ブログ

こんにちは。

本日も、リネンカーテンをお届けしたお客様のご自宅をご紹介致します!

 

今回のお客様がLif/Linのリネンカーテンでお選びいただいたのは、紫色の厚手【LL2006】と白のレース【LL3002】。

このリネンカーテンを、“ブレイクスタイル”といわれる丈の長さをたっぷりと取った形でお作りしました。

リネンカーテンは、湿気を含むことや自重により生地が伸びたり、洗うと縮んだりと動きの出る生地です。

その伸び縮みを目立たなくさせるために、丈が床に着いたこの“ブレイクスタイル”を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

また、このブレイクスタイルにされると、カーテンと床の隙間から入ってくる外気(冬場は冷気など)を漏れにくくさせる、といったメリットもありますよ。

もちろん、リネンカーテンならではの自然素材の風合いがあるため、

裾に集まったその姿はもたつきよりも、リネンのしなやかさ、柔らかさを感じさせてくれるはずです。

 

これだけ丈を長くしても、今回のお客様のご自宅のように心地よい風が入ってくれた時には、リネンカーテンも優しく揺れ、爽やかな姿を見せてくれます。

丈をたっぷりと取っていても、リネンの軽やかさは健在!

お届けしたときには、この軽やかなリネンカーテンの姿をお客様とぼーっと眺める時間もありました。

 

お客様からも、「なんだかカーテンを掛けた後の方が部屋が涼しくなった気がする!」と嬉しい反応が!

お届けしたこの日は、日中30℃近くあるまだまだ暑い季節でした。

きっとリネンカーテンを掛けたからこそ、窓を開けたときに入ってくる風の通り道が目でもわかるようになり、涼しく感じさせてくれたのかもしれません。

 

徐々に秋の涼しさも感じることが多くなってきましたが、

そのときにはリネン越しのお日様の暖かさを楽しんでいただけたらと思います^^

 

この度は、大切なお引越しの機会に当店のリネンカーテンをお選びいただきありがとうございました!

これから始まる暮らしの中で、このリネンカーテンが大きな癒しの存在となりますように。

またぜひお店へも遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、ボー・デコール横浜店では【夏のアートギャッベ展】を開催中!

イベント2日目だった昨日、お客様のところへアートギャッベのお届けに行ってまいりました。

今回のお客様のご自宅には、以前注文されて先日取り付けられたばかりの“Lif/Lin(リフリン)”のリネンカーテンも!
アートギャッベもリネンカーテンも、とても素敵な姿でしたので、今回のブログで両方とも紹介させていただきます♪

 

まずはお選びいただいたアートギャッベをご紹介。

今回お客様が選ばれたアートギャッベは、リビングに広々と敷かれたこちらの茜色の一枚でした。

可愛らしいカラフルな文様たちがほっこりとさせてくれます。

文様が可愛らしいですが、全体でみると茜色のみで表現された色の濃淡がとてもおしゃれ。

シンプルながらもお部屋の中でしっかりとアクセントになってくれています。

 

ちなみに、このギャッベに織り込まれた文様は【健康長寿を表す生命の木】と【たくさんの幸せを願う四角】の2つ。

ご家族皆さまの健康と幸せを願うアートギャッベは、これからお家の憩いの場でどんな風に活躍してくれるのかとても楽しみです^^

 

そして、このリビングダイニングにある窓全てに取り付けられているのが、Lif/Linのリネンカーテンたち。

お家の中の多くの窓にLif/Linのリネンをお選びいただきましたので、そちらもご紹介させていただきます。

 

