ブログ

こんにちは。新入社員の千葉です。

七月末から八月始めまで海外で研修へ。じゅうたんを作っている会社へ訪問するために首都から遠く離れた町まで向かいました。飛行機の乗り継ぎで丸一日、そこから車で2時間ほど移動します。

じゅうたんを織る方、修復をする方、糸を染色する方など多くのじゅうたんに携わる方たちがこの地域に暮らしています。

郊外の町ではありますが、若い職人さんも多くとても活気のある町なのです。

私と同じくらいの年齢の人たちが多く働いていて、中には私よりも2つくらい年下の青年が検品リーダーとして責任ある仕事をしていました。若い方がチームを引っ張っている姿を見て、海外の活力の根源は若い人のパワフルさなんだと感じました。私たちはこの方々と切磋琢磨してより良い商品を作り続けています。

現在では一緒に働く仲間となりましたが、この町は私たちスタッフがじゅうたんのパートナーを探し求めてたどり着いた場所なのです。言葉や文化が違う方たちと一緒の方向を向いて仕事をすることは想像もできないハプニングも起こります。

実際に私も現地の方と握手をするとき両手でしてしまい、いやな顔をされたことがありました。現地では左手は不浄の手ととらえられているため左手を添える握手は失礼にあたるのです。日常の挨拶でも文化の壁があるのですから、会社同士がゼロから信頼を築き上げていくことは容易なことではありません。

言葉や文化の壁があると知った上で海外を開拓するには理由があります。

それは個性的であることを目指しているからです。私たちが思う「個性」とは作りだったりデザインだったりテーマのこと。私たちは誰も作ったことのない商品・アイデア・生活スタイルを提案していくことを目指しています。

新しいものを提案するには誰もしないことを進んですることが必要です。オンリーワンの商品を作るには誰も踏み入れていない地へ先頭を切って進んでいく必要があるのです。これからも私たちはオンリーワンな商品を作るために自身が開拓者であると思ってお客様に新しい提案をしていきます。

こんにちは。

先日のブログでご紹介したリネンカーテンLif/Linの3つのシリーズ。

今回はその中のAiry series(エアリーシリーズ)をご紹介いたします。

Airy seriesとは

エアリーシリーズはレース(薄手)生地です。

Lif/Linの他シリーズであるフィールドシリーズやフォレストシリーズなど、充実した厚手生地たちにも負けず劣らずのラインナップは、レースをリネンにすることの楽しさを感じさせてくれますよ!

 

レース【LL3001】厚手【LL2153】生成のリネンでできたレースは、落ち着いた空間を演出してくれます。
【LL3033】生成と白の生地を交互に配置したデザインは、さりげなくも存在感を発揮させます。

レース生地でもレパートリーが充実しているため、レース×レースという組み合わせをされる方もいらっしゃいますよ!

刺繍入りレース【LL4001】と白のレース【LL3002】の組み合わせ。レースの軽やかな雰囲気を活用した組み合わせです。

 

いかがでしたか?

レースカーテンは日常の中で特に目に入りやすいインテリアのひとつ。

普段から目に入るレースカーテンをお気に入りのリネン生地にされると、普段の暮らしの中で心安らぐ瞬間を与えてくれるはずですよ。

 

リネンカーテンLif/Linでは、全部で80柄を超えるリネンカーテンをご用意しています。

ここまでの柄をご用意しているのも、さまざまなテイストの空間で、自然素材リネンのカーテンを楽しんでいただきたいからこそ。

リネンカーテンLif/Linには、下記の3つのシリーズがございます。

  • Field series ~フィールドシリーズ~
  • Airly series ~エアリーシリーズ~
  • Forest series ~フォレストシリーズ~

 

本日のブログでは、この3つのシリーズの1つ、Field seriesのさまざまな施工例をご紹介いたします。

Field series

フィールドシリーズは、リネンの素材感を楽しめる厚手生地のシリーズです。

リネンそのものを堪能できるようなさりげない無地のデザインから、

チェック柄やストライプ柄など、お部屋のアクセントとなってくれるデザインもございます。

 

Field series 施工例

こちらのお客様が選ばれた生地は、LL2001

染めていない生成のリネン生地です。

無垢の床に無垢の家具といった自然素材に囲まれたご自宅に、リネンカーテンもさりげなく存在感を放ってくれています。

 

こちらの透き通るような青色のリネンカーテンはLL2005

リネンらしい風合いを保ちながらも映える色柄ですので、ミッドセンチュリーな空間にもぴったり!

この方が選ばれた生地はLL2122

柄が入っていても、リネン独特の陽の入りがあるため、とても爽やかですよね。

 

こちらは2枚の生地をシェードの形で隣り合わせに。

向かって左はLL2133、右側は先ほどもご紹介した生成のLL2001です。

この組み合わせを選ばれたお客様は、最初リネンの生成(LL2001)のみで考えていらっしゃいましたが、

実際にお店で様々なLif/Linのリネンカーテンをご覧いただき、「せっかくだったらいろんなリネンを楽しみたい!」と最終的にはこの素敵な組み合わせをセレクトしていただきました。

 

いかがでしたか?

せっかく質感が気持ちの良いリネンカーテン。

さまざまなテイストの空間で楽しめるLif/Linのリネンカーテンであれば、きっと理想の空間づくりをサポートしてくれるはずですよ。

 

次回はLif/Linのレース生地シリーズ、Airly seriesのさまざまな施工例をご紹介いたします。

Lif/Linのレース生地にもさまざまなデザインがございます。

次回もお楽しみに!

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.