ブログ

 

こんにちは。

 

横浜店では、ボー・デコールオリジナルの学習机“LOHASデスク”の展示を始めてから

じゅうたんやカーテンとご一緒に机を見にご覧いただく方は多いのですが、

そんなときにお客様によく聞かれることは学習机の“お手入れ方法”。

 

本日はその“お手入れ”について簡単にご説明いたします。

 


 

ボー・デコールオリジナル学習机“LOHASデスク”は

製作の最後に乾燥を防ぐためにオイルを塗る“オイル仕上げ”なのですが

ウレタン仕上げのように膜を張っている状態ではないため、

どうしても「キズやシミが付きやすいのではないか…」と不安に思われる方は多くいらっしゃいます。

 

 

確かに、オイル仕上げというのは製作の最後にオイルを塗るだけのものですので

ウレタン仕上げと比べるとキズ・シミはややつきやすいです。

 

しかし、そのオイル仕上げだからこそ、

気になるキズやシミは使って頂く方ご自身でお手入れをすることができる、

というところがオイル仕上げの大きなメリットでもあるのですよ。

 

そのお手入れというのも簡単です。

本日はお手入れ方法を実演させていただきます。

 

お手入れに必要な道具は以下の3つ。

①粗めの紙やすり

②メンテナンス用のオイル

③毛羽立たない綿布(使わなくなったYシャツ等でも構いません!)

 

それではさっそく、上記の道具を使って実演致します!

(※今回ご紹介するお手入れ方法は、無垢材でできたオイル仕上げの家具のみに適した方法です。

突板やウレタン仕上げの家具では行わないようご注意ください。)

 


“机に汚れ(キズ)が付いてしまった!!”

学習机だけでなく、ダイニングテーブルなどでも

こんな風に簡単には消えない汚れやキズが付いてしまうことってありますよね。

(ちなみに上の写真では油性のマーカーで無垢板に落書きをしました。指でこすっても消えません…。)

 

せっかく長く使おうと思っていた大切な机や家具にこんな汚れが付いてしまったら「ヒヤッ」としてしまいます。

 

“木目の流れに沿って、紙やすりで削ってください”

キズや汚れが付いてしまうと

“もうこの汚れはずっと取れないんだ…”と諦めてしまう方も多いかもしれません。

 

ところが、LOHASデスクのようにオイル仕上げのされた

無垢材の家具であれば、汚れやキズを目立たなくさせることはできます!

 

それは“汚れやキズを紙やすりで削り落とす”という方法です。

 

“削り落とす”というと

机の形が変わってしまうほどに大がかりになるのでは!?

とイメージされてしまうかもしれませんが、

実際は紙やすりでこするように削って消していくだけです。

 

上の写真のように、木目に沿って紙やすりで軽く削っていくと

どんどんどんどん汚れが薄くなっていきます…。

 

“乾燥を防ぐため、メンテナンス用のオイルを塗ります”

そして、削りカスやほこりなどの汚れをきれいに拭き取り、

綿布にさっとオイルを付け、削った箇所を塗りなおせば…

 

IMG_0562

先ほどの汚れはほとんど目立たなくなりました。

オイルを塗ったあとはまだ浸透しておらず、ペタペタしていると思います。

一晩置いていただければ、オイルも浸透していき、

机にも艶が増して良い味が出ているはずです!

 


 

いかがでしたか?

以上が、LOHASデスクに汚れ等が付いた時のお手入れ方法です。

 

基本のお手入れとしては、時折机の上を拭いてあげたり、

オイルをさっと塗って乾燥を防いでいただければそれで充分ですが、

 

もしキズや汚れがついてしまったときには

このように少しだけ手間をかけたお手入れをしていただければ大丈夫です。

 

キズがついてしまったらお手入れをする、

いつかの節目に家族みんなでお手入れをする、

そんな風にほんの少しだけ気にかけていただければ、

お子様にもご家族皆様にも愛着ある学習机となっていくかもしれません。

 

 


インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)

 

 

 

こんにちは。

先日、ハグみじゅうたんとリネンカーテンをお選びいただいたお客様からお写真をいただきました!

 

 

 

リネンカーテンは、白のレース【LL1020】。

ハグみじゅうたんは“ておりコレクション”というシリーズの【LR408A】をお選びいただきました。

 

リフォームを機に、大好きだと思えるものをお家に置きたいとして

この2つをお選びいただいたM様。

 

暖かなハグみじゅうたんの色、

リネンカーテンの自然素材ならではの柔らかな風合いが

周りの家具達やバルコニーの植物たちとぴったりです^^

 

踏み心地がいいからか、ネコちゃんもずっとその上でゴロゴロしてくれているそうですよ!

 

 

細かな汚れや飲み物などの汚れも奥まではなかなか入りにくいほど織りが細かいハグみじゅうたん。

その分、踏み心地も弾力のあるものとなるので

つい体をのばしてごろ~んとなるネコちゃんの気持ちもわかります…。笑

 

じゅうたんに優しく光を当ててくれるリネンのレースカーテンも

さりげない存在ではありますが、お部屋全体をより柔らかな空間にしてくれています。

 

 

「窓へは自然と視線がいくもの。

カーテン一枚でも好きなものにするかどうかで住み心地も違うし、気分も変わりますよね。」

と言いながらリネンカーテンをじっくり選んでくださったM様。

 

気に入っていただいたリネンのレースカーテンと、

そのカーテン越しに見える素敵な植物たちの眺めはまさに癒しの光景ですね。

 

 

M様、この度はありがとうございました。

ぜひ、ハグみじゅうたんとリネンカーテンのある暮らしをご堪能くださいませ!

またM様とお会いできる日を楽しみにしています。

 


インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)

 

 

 

 

 

こんにちは。

皆さまお盆はどのようにお過ごしですか?

このお盆期間中、遠方からお越しのお客様もいらっしゃいました。

誠にありがとうございます!^^

 

 


 

この暑い季節を乗り切るとき、リネンカーテンはとてもおすすめです。

その中でも、白のリネンカーテンは見た目としても爽やかで、無地ではありながらも表情を出してくれるので見ていて飽きない一枚です。

 

 

けれど、この白のリネンカーテンを店頭でご覧いただくと

やはり心配になるのは汚れが目立つという点ではないでしょうか?

 

 

カーテンでの汚れとして代表的なのが“黒ずみ”。

あの黒ずみの主な原因は、「屋外・屋内のほこり」。

 

 

空気中に舞うそのほこり達がカーテンに付き、カーテンの繊維奥底まで入り込むことで起こるのが黒ずみです。

また、化学繊維でできているカーテンの場合、

静電気が発生するため、ほこりが付着すると払っても取れなくなってしまい

黒ずみの発生も加速させてしまいます。

 

 

一方でリネンカーテンの場合は、

天然素材のリネンでできているため、静電気は発生しにくく、

もしほこりがリネンカーテンに付着しても掃えば床に落ちてくれます。

ほこりが付いたら付きっぱなしという状態を防ぐことができるのです。

 

リネンカーテンの場合は、このように手入れがしやすく汚れにくいため

厚手とレースともに白のリネンカーテンにされる方もいらっしゃいますよ!

 

 

 

 

 

 

リネンカーテンの白は柔らかな印象のある色合いです。

使っていくうちに変化が出てくると言っても、

黒ずみなどによる劣化ではなく、その柔らかな風合いが増し、

味わいとなっていく変化を楽しませてくれるような気がします。

 

快適で爽やかなリネンの暮らし、おすすめです。

 

 


 

インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)

※お盆の時期も通常営業しております。