ブログ

アートギャッベの原毛デザイン

2022.06.20

こんにちは。

ジメジメとした日が続きますね。折り畳み傘が必須アイテムになるこの頃です。

こんなジメジメとした季節でも気持ちの良いウールじゅうたん。
その中でも、特に肌触りの気持ちが良いのは染めていない羊の毛でつくられた原毛のじゅうたんです。
その秘密は染める工程にあります。

もともと羊は油分をたくさん含んでいます。そのため、汚れづらかったり、柔らかい肌触りを楽しむことができます。

けれど、たっぷり含んでいる油分も色を付ける染色の工程で少し抜けてしまいます。

羊そのものの毛を使用している原毛のデザインは、染める工程を行っていないため肌触りが柔らかく気持ちが良いです。

それでは原毛のデザインはどのようなものがあるのか見てみましょう

まずはこちら

白色の糸をベースにさまざまな濃さの糸を織り交ぜ動物の模様のような、山々が連なっている景色のような不思議なデザインです。
ナチュラルさを感じる原毛デザインは、模様が強いなと感じるようなデザインでもどこか柔らかく、優しい雰囲気を感じさせてくれます。

続いてはこちら

こちらも白の糸をベースにし、中心に木の文様が描かれています。
ベースをシンプルにすることで目線が中心の木にいき、一枚の絵を見ているかのような一枚です。
シンプルな分シンボル的な色でもあり、他の色を引き立たせてくれる役割を原毛がしてくれます。

 

最後はこちら

今までの2枚とは雰囲気が変わり、濃い色の糸をベースにしたデザイン。
濃淡がよりはっきりするため柔らかさだけではない、特別な風合いを感じます。

 

世界で一枚しかない特別なじゅうたんのギャッベ。
今回ご紹介したものはほんの一部です。ボー・デコール横浜店でも一年の中で数回ギャッベの入れ替えを行い様々なギャッベをご覧いただけます。
ぜひ、ボー・デコール横浜店で色とりどりのギャッベをご覧にお越しください!

また、こちらからボー・デコール横浜店でご覧いただけるギャッベを少しだけ写真でご紹介しています。
ぜひこちらも覗いてみてください!
アートギャッベギャラリーはこちら

カレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.