ブログ

アートギャッベ何色にする?【緑色のアートギャッベ】

2020.02.01

ギャッベを選ぶ基準は何でしょうか?
柄・色・サイズ…
たくさんありますよね。

中でも色は、インテリアとしてお部屋の雰囲気を変えるものです。
ギャッベのリビングサイズであれば、占める面積も大きくなるので一枚でお部屋を明るくしたり、一体感を出したり、アクセントにしたりと選ぶ色合いによっても変わりますよね。

赤、青、黄、緑、白…
どれがお部屋に合うのか分からない。

敷いた時の色合いを少しでもイメージしやすいように
今回は、緑色のギャッベについてお話します。

 

目次

  • 緑に込められた思い
  • 施工写真をご紹介
  • まとめ

 

緑に込められた思い

緑に染める際に使用するのが、こちらのジャシールという低木。

これだけでは、黄色に近い色味になってしまうので、インディゴを混ぜて緑色に染めます。

アートギャッベの緑は、「芝生や草原みたい」と言われることが多いですが、草木染の優しく・柔らかな色合いがそう感じさせてくれるのもありますし、普段見る景色を表現しているからでもあります。

織子さんたちが普段見るこの景色も羊たちの大切な栄養源になり、羊からミルクやチーズを作り、食べ物にしたりと毎日の生活でかかせないワンシーンなのです。

自然にパワーを貰ったり、自然に感謝するからこそ草木染めに拘っているのですね。

 

緑色のギャッベの施工例をご紹介

・リビングラグとして緑を選ぶ

アートギャッベの緑は、深い色合いから淡い色合いまで様々。
色合い的にも落ち着いてるので、バランスを取りやすいのも人気のポイントです。

染めていない原毛の白が入ると、また明るさを増してお部屋に合わせやすいですね。

濃淡あるグラデーションが素敵な、菜の花畑のような一枚。

優しく・気持ち良い肌触りにワンちゃんも場所を譲りません。

深めの色合いでシックな雰囲気にしてもかっこいいです。

リビングは、自宅の中で滞在時間も長い場所。
仕事から帰宅したとき、休日に映画をみるとき、家族で集まるとき、心から自然とリラックスできる、そんな空間の中心にはアートギャッベがあるのは嬉しいですね。

ベッドサイドにも柔らかい緑の色合いで、心穏やかに眠れそうな気分にしてくれたり。

キッズスペースに敷いても楽しいですね。

緑はより自然な風合いを感じるので、思わず深く深呼吸をして「おはよう」と元気よく言いたくなるかもしれません。

playlist_add_check まとめ

 草原を彷彿とさせる自然そのままの風合い
 オールシーズン使い易い

 

 

 

ボー・デコール横浜店はキャッシュレスポイント還元の対象店舗です。

 

 

 

 

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.