ブログ

こんにちは。新入社員の千葉です。

 

本日は敬老の日。

おじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちを伝える日ですね。

小さい頃は敬老の日になると祖父母の家に泊まりに行って感謝の手紙を渡していた思い出がありますが、大人になるにつれ忙しくなると顔を見に行く機会も減っていくものです。

そのため、私は今年の敬老の日にはギフトを贈ることにしました。

敬老の日はプレゼントを送るという方が多いかと思います。皆様も元気で長生きしてねと願いを込めてプレゼントを贈ることでしょう。

ギャッベやハグみじゅうたんはそのような特別な日の贈り物としてとても人気があります。

床は直接、体重が足腰へと負担がかかります。じゅうたんはクッション性が高いので体重を分散してくれます。足腰へのダメージがじゅうたんを通して軽減していくのです。

じゅうたんは思いやりのこもったギフトになります。

また、ギャッベやハグみじゅうたんのように毛足が長い厚みのあるじゅうたんは衝撃吸収の効果が高いので、より気持ちよく使っていただけます。本日いらっしゃったお子さんもあまりに気持ち良かったのか、キッズコーナーのビデオよりもギャッベの上でゴロゴロしている方が楽しそうにしていました。

ギャッベとハグみじゅうたんは自然素材のウールで出来ていて、細かい手仕事のつくりとなっています。機械織りの化学繊維のじゅうたんに比べ、アレルギーやダニの心配がきわめて少ないです。職人さんが一枚一枚、目を詰めながら織っていくので丈夫で長く使っていただくことが出来ます。

使っていただく上での心配事が少ないのでも安心してプレゼントすることが出来ます。

 

ギャッベやハグみじゅうたんは日本の住まいに馴染んでいくことが特徴で、様々なお宅に合うデザインばかりです。選んだものがお部屋に全く合わないということは少ないです。

お店にいらっしゃる方も様々です。お一人でプレゼントを選んでいたり、兄妹で話し合って決めたり、中にはプレゼントをもらう方と一緒にご来店して決める方もいらっしゃいました。

プレゼントに心躍らせる会話を聞いていると、私たちの商品が幸せの架け橋となっているようで嬉しい気持ちになります。

心のこもった贈り物。大切に長く使っていただけることでしょう。

暮らしの中でさまざまに必要なものがありますが、その中でも実用品と、時々しか使わないものとで大きくふたつに分かれてきます。

 

 

インテリアのアイテムの中でもラグは直に踏んだり寝転んだり、長い時間を過ごすもの。

 

 

そしてカーテンはお部屋に取り込む光や風などを一日の中で何度か調整するもの、と考えると、

毎日の暮らしの中で使う頻度はとても多く、実用品としての役割が求められてきます。

 

一般的には実用品=使う頻度が高いので、使えなくなったらすぐに買い替えられるもの、となる場合が多いでしょう。そうすると必然的に価格もおさえることが優先となり、上質なものを使う、という選択をされる方は少ないかもしれません。

 

もちろん価格を考えて、すぐに買い替えられるもの、という考え方が必要な場合もあるでしょう。すべてにこだわる、ということはなかなかできることではありません。ただ実用品=毎日頻繁に使うものなので、それが満足のいくものかどうかで毎日の暮らしの積み重ねに大きな変化がでてきます。

 

 

たとえばアートギャッベやハグみじゅうたんをご紹介していて、お客様からお聞きするお話で最も多いのは、「これまで一般的なラグを使っていたけれど、すぐにへたってしまったり、汚れてしまって買い替えながらきてしまった。でもそれをやめて、良いものを長く気持ちよく使いたいんです」という内容です。

 

これこそまさに「実用品こそ納得のいくものを選ぶことによって満足したい」という考え方です。

 

