ブログ

こんにちは。

研修スタッフの千葉です。

 

本日、私は新宿にあるハグみじゅうたんショールームに来ています。

 

当ショールームは西新宿のインテリアショッピングビル、リビングデザインセンターOZONEの5Fにあります。

ボーデコール横浜店は住宅街に囲まれたのどかな場所ですが、ここは都庁近くの都心ど真ん中。

新宿の摩天楼を眺めながらショッピング頂けます。

 

当ショールムにはオリジナルブランドのハグみじゅうたんとリフリンのリネンカーテンを多数展示しております。

新宿ショールーム限定の座布団サイズのハグみじゅうたんなど、ここでしかご覧いただけない商品もございますのでお気軽に遊びにいらしてください!

 

私たちの紹介するアートギャッベやハグみじゅうたん、リフリンのリネンカーテンは海外の職人さんたちによって作られています。

今日はそんな職人さんたちがどのようなモノづくりをしているのか少しだけお話しします。

 

去年の夏、私は海外にあるハグみじゅうたんの協業先の工房さんへお邪魔しました。

この工房では織り上がったじゅうたんの検品を職人さんたちの手仕事で行っています。

リペアに携わる職人さんは、じゅうたんの構造をしっかり理解している方です。

表面や裏側を見ただけで、直すべき場所を見極め、修繕道具を使い分けます。

この職人さんは鼻歌を奏でながらじゅうたんを修繕していました。

リペアの職人さんの中にはリズミカルにハサミを鳴らしながら刈りそろえる職人さんも。

海外ではおおらかな性格の方が多いようです。

 

そんなおおらかな方々が作る手作りの品々。

私たちはそんな海外の方の性格や国民性を大事にしています。

 

手作りの品々は大きさや色合い、デザインなど少しの表情の違いがあり、その違いが一つ一つの個性になっていきます。

大らかな性格の方が織れば自由の利いた風合いに、几帳面な方が織れば美しい印象に、、、というように作り手の性格まで感じられるのが手作りのよさです。

お客様から「モノに対して愛着が持てるようになりました。」と仰っていただけるのもそういった理由からかもしれません。

手作りのモノが持つ表情の違いをぜひお店で感じていただけたら嬉しいです。

こんにちは。

私達が「アートギャッベ」や「ハグみじゅうたん」「リネンカーテン」
を皆様にお伝えするときに「表情」という表現をよく使います。

それは、見る場所・時間・方向・角度・環境によって
同じじゅうたん、カーテンでも見え方が変わる事をお伝えしております。

【アートギャッベ】

自然光が入ってくる所で撮影。

壁に展示中。スポットライトが当たっている。

【ハグみじゅうたん】

ソファの前にて

上から撮影

【リフリン リネンカーテン】

お客様宅にて撮影

店内にて撮影

如何でしたか?
それぞれ1枚ずつ比較の写真をご紹介しましたが、
こんなにも見え方が変わります。
勿論、写真と実物でも変化が出やすいので
アートギャッベ、ハグみじゅうたん、リネンカーテンが気になっている方は
是非お店で実物をご覧ください!

 

 

 

アートギャッベなど、まさにその1枚をお選びいただく絨毯は、お選びいただいた後、さっそくお持ち帰りいただくことができます。

 

お車でお越しのお客様の場合は、「せっかく選んだ絨毯だからすぐに使いたい」ということでお持ち帰りされる方がほとんどです。

 

「えっ?今日から使えるってことですか!?」と驚きと喜びの声をあげるお客様も多いです。

 

機械織のカーペットなどで接着剤を裏側に多く使用しているカーペットは折りたたむのが難しいため、丸めるのが一般的です。

私たちが紹介しているアートギャッベやハグみじゅうたんの場合は接着剤を使用せず、織りの細かなものなのでお持ち帰りの際に折りたたんでも問題ありません。

 

こんなにコンパクトになります。

年末に新しい絨毯で年を越したいから、ということでお越しになられるお客様もいらっしゃるのですが、大切なお客様が来られる時など、「この日までに絨毯が欲しい」という時にもお持ち帰りができるアートギャッベはおすすめです。

ハグみじゅうたんの場合、基本的にお店でご覧いただくものは見本で、ご注文いただいた際には後日お届けするながれになります。ただ手織りのものを中心に。試作品など現物をお選びいただいて、お持ち帰りいただくことができるものも一部ございます。

 

試作品の一例

 

電車でお越しの際にはもちろんお持ち帰りいただくのが難しいので、全国へ発送を承っております。こちらも翌日、もしくは翌々日にお届けすることができます。

 

選ぶ前はじっくりと時間をかけて、そして選んでからは一日でも早く。その心地良さをお楽しみ頂ければと思います。