

それでも本革のランドセルを私たちが紹介し続けているのは、お子様自身で手入れをしてもらうことで物を大切にする心も育んでもらいたいという想いがあるからこそです。

本革のランドセルはお手入れをすれば、風合いの変化は美しく出ていきます。

出来立ての革とお手入れ後の革を比べるとツヤの出方は一目瞭然。

こちらは出来上がったばかりの本革の写真。

数年使用すると、この写真のようにツヤ感と柔らかさが増します。

 

毎日手入れをする必要はありません。

ただ、この本革ランドセルを通して、自分の大事なものを自分で手入れする大切さ、手入れをして使い続けることで湧いてくる愛着心というのを感じていただけたら嬉しい限りです。

 

こんにちは!

横浜店で本革ランドセルを展示し始めて1年が経ちました。

改めて、このランドセルの造りについてお話したいと思います。

一見シンプルな造りをしている本革ランドセルですが、実は職人さんによる細かな工夫が施されています。
例えば、このランドセルのデザインの中でも目を引く一本ベルトの部分。

この一本ベルトは、「小さなお子様の小さな手でも開閉がしやすいように」という理由でデザインされたものでした。

主役であるお子さん目線になることで生まれる造りはさすがです。

 

よ~く見ると、ランドセルの色によってそれぞれ違う色糸の刺繍がされているのも可愛らしいです。

キャメルのランドセルにはベージュ色の刺繍、

チョコ色のランドセルにはブラウン色の刺繍が施されています。

 

そのほかにも、一枚革になっているところをさらに牛革を重ねて縫い合わせることで、乾燥して起きる革の反りを起こしにくくしている造りもあります。

ランドセルの上蓋の部分。 ふちの周りをさらに牛革で縫い合わせることで反りを防ぎます。

 

まだまだたくさんの工夫がこのランドセルにはございます。

ぜひ実物を手に取ってお確かめください。

 

お子様にとって大切な小学校6年間。

元気いっぱいに使いながら、この本革ランドセルをどんどん好きになっていただけたらと思います。

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.