ブログ

こんにちは。

昨日までの肌寒い天気とは打って変わって暑い一日でしたね。

これからどんどんと暑くなってまいります…!

皆さま熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

 

これからやってくる暑い夏に向けて、リネンカーテンのあの爽やかな見た目はおすすめです。

(先日もリネンカーテンの涼やかな印象についてまとめたブログがあります。
そちらもぜひご覧ください。→【リネンカーテン】リネンで楽しむ”涼”

 

その中でも、白のリネンカーテンは色合いは爽やか、そして無地であってもリネンならではの表情があるため、見ていて飽きません。

お店で実際のリネンカーテンをご覧いただくと、白のその見た目の雰囲気に魅かれ、厚手とレースどちらも白のリネンにされる方も多くいらっしゃいます!

厚手…LL2002、レース…LL3002

 

ただ、すべてが“白”となると、心配は汚れが目立つところではないでしょうか?

カーテンの代表的な汚れのひとつに“黒ずみ”が挙げられます。

あの黒ずみの主な原因は、実はほこり。

 

空気中に舞うほこりがカーテンに付き、落ちることなくカーテンの奥底まで入り込むことで黒ずみが発生します。

特に化学繊維のカーテンの場合だと、静電気が発生してしますため、ほこりが付いたら掃っても取れないという状態になり、黒ずみの発生を加速させることにもなるのです。

一方で、リネンカーテンの場合は天然素材でできているため、まず静電気が発生しにくくなります。

そのため、ほこりがリネンカーテンに付いても、掃えば素直に落ちてくれる。

ほこりが付いたら付きっぱなしという状態を防ぐことができます。

 

天然素材であるリネンカーテンは、このように手入れがしやすく汚れにくいため、

白×白というなかなかできない組み合わせも楽しんでいただけますよ!

厚手(前幕)…LL2021、レース(後幕)…LL3032

厚手…LL2002、レース…LL3002

 

使っていくうちに出てくる変化は“黒ずみ”よりも

“柔らかさ”や“程よいしわ感”といった、深まっていく味わいに目が行くはずです。

ぜひ、その味わいたちを白のリネンカーテンでお楽しみください!

 

 

本日は遠方からのお客様にもお越しいただきました。

2時間以上かけてお越しくださったお客様もいらっしゃって、とてもありがたく思います。

 

お客様が遠方からでも足を運んでくださる理由をお伺いすると、

やはり皆さまおっしゃってくださるのが、「実際にさわって選びたい」ということ。

 

私たちもさわることってとても大切だと考えています。

 

今はインターネットの急速な進化で「さわる」という行為からどんどん遠ざかっている時代、

家に届いて、初めてさわる、ということも増えています。

 

私事ですが、娘はお店にいくと、とにかくいろんなものをさわるさわる。

こちらはひやひやしながら、さわらないように。と伝えます。

でもある時ふと思いました。

 

きっと、子供は小さな手でいろいろなものをさわりながら、その物体がなにものであるかを知り、だんだんと成長していっている。

そう思うと、やみくもに注意する、というのは危険な気がしてきました。

 

 

ある人は、同じ仕事をする相手と必ず握手をする、と言います。

 

そこから得られる実感、生きているという行為を省略したくないと。

確かに、握手から伝わってくる手のぬくもり。とても大きなものだと感じます。

 

私たちがご紹介している、アートギャッベ、ハグみじゅうたん、そしてリネンカーテンも「さわる」という行為から伝わってくる大切なことがあると考えています。

 

羊毛やリネンが持ち合わせた独特の感触

手間をかけてつくられたんだという実感

自然のものだからこそ、個性があるということ

 

そんなことを、お客さまと一緒にさわりながら感じて、これから共に過ごすインテリアをじっくりと選んでいただきたいと思っています

こんにちは。

今週から本格的に梅雨入りしましたね。

生憎の雨が続きますが、梅雨も過ぎればカラッとした気持ちの良い夏がやってくるのも楽しみです!

 

今日のように湿気の多いとき、いつも展示しているリネンカーテンの丈に目が行きます。

全部で80柄以上あるLif/Lin<リフリン>のリネンカーテンたちがずらりと並ぶボー・デコール横浜店。

このリネンカーテンたちの裾のほうに目をやると…

丈の長さがバラバラになっていました。

このリネンカーテンたち、もともとの長さは同じ寸法で展示を始めています。

ところが、湿気の多いこの時期にはリネンの繊維に湿気が吸い込まれ、長さにも個体差が生まれるのです。

 

リネンの原料はフラックスという植物の茎からできています。

自然の素材でできていればそのものは呼吸をし、湿気を吸うことで膨張したり、湿気を吐き出すことで元に戻ります。

この呼吸のような動きが、私たちの暮らしをとても快適なものにしてくれているのです…!


 

湿気を吸うことで伸び、湿気を吐き出すことで元に戻るこの動きは、いわばお部屋の湿度を整えてくれている証拠

湿気が多いとき、なんだかダルさや疲労感を感じることがありませんか?

実際、湿度が高いとダルさや疲労感、その他にもカビを発生させやすくなったりと人体に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

お家を建てられる際に、漆喰や珪藻土などの塗り壁にこだわられる方も増えてきていますが、あの漆喰や珪藻土にも、リネンカーテンと同じ調湿効果があります。

漆喰や珪藻土、そしてリネンカーテンが持つ自然素材の力は、リラックスして過ごしたい大切な家の中で大きな役割を担ってくれます。

見た目の風合いだけでなく、こうした自然の力は機能面でも癒しや快適さを感じさせてくれているのです。

 

リネンカーテンをお使いになると、ある日には今日のお店のカーテンのようにちょこんっと床に着いているときがあると思います。

そんなときには「今日は湿気が多い日なんだなー!」と湿度計の代わりにリネンの変化を楽しんでいただけたら嬉しい限りです。