たとえば汚れに関していうと、アートギャッベやハグみじゅうたんなどの上質な自然素材のじゅうたんをお使いいただいた場合、静電気が起きづらいため汚れにくく、ダニの温床になりやすいゴミや食べかすなどもじゅうたんの奥に入り込みづらくなっています。ふだんの掃除機がけをして頂くと、とても心地よく使うことができます。

 

 

アートギャッベやハグみじゅうたんなどの上質なラグの場合、もちろん一般的なラグよりも価格は上がりますが、その分特徴を知って納得して選んでいただいた場合、毎日の暮らしで使う頻度が高いからこその満足感を感じて頂くことができます。

 

 

実用品だからこそ、納得のいくものを使う。

 

せっかくこだわるのであれば、実用品にこそこだわってみるのはいかがでしょうか。

当店ではホームページをご覧いただいてアートギャッベやハグみじゅうたん、そしてリネンのカーテンに興味を持っていただきご来店いただくお客様が多くいらっしゃいます。

 

 

アートギャッベは一点物の絨毯で、展示中の250枚~300枚のデザインをホームページでご覧いただくことができないため、ご来店いただく場合がとても多くなっています。たくさん見ることのできるお店がそもそも少ないため、遠方から足を運んでくださるお客様も多く、本当にありがたいことです。

ハグみじゅうたんやリネンカーテンはホームページでデザインをご覧いただくことができるものもございますが、その中でも時間を使ってお店に直接ご来店くださるお客様が多くいらっしゃいます。

 

現代はNETで物を購入する割合が少しずつ増えてきていて、ジャンルによってはNETでの購入が当たり前というものもあります。そんな中でお店にお越しいただくお客様にお話を伺ってみると、お店にお越しいただく理由として大切な3つのことがあるのだと感じさせていただいています。

 

 

まずひとつ目は「実物を見て触れて体感したい」ということ。

 

 

じゅうたんやカーテンは直接肌に触れるもの。特にアートギャッベ250~300枚、ハグみじゅうたん80種、リネンカーテン83柄と豊富なラインナップがある中で、画面上ではなく実際の色合いを確かめたい、というお客様も多くいらっしゃいます。そしてじゅうたんは「肌触りや踏み心地」が選ぶ上で大切なポイントと考えている方も多く、触れて、踏んでみて体感したいという思いからご来店を頂いています。

 

 

ふたつ目は「他のものも見たい」ということ。

 

 

ホームページでご紹介しているものもございますが、先ほどもお伝えしたようにすべての展示アイテムをホームページ上でご紹介しているわけではないため、実際にお店でしか体感できないデザインやアイテムを楽しみにしてお越しくださる方も多くいらっしゃいます。

 

タイミングによっては試作品などその時にしかご覧いただくことができないものもございますので、ご来店頂いてからのお楽しみ、という部分があるのもお店の魅力かもしれません。

 

 

そして3つ目は「人から買いたい」ということ。

 

 

これは直接的にお客様からお店に来てすぐにお聞きすることはないのですが、納得してお選びいただいた後やお使い頂いて満足していただいた時に頂戴するお言葉から感じることです。

「〇〇さんにおすすめしてもらってこれにして良かった」というお言葉や

「使ってみてとても良かった!〇〇さんに伝えたいと思って」というありがたいお言葉を頂戴する時、NETで購入することだけでは味わうことのできない思いを感じて頂いているのだと実感します。

 

これからますますNETで物を購入する割合が高まっていくことは間違いないでしょう。そうなればなるほど、お店で選ぶことの価値がより明確に感じられる時代になります。特に3番目の「人から買いたい」という思い。もちろんNETの先には人がいるのであくまでNETで購入する時も人を通して物を選んでいるのですが、それが当たり前になればなるほど、よりダイレクトに人とつながりを感じながら、その思いや背景に触れて物を購入することの価値というものが高まっていくのだと感じています。

 

私たちも実際にお会いするお客様とさまざまなお話をする中で、お客様がお使い頂いて本当に良かったと思えるものをご提案できるようにしたいといつも考えています。