お客様には、すっきりとした姿が印象的な昇降式のシェードタイプでご注文を頂きました。

このリビングダイニングにお選びいただいた厚手の生地は、生成のリネン““LL1001”。
レース生地は“LL3002”です。

周りの窓たちにもリネン生地のシェードタイプを。
素敵なインテリアや観葉植物と一緒に見るリネンは、柔らかさの中にもモダン的なかっこよさが光っていました。

窓のほとんどをすっきりとしたシェードタイプのものにしましたが、
ソファの後ろにある2つの小窓については、レースをカフェカーテンにしてお使いいただいています。

軽く麻ひもで結ばれたカフェカーテンが、さりげなくも可愛らしいです。

 

リネンカーテンについては、このリビングダイニングの他にも寝室と廊下にある窓にもお選びいただきました。

廊下にあるバルコニーに続く大きな窓には、白のレース生地(LL3002)をシェードタイプで。

普段、日中はこの窓から気持ちよく光りが入り、
そして、バルコニーに飾られた観葉植物たちがリネン越しに綺麗に見えるのだそうです。
リネンとともに、外の景色も楽しめるなんて素敵ですね。

 

寝室にある3つの小窓には、シェードタイプとカフェカーテンの組み合わせ。

シェードにした厚手の生地は“LL1002”。
カフェカーテンにしたレース生地は““LL4002”です。

シェードの厚手を白にしてさっぱりとさせることで、レースの刺繍がより際立ちます。

このシェードタイプとカフェカーテンという組み合わせは、

「お部屋をすっきりとさせたい、けれどリネン生地の柔らかさも楽しみたい…」という希望を叶えてくれるおすすめの姿です。

小窓にリネンを検討されている方はぜひ!

 

お客様、この度はリネンカーテン、そしてアートギャッベを見つけてくださりありがとうございました。

これからずっと、ご家族皆様で堪能頂けたら嬉しい限りです。

またぜひ遊びに来てくださいね!

この度は誠にありがとうございました。

 

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

夏のアートギャッベ展 in ボー・デコール横浜店

新入荷を含む、全350枚のアートギャッベがお待ちしております

2019年8月17日(土)~9月1日(日)まで開催!

ボー・デコール横浜店

TEL:045-914-7718 / MAIL:bd-yokohama@bd-n.com

10:00 open ~ 18:30 close(※水曜日定休)

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

 

 

 

こんにちは。

本日、お客様のところへLif/Linのリネンカーテンをお届けに行ってきました。
素敵なご新居先に爽やかなリネンカーテンの組み合わせを選んでいただきましたので、ブログでもご紹介します。

今回お選びいただいたのは、白色のレース生地(LL3002)と白色のドレープ生地(LL2002)。
人気の白×白の組み合わせです。

丈は長めにお作りをしました。
生地の柔らかさが伝わってくるゆったりとした姿、素敵です。

この丈を長くするスタイルは、見た目としても魅力的なものですが、その他にも、自然素材のリネンだからこそ起こる“伸び縮み”を目立たなくさせてくれるというメリットも!

リネン生地は、カーテン自体の重みや、湿気を吸い込み繊維が膨張することから生地が伸びていきます。そしてお洗濯をすれば縮みます。
この“伸び縮み”という動きがあるリネン素材の場合は、今回のお客様のように丈を長めにお作りするのも、“伸び縮み”が目立たなくなりお勧めですよ。

白色のリネンカーテンはとても爽やかな空間にしてくれますね。
ドレープカーテンを閉めたときにも、お日様の明かりを優しく、柔らかくお部屋に取り込んでくれていました。

そして、窓を開ければ気持ちの良い風とともにリネンカーテンもふんわりと膨らんで、風の流れを感じさせてくれました。

お客様も普段からこんな風に窓を開けて過ごすことがお好きなんだそう。
きっとこれからの暑い季節は、風の流れをリネンが感じさせてくれますので、気持ち良くお過ごしいただけるはずです^^

T様、この度は誠にありがとうございました!
お日様や風が感じさせてくれる暖かさや爽やかさを、リネンカーテンを通してたっぷりとお楽しみいただけたらと思います。
またぜひ遊びにいらしてくださいね!
またのご来店、心よりお待ちしております。