ブログ

じゅうたんのサイズについてもご相談ください

2019.07.29

こんにちは。

梅雨も明け、台風も過ぎついに夏到来!!といった天気となりましたね。
これから最高気温30度越えの毎日が続くそうです…!
皆様、体調には気を付けてお過ごしください。

こんな暑い季節の中でも、当店までアートギャッベやハグみじゅうたんを多くの方々が見にいらっしゃいます。
調湿効果があり、サラッとした手触りが特徴的なウールのじゅうたんだからこそ、ですね。

そんな夏も気持ちのいい絨毯たちをご覧になるお客様の間で時折挙がる疑問があります。
それは「サイズはどうしたらいいんだろう?」ということ。

ボー・デコール横浜店では、アートギャッベを常時200枚以上展示しております。

こんな風に何十枚も積み重なったアートギャッベたち。
このじゅうたんの山たちはサイズ毎に分けているのですが、この山の状態で見ていただくと少しサイズ感を掴みにくいことも。

そんなときには、お店の中にあるこちらの体感コーナーを活用しています。

さまざまな床の色との組み合わせを確認できる床見本と合わせて見たり、近くにソファ(幅190cm)などの家具を置くことでよりイメージが湧きやすくなっています。

ここに気になるじゅうたんを敷いて、踏み心地や色のバランスなどを見ていただけますが、実はサイズの確認をする場としても活躍してくれるんですよ!

 

例えば、リビングでゴロゴロするためにアートギャッベを探しているお客様から、「この大きさで良さそう」と言われることが多いこちらのサイズ。

こちらのサイズは約100×150cmという大きさ。

積み重ねられた状態で見ていても、何となくのサイズ選択になりますが、このギャッベを体感コーナーに敷いてみると…

3人掛けソファの前に敷くと、少しこじんまりとしているような気も。

アクセントラグとしてであれば問題ないかもしれませんが、“ゴロゴロするため”の一枚にしたいときには、少し物足りなく感じてしまうかもしれませんね。

 

それでは、こちらのサイズはいかがでしょう?

実際のこのギャッベの大きさは、約150×200cm。

リビングでゴロゴロしたいとなると、こちらの大きさのギャッベをご紹介することがよくありますが、山の状態で見たお客様からは「いや~、ここまで大きくなくていいよね?」と言われることもあります。

そこで先ほどの体感コーナーに敷いてみると…

実際に床やソファなど、対象物に合わせて敷けば案外サイズ感もしっくりとくるのです。

ここで実際に、敷いたギャッベの上に上がっていただいて、足を伸ばしたときにどうなるか、寝ころんだらどれだけ腕を伸ばせるのかも確認していただくと、よりご納得いただけるかと思いますよ。

 

いかがですか?

見た目が好みのものを選ぶのももちろんですが、それだけでなく、長く楽しんでいただくために体感しながら探していただくこともおすすめです。

さまざまなサイズのじゅうたんをご用意していますので、じゅうたんをご覧になる際は、どのような環境の中で、どんな風に使っていきたいかぜひお教えください^^