ブログ

こんにちは。

昨日は関東も雪が降りましたね。

今日もそのせいかとても寒々とした一日でした…。

 

この寒い季節には、ウールのじゅうたん“アートギャッベ”や“ハグみじゅうたん”を見に、たくさんの方がいらっしゃいますが、

意外にもリネンカーテンを見にこられる方も多いんですよ。

 

「ずっとカーテンを掛けずに生活していたけど、窓からの冷気がさすがにひどくて…」という方や、

「程良い日の入り方から暖かさを感じたいから、敢えてリネンのカーテンにしたいんです。」ということで、この季節にリネンカーテンを見に来られる方もいらっしゃいます。

 

カーテンを掛けずにいても、冬の冷気でカーテンの存在が気になり始める、ということはよくあることかもしれません。

Lif/Linのリネンカーテンは、冷気を遮断するような加工はしていませんが、

リネン自体の力で熱気や冷気を入りにくくさせてくれるのです。

…というのも、リネンの繊維は真ん中に穴のある中空構造という作りになっているのですが(マカロニをイメージするとわかりやすいかもしれません)、

その穴の中に外気を蓄えてくれるため、外からの冷気や熱気をお部屋の中へ入れにくくさせてくれるのです。

意外にもリネンが自ら持つ力で、冷気を気にせず気持ちよくお使いいただけるはずです。

もちろん、リネンならではの柔らかな日の入れ方が、空間全体を暖かな印象にさせてくれるということも、冬にリネンが選ばれる理由かもしれませんね。

 

 


*+ボー・デコール横浜店からのお知らせ+*

2月12日(火)~2月15日(金)の4日間は、

イベント出展のため臨時休業とさせて頂きます。

ご不便をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

こんにちは。

新入社員の千葉です。

 

ボーデコールのオリジナルブランドである、Lif/Linのリネンカーテン。

フラックスという植物の茎から採れる天然繊維を素材としているので、自然素材の優しい風合いが素敵なカーテンです。

本日はリネン素材の優しさについて触れてみたいと思います。

 

フラックスなどの植物の茎から採れる繊維は、当たり前ですが均一ではありません。

繊維の一本一本にも個性があります。

細い糸があったり、太い糸があったり。それは、自然素材の特徴なのです。

 

リネン生地をじっくりと見てみると、太い糸が所々に見受けられます。

下の写真でもあるように、こちらは”ネップ”と呼ばれる天然繊維の特徴です。

細い糸、太い糸が一緒になって編み込まれるため、このような表情が生まれます。

ネップはリネンカーテンの表情を豊かにしてくれる存在です。

拡大してみたときは、ネップの部分が目立って見えたかもしれませんが、今度は全体的に見てみましょう。

 

LL2023

少し濃く見える点や線の部分がネップ。まばらに点や線があることで、自然な揺らぎが表れてきます。

なんだかこの自然な揺らぎが、川のせせらぎにも見えてくるのです。

ネップのこのまばらな表情が、お部屋の窓にかけたときに優しい風合いを感じさせてくれます。

ネップにより揺らぎのあるカーテンは、窓際で豊かな表情を見せてくれます。

揺らぎのあるリネンカーテンからこぼれる自然光は、まるで木漏れ日の様なやさしい光に。

自然素材がやさしい印象を与えてくれるのは、ネップのような不均一さの揺らぎがあるからなのです。

こんにちは。

「ボー・デコール横浜店」というと’’じゅうたんのお店’’という
イメージを強く持たれている方も多いかと思いますが、
’’カーテン’’のご提案も行っております。
実際ご来店いただいたお客さまからも「カーテンもあるんですね。」
という言葉をいただく事も多くあります。

店舗外観

入ってすぐにはアートギャッベが並んでおります。

少し奥に進んでいただくとハグみじゅうたんが並んでおります。

そしてこのハグみじゅうたんコーナーの隣に・・・

カーテンコーナーがあります。
「アートギャッベ」「ハグみじゅうたん」と同様自然素材の
「リネンカーテン」をご覧いただく事が出来ます。
実際に触って頂いたり、窓際に持って行ってご覧いただいたりすることも
出来ます。

是非じゅうたんと合わせてカーテンもご覧ください。
当店スタッフがご案内させて頂きます!

 


*+ボー・デコール横浜店からのお知らせ+*

2月12日(火)~2月15日(金)の4日間は、

イベント出展のため臨時休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。