ブログ

アートギャッベ300枚展 アートとしての5つの魅力

2020.12.10

こんにちは。
ボー・デコール横浜店では、「アートギャッベ300枚展 アートとしての5つの魅力」が開催中です。
 

新型コロナウィルス感染症対策について

今回のイベントでは、下記の内容で感染症対策を行っています。
・店内の除菌、換気の徹底
・店舗入り口での除菌と検温へのご協力
・スタッフのマスク着用とお客様へのマスク着用のお願い・スタッフの毎朝の検温、外出時の検温と手洗い・うがいの徹底

営業時間につきましては、昨年より「10:30~18:00」の時短営業に切り替えておりますので、1/8からの緊急事態宣言を受けての営業時間変更はございません。
完全予約制ではございませんが、ご予約をいただくか、ご来店前にお問合せをいただければ、密な時間帯を避けてご案内をさせていただきます。

また、イベント期間中はご来店が難しい方へ、オンラインでのご案内も行っています。
動画通話機能(Facetime,LINE,ZOOMなど)を使用して、お店にあるギャッベをご覧いただくことができます。
ご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。
 

アートギャッベ300枚展 アートとしての5つの魅力

ギャッベとは、ペルシャ地方の遊牧民による手織りの絨毯です。刈り取った羊の毛を手作業で糸に紡ぎ、一結び一結び手で織り上げていきます。
もともと遊牧民の方たちが、遊牧生活で暮らすテントの中に敷いて使用していた絨毯のため、毛足が長く、床の固さを感じさせないほど密に織り込まれています。
手作業で織り上げられたギャッベは、質もデザインも一枚一枚異なります。
その中から、長く安心してお使い頂ける品質で、かつ見た人の心を惹きつけるデザインのものだけを厳選してご紹介しているのが、アートギャッベです。

ボー・デコールでは、専属の選定人が年に3回程イランへ赴き、品質やデザインを確認したうえで皆さまにご紹介しています。
横浜にある店舗では、常設でも200~250枚ほどのアートギャッベを展示していますが、今回のイベントでは、さらに枚数を追加しおよそ300枚展示をしています。

アートギャッベの魅力

アートギャッベの魅力は様々あります。
その中で、お使いいただいている方から、特に喜んでいただいているポイントは以下のとおりです。

・お手入れが楽ちん
・夏はさらりとしていて冬はあったか。一年を通して気持ちが良い。
・心地よい踏み心地。
・自分だけのお気に入りの一枚と長く付き合える

毛足が長く厚みがある絨毯のため、まず皆さんが心配されるのはお手入れのことです。
どのようにお手入れすればいいの?何かこぼしたらどうしよう!虫が湧かないかな?など、ギャッベのお手入れに不安を持たれるかたはたくさんいらっしゃいます。
お手入れについて、まずお答えするのは、とても楽ちん!ということ。
特別なお手入れは必要なく、普段はお掃除機掛けだけで大丈夫です。
羊毛が持つ調湿作用と、通気性の良さから、畳んでしまいこんでしまわなければ、ほとんどダニなどの心配もありません。
飲み物をこぼした時も、ティッシュや濡れた布巾で簡単にお手入れできてしまいます。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

→絨毯のお掃除方法

また、羊毛の持つ脂分と調湿効果によって、滑らかで夏も冬も心地よい肌触りでお使いいただけます。
ご家族みんなが集まる場所だから、楽に使えて心地よいというのは、とても魅力的なポイントですよね。

アートとしての魅力

ですが、アートギャッベの魅力は使い心地だけではありません。
一枚一枚アート作品のように、見て楽しめるというのもの魅力の1つです。

草木染めの繊細な色合い、手織りの不均一さ、独特の文様とそこに込められている想い。
それらが掛け合わされて作られるアートギャッベには、心に響く美しさがあります。
その中でも、ぜひ注目していただきたいポイントを5つご紹介します。

 

魅力1 ゆらぎ

まずは何と言っても、アートギャッベ独特の“ゆらぎ”の表現です。

一結び一結び織り手の感性によって織り込まれる糸は、その重なりによって、時に自然が作り出すような繊細な色合いを表現します。
織り手の女性たちは、大地の上に織り機を置き、自然の景色をお手本に絨毯を織り上げていきます。
その景色がそのまま絨毯に織り込まれたかのような色合いは、炎のゆらぎをずっと眺めてしまうみたいに、無心でずっと眺めてしまうような魔力を秘めているように感じます。

 

魅力2 風景画

アートギャッベの中で、たまにお目にかかることができるのがこの風景画です。


風景をモチーフにしたギャッベはたくさんありますが、一枚の完結した風景画として見ることができるものはあまり数が多くありません。
アートギャッベが織られているのはイランの南西部、ザクロス山脈で遊牧生活をしていた遊牧民をルーツにもつ方たちです。
当然日本に来たことも無い方たちですが、なぜかアートギャッベの風景画には懐かしさを感じることがあります。
アート作品の醍醐味は、作品を通して違う世界を旅できることだと思います。
アートギャッベの風景画は、そんな別の世界へと誘ってくれる魅力があります。

 

魅力3 赤色

アートギャッベの持つ魅力の中で、多くの人が魅了されているのが、この“赤色”です。


アートギャッベを探してお店に来られるかたで、思っていた色と全然違う色になったという方が最終的に選んでいることが多いのが赤です。
茜の根っ子から染められる赤色は、織り手の女性たちも大好きな“命の色”です。
太陽や炎など、生活に欠かせないものの色で、活力の源にもなる色のため、織り手の方も好んで使用しています。
絨毯の見る向きによって色が変わるのがギャッベの特徴です。光の当たり方によっても見える色が変わるため、赤色は、時にワインレッドのような深みのある色で見え、時にハイビスカスのような明るい華やかな色で見えるなど、様々な美しい表情を見せてくれます。

 

魅力4 カラフル

赤のように一色でも魅力的ですが、やはりアートギャッベの魅力は鮮やかな草木染めの色たちです。
緑はジャシールという草、黄色はザクロの皮やウコン、グレーはどんぐり、などなどアートギャッベに使われる色たちは自然の中にある色たちです。


鮮やかに染められた糸を、織り手の感性で使うため、私たち日本人ではまず思いつかないというような色の組み合わせで織られているときもあります。
ですが、自然が作り出した色を見てセンスが悪いなと思うことがないように、自然の色たちで織り込まれた絨毯は、どんな配色になっていてもとても魅力的です。
小さなお子様がいるお客様より、ギャッベを使うようになってからお子様のお絵かきで使う色が変わったと言っていただいているように、見る人の感性も育ててくれるのがアートギャッベの色の力です。

 

魅力5 生命の木

たくさんの文様が描かれているアートギャッベの中で、一番アートとして見ていただけるのが、この“生命の木”です。


生命の木のモチーフは糸杉の木といわれています。天にも届きそうなくらい高く背を伸ばす糸杉の木は、遊牧民にとって神様と自分たちを繋ぐ神聖な存在でした。
そんな糸杉の木に、健康や長寿への願いや、子どもの成長を願って絨毯に織り込んだのが生命の木の文様です。
切実な願いが込められているからこそ、アートギャッベに織り込まれた生命の木の文様からは、心に訴えかけるような不思議な力を感じます。

ここでご紹介した以外にも、アートとして楽しめるポイントはたくさんあります。
ぜひ皆さんが感じるアートギャッベの魅力的なポイントを探してみてください。

自分のお気に入りを探そう!

全て手作業で作られているアートギャッベ。
似たようなデザインのものでも、それぞれに個性があり、一枚として同じものはありません。
そのため、どれを選べばいいのかわからない!と思われる方はたくさんいらっしゃいます。
そこでアートギャッベの選び方のポイントをいくつかご紹介いたします。

 

使いたい場所のサイズで絞る

右を見ても左を見ても、どれも魅力的に見えてしまうアートギャッベ。
最初はこの色にしようと思って見に来ても、見ている間に別の色が気になってしまって、結局どれも欲しい!と思ってしまうことは多々あります。
そのため、使いたい場所が決まっている場合は、その場所に合うサイズに絞って探すというのも大事なポイントです。

アートギャッベ

リビングでお使いの場合、多くの方が選ばれるのが、150×200㎝、170×240㎝、200×300㎝になります。
この中でも、150×200㎝は入るけど、170×240㎝になるともう入らないという方は、思い切って150×200㎝の中からお選びいただいたほうが、お気に入りの一枚に出会える確率があがります。

たくさん見たいけど、お気に入りを探すという点では、見ないサイズを作るというのがアートギャッベ探しの難しい点でもあります。
サイズを絞ってご覧いただく場合、あらかじめお部屋のサイズを測ってサイズを決めてご来店いただくか、図面などがあればお勧めのサイズをスタッフからご紹介させていいただきますので、お気軽にご相談ください。

心に響く一枚を探す

とにかく自分が気に入ったギャッベが欲しい!という場合は、ぜひサイズを問わず、一枚一枚見て触ってじっくり味わっていただきたいと思います。
羊の毛に含まれる脂分によって美しい光沢感と肌触りが楽しめるアートギャッベ。
この光沢感と肌触りは、一枚一枚実物を見ないと分からないポイントでもあります。
同じ柄が一枚も無いのと同じように、肌触りも一枚一枚違います。

10年、20年と長くお使いいただく絨毯なので、見た目の美しさに加えて、肌触りも重要になります。
ずっと眺めていたい、ずっと触っていたい、そう思言える一枚が、きっとお気に入りの一枚になってくれると思います。
気に入ったこの一枚を、お家の中のどこに置こうかな?と悩むのも、楽しいひと時となります。

 

期間中のその他のイベント

ハグみじゅうたん新柄お披露目&プロトタイプ30枚展

ギャッベ展期間中、ハグみじゅうたんの新柄お披露目とハグみじゅうたんのプロトタイプのご紹介もいたします。
ハグみじゅうたんの新柄は、てざわりコレクションシリーズで人気の10柄の玄関サイズとなります。
50×70㎝、60×90㎝、70×110㎝の3サイズあり、イベント期間中に予約受付をいたします。
商品のお渡しは2月中を予定しております。詳しくはスタッフまでお問合せください。

ハグみじゅうたんのプロトタイプとは、現在ご紹介しているハグみじゅうたんを作る過程において作成をした試作品のことで、デザイン違いやサイズ違いなど、本来のものとは違うハグみじゅうたんをご紹介しています。
保証の対象外となるため価格を安くしてご紹介をしていますが、品質は本来のハグみじゅうたんと同等です。
一枚一枚個性があるため、現品でのお渡しとなります。ぜひ、お店でご覧になってい見てください。

 

ボー・デコールオンラインショップ ショールームオープン

今年オープンしたボー・デコールのオンラインショップでご紹介している商品のショールームが、店舗2階にオープンします。
オンラインショップでは、ロハスな暮らしをご提案するための、長く愛着を持ってお使いいただける家具や雑貨をご紹介しています。
その中から、ボー・デコールオリジナルの家具、雑貨を中心に展示いたします。
中でも籐を組み上げて製作したラタンチェアは、柔らかいフォルムと扱いやすい軽さでお家時間を楽しく快適なものにしてくれます。
こちらもぜひお店でご覧ください。

 

↓ ボー・デコール オンラインショップはこちらから ↓

 

 

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

(c)copyright BD corporation. Allrights Reserved.