ブログ

【営業時間のお知らせ】
ボー・デコール横浜店は年末は31日まで営業しています。
営業時間に変更がありますので、お気を付けください。

◇年末の営業日について◇
12月30日(月)までは通常営業(10:00開店 18:30閉店 ※水曜日定休)
12月31日(火) 10:00開店 17:00閉店

◆年始の営業日について◆
1月1日(水) お休み
1月2日(木) お休み
1月3日(金) 11時開店 18:30閉店

皆様のお越しをお待ちしております。


こんにちは、中林です。

突然ですが、玄関マットはお使いでしょうか。
玄関は、お出掛け前に元気を与えてくれたり、帰ってきた時には優しく癒してくれたり、そんな家族を送り、出向かえてくれる場所。風水でもとても大切な場所と言われています。
心を整えてくれる場所には、好みに合った色合いで癒しを感じられるものがあるといいですよね。
そんな玄関だからこそ、心と体に優しい天然素材のじゅうたんを敷くのをおすすめします。

本日は、天然素材の玄関マットのサイズの選び方をご紹介します。

目次

  • 玄関マットは敷いた方が良い
  • この間口にはこのサイズがおすすめ
  • お客様の声
  • まとめ

玄関マットは敷いた方が良い

玄関は、毎日通る場所ですし、来客を迎える場所でもあります。玄関に一枚敷くだけでも印象が変わりますよね。
玄関が明るくなれば自然と気持ちも明るくなりますし、仕事に行く時の気持ちの切り替えにもなると思います。
毎日見る場所だからこそ大切にしたいものですね。

本来、絨毯を敷くことで外からのハウスダストや花粉を絨毯に抑えつけて、家の中まで入れないようにする役割があります。
そのため、良いレストランなんかに行くとエントランスで上着を脱いで払ったり、食事テーブルの下にも敷いてあったりするのはホコリを舞い上がりにくくする為なんです。

本来のホコリなどを抑えつける役割とあわせて、絨毯で玄関を明るく楽しく出来たら嬉しいですよね。

 

この間口にはこのサイズがおすすめ

◆玄関の幅が約90cm~100cmの場合
マンションやアパートで多いのが玄関幅90~100cmのサイズ。

・玄関マット約40×60㎝(玄関幅の実寸88cm)

玄関幅100cmまでであれば約40×60cmでも違和感ありません。小さすぎると思われる方が多いですが意外とバランスは悪くないのです。

・玄関マット約50×70cm(玄関幅の実寸88cm)

ほどよくフローリングが見えるので、色合いにメリハリがつきます。アクセントとしてもサイズとしても良いですね。

・玄関マット約60×90cm(玄関幅の実寸88cm)

こちらは長手90cmを縦に敷いています。縦敷きに違和感を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、海外でエントランスに絨毯を敷く場合、縦敷きが基本的な敷き方です。ペルシャ絨毯などもそのため縦の柄が基本です。
横に敷くのは日本くらいかもしれませんね。
絨毯を縦に敷くことで廊下の奥行きも感じるので結構合います。本来の敷きかたを知っている方は心の中で思うはず。「通だな」と・・・。

ちなみに長手90cmを横に敷くとこんな感じです。(玄関幅の実寸88cm)

玄関幅に合っておらず、フローリングも隠れてしまっています。
そうすると、やはり先程の縦置きの方がスッキリと見えませんか。

 

玄関の幅が約100cm~120cmの場合
団地や戸建てでも多いサイズ。

・玄関マット約40×60㎝(玄関幅の実寸110cm)

写真では伝わりづらいのですが…
玄関に対してサイズが小さいので少しもの寂しく感じます。

・玄関マット約50×70㎝(玄関幅の実寸110cm)

いい感じですね。大きすぎず、小さすぎず敷けるので気に入ったモノがこのサイズであれば迷わず選んでもいいかもしれませんね。

・玄関マット約60×90㎝(玄関幅の実寸110cm)

こちらは、サイズ感もバランスもとても良いですね。
フローリングの色合いと絨毯の色合いを楽しむことが出来ますね。

こちらのサイズを縦置きすると…

縦置きもなんだかカッコよく見えてきませんか。
風景画になっている玄関マットであればなおさら絵画の様に楽しむことが出来るので、縦置きは意外とおすすめです。

 

お客様の施工写真

お部屋によって床の色も玄関幅も様々です。実際に敷かれるお客様の施工例をご紹介。

<間口約100cmに玄関マット約60×90㎝>

 

<間口約150cmに玄関マット約60×90㎝>

 

<間口約120cmに玄関マット約60×90㎝>

 

<間口約150cmに玄関マット約60×90㎝を縦敷き>

 

<間口約130cmに玄関マット約60×90㎝を縦敷き>

ご紹介は以上になります。
具体的なイメージがしづらいかもしれませんが、置いた雰囲気をなんとなく想像していただけたら嬉しいです。
サイズ感をイメージ出来るように玄関の幅を測ってからご来店いただくと、より具体的にハグみじゅうたん・アートギャッベの知識豊富な専属スタッフがご紹介致します。

playlist_add_check まとめ

 サイズ感が重要
 フローリングが見えるのがポイント
 縦敷きもオススメ

玄関マット選びはサイズ感が大変重要です。
お気に入りの玄関マットが、敷いた時のバランスも良いと嬉しいですよね。

何気ない日常を明るく楽しく過ごす一つのアクセントにいかがでしょうか。

 

こんにちは

研修スタッフの千葉です。

 

お店にあるアートギャッベたちを見ていると、なんだこれ?という発見をついついしています。

特に私は抽象画のようなギャッベにその思いを感じやすいのですが、本日はそんな「なんだこれ?」と思った面白いアートギャッベをご紹介します。

 

アートギャッベ ジャマール 116×82㎝

一本の細い幹のてっぺんにカラフルなつぼみが付いているような一枚です。

 

私はこのアートギャッベを初めて見たとき、近未来の都市の姿が描かれているように見えました。

一方で、あるお子さんに聞いてみたところ打ち上げ花火みたいという答えを頂きました。夏らしいとても可愛らしい発想ですね。

このように見えた印象が違くとも、何が描かれているか想像を巡らすのがアートギャッベの醍醐味なのです。

 

みなさんはこのアートギャッベについてどう見えましたでしょうか?

ご家族やご友人同士で尽きのない議論を巡らすのも楽しいものですよ。

 

アートギャッベ サフ 204×151㎝

お次はこちらの染めていない羊の毛のみで描かれたアートギャッベ。

一見するとモダンなデザインで「なにこれ?」と思う部分が見つかりにくいのですが、このギャッベを近くで見てみると面白い発見をしていただけると思います。

白と黒の文様が交互に並んでいます。

この白と黒の並びはどこかで見たような、、、

よ~くご覧ください。ピアノの鍵盤のように見えませんか?

 

この発見はお店にいらっしゃったお客様から教えていただいたのですが、それ以来私はピアノの