ブログ

アートギャッベの楽しみ方~ランナー編~

2021.01.26

こんにちは。寒い日が続きますね。家でも暖房が必須の季節です。ボー・デコール横浜店のイベントも残すところ1週間となりました。気になるじゅうたん・カーテン・雑貨がある方はこの機会にぜひご来店ください。

さて、私たちがご紹介しているアートギャッベには様々なサイズがあります。1番多くご覧いただくサイズがリビングに敷くような大きいサイズ、そして玄関に敷けるサイズです。サイズが豊富だからこそ、お家の様々な場所でアートギャッベを楽しむことができるのです!たくさんあるサイズ展開の中で今日は細長いギャッベのお話をしたいと思います。

 

ランナーとは?

タイトルにもあるランナーとは、どのような大きさのものなのでしょうか?

こちらがランナーサイズのギャッベです。細長い形をしています。
大きさが、横30~50cm、縦150cmくらい。

ランナーサイズのギャッベをあまり見たことがない方も多いのではないでしょうか?現地であるイランの織子さん達の生活の中でもあまり使われない大きさのためか、数自体が少ないサイズです。
では、ランナーサイズは家の中のどこに敷くサイズなのでしょうか?ランナーサイズの使い場所をご紹介します。

 

ランナーサイズの使い方

1、キッチン

「キッチンに敷くと汚れてしまう」、「せっかくのギャッベをキッチンに使うのはもったいない」というお話をよく聞きます。一番汚れやすいキッチンに敷くことをためらってしまう気持ちよくわかります。

キッチンにランナーサイズを使っている方に話を聞くと、「自分が一番長くいる場所に敷きたい」と言う方や、「料理をする時間が嫌いだったけど、ギャッベを敷いたことで料理をする時間が楽しくなった」「意外と汚れない」という声を聞きます。

アートギャッベに使われている毛には油分がたくさん含まれています。この油分によって、ギャッベに艶ができたり、毛が滑らかで肌触りの良さにつながったり、水分も染み込みにくくなるなど、使う上でとても大切な役割をしてくれています。しかし、その油分は化粧品の原料になるなど他のものにも多様に使われているので、油分を抜いてつくられているギャッベも中にはあります。ぜひ、色々な種類のギャッベを触ってみてください。違いがよくわかります。
とはいえ、初めてギャッベを買う方は、椅子の上に置くような座布団サイズや玄関に敷くようなサイズ、リビングに敷くような大きいサイズを買われる方がほとんどです。初めての方は、ぜひこんなサイズもあるということを覚えてもらえると嬉しいです。

 

2、洗面所

気温の低いこの時期になると、洗面所に立つ時間がつらい方は多いのではないでしょうか?足元をふかふかなギャッベで温かく、快適に過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 

3、玄関

玄関にランナーサイズを敷くと、玄関”顔”になります。1日の始まりにやる気をだしてくれたり、1日の終わりを包みこんでくれるギャッベをさがしてみてはいかがでしょうか?

 

4、ソファ前に

 

 

ソファの足元に敷いて、ソファの心地よさを楽しみながら足元を暖かくしてくれます。
ソファに座る時間が多い方におすすめです。お部屋のアクセントになり、おしゃれに演出してくれます。
大きいサイズでは、赤や青のギャッベだと主張が気になる方は、少し小さめのランナーサイズで色を入れてみてはいかがでしょうか?

 

5、お部屋の様々な場所に

 

 

お部屋の様々な場所のアクセントになるランナーサイズのギャッベ。天然繊維の羊毛でつくられているので、畳とも相性ばっちりです。
素朴な柄だからこそ、洋室にも和室にもあわせられるギャッベ。皆さんはランナーサイズをどこに敷きたいですか?
ボー・デコール横浜店ではさまざまなサイズのランナーサイズを取り揃えておりますので、ぜひ足をお運びください!

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.