ブログ

こんにちは。
外もだんだんと涼しくなりましたね。
じゅうたんがもっと気持ち良くなる季節がやってきて、ご来場も多くなってきました。
ブログもご覧いただき、ありがとうございます。

 

昨日アートギャッベのお届けに素敵なお宅にお邪魔させて頂きましたのでご紹介します♪
img_2594

ダイニングテーブルの下に、パッチワーク柄の黄色いアートギャッベをお選びいただきました。
一年以上ずっとギャッベをいつかお迎えしたいなぁと思って頂いており、ついにその日がやってきました。

 

こちらのお宅にはとっても愛らしいねこちゃんがいらっしゃるのですが、下のカーペットが爪を研が傷んでしまったため、せっかくならアートギャッベをと、お選びくださいました。

img_2595

こちらのアートギャッベには願いがたくさん織り込まれております。
生命の樹は大切な人が健やかに長生きしてくれますように…
鹿は家庭円満を家族仲良くずっと暮らしていけますように…
連なる四角は窓を表していて、幸せが我が家にたくさん舞い込んできますようにと…

 

黄色やオレンジ、ブルーを使って楽しそうに織り上げる織り子さんの姿が、目に浮かんできそうです。
何枚かでお悩みになりましたが、一番元気のでる見ていて楽しい一枚だとおっしゃっていただきました。

アートギャッベは、家には少し派手すぎたかな?と思われるくらいが調度良いのだなぁとお邪魔させて頂き、改めて実感しました。
ずっと使っていき、だんだんとそのお家のカラーになっていき、空気のようにやさしく馴染みます。
使い込めば込むほど良さを感じていただける…そんな絨毯です。

img_2599

とても立派なパインの漆塗りのテーブルの下に。

こだわりのアンティークの家具との相性もぴったりでとても素敵な空間でした。
長年共に過ごしてきた家具たちに、アートギャッベが加わり、新鮮ですが昔からそこにあったかのようにぴったりですよね。
きっと日中も黄色が輝くように映え、素敵なことと思います。

 

M様、この度は誠にありがとうございました。
ぜひ今後のアートギャッベとの暮らしを楽しんでください。

またお会いできる日を楽しみにしております。

本日ご紹介するのは、Lif/Lin リフリン フォレストシリーズ 上品で華やかなフラワーデザインです。

 

img_2535

今回からのフォレストシリーズは、今までご紹介していた生地に比べるとデザインと価格共にランクはハイクラスです。
森や植物から四季の移ろいを感じる様に、リネンとあしらった模様にも自然を感じていただきたいという想いでフォレストシリーズを作りました。
ただ、高級感を演出するのではなく、リネンの風合いも楽しみつつ、より上品に上質な素材をお楽しみ頂けます。


 “生地を近くでご覧ください”

 

img_2543

LL5001
生成りのリネン地に、光沢のある刺繍で花柄が描かれております。葉っぱと蔓はホワイトで、お花は落ち着きのあるグレーの糸を使用しています。
一色だけでなく、2色の糸を使用しているため、日差しが当たっているときと、夜暗い場所で見る色ともまた違った色合いを映しますので、飽きのこない魅力があります。
img_2546
実際に窓の前にかけてみると、糸の色味を変えているため立体感が生まれます。
柔らかな雰囲気の生成りがベースなので、ナチュラルな雰囲気もお楽しみいただけます。
img_2544

LL5002
こちらは爽やかな白が特徴の花柄デザイン。

img_2548
窓の前にかけてみると、また雰囲気が変わりますね。
白地のリネンの気品さと、刺繍の華やかさがとても魅力ある一枚です。
シェードとしてお使いいただいても良いですし、日当たりが良い場所に一枚で使って頂くと、まぶしさは遮りながらも程よく光の面影を残し、デザインが浮き出て華やかな印象になります。

img_2542

ぜひ、リフリンのフォレストシリーズの上品なリネンカーテンをお楽しみください。

本日ご紹介するのは、Lif/Lin リフリン エアリーシリーズのレース生地 リフリンのカラフルボーダーデザインです。

 

img_2583

左から、 LL3041  LL3042
こちらは、 前回ご紹介した LL2141LL2142 のレースバージョンとなります。


“生地を詳しくご覧ください”

LL3041

LL3041

img_2562

ボー・デコール横浜店内にある展示は、厚手の生地とのダブルシェードにしています。

レースを手前に持ってくることで、日中でも夜でもデザインをお楽しみいただけます。

 

 

LL3042

LL3042

爽やかで大胆なボーダー柄です。

茶色やブルー、ベージュなどが入っていて、賑やかながらも落ち着きのある印象があります。

~レース生地ですが、厚手の LL2142 とは厚みも見た目も違います~

img_2575

 左 LL2142  右 LL3042

同じ場所で吊るしておりますが、LL3042のレース生地の方が窓の外をなんとなく感じていただくことができます。

 img_2566

左 LL2142   右 LL3042

左の厚手の生地は、より目が詰まっているのに比べ、右のレースの生地は光や風を取り込むため、少し軽やかに織り上げています。

 

 


“Recommend style”

①大胆に、掃出しの窓へ

img_2588 img_2580

LL3041  を大胆にも掃出しの窓に吊るしたイメージです。
日中はお部屋に爽やかなブルーの彩りがアクセントとして映えますが、夜には厚手のカーテンを閉めてしっとり落ち着いた雰囲気に…。
タッセルなど、遊び心をプラスすれば、あなただけのスタイルをお楽しみいただけます。

 

②さりげなく小窓に

IMG_7093

お部屋の一か所に違った色味のカーテンを選んで個性を出してみるのもおすすめです。

爽やかに光を取り込んでくれて、とても気持ち良い窓になりますね!

 

 


いかがでしたでしょうか?
カーテン選びは実際にお手にとってご覧いただくのが一番です。

ぜひ、ボー・デコール横浜店へお越しください。
お待ちしております。

※カーテンをご覧いただく際には、お電話でのご予約をお願いいたします。


【お問い合わせ】ボー・デコール横浜店
〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
tel 045-914-7718
open10:00~close18:30
facebook https://www.facebook.com/beaudecor.interior.yokohama/

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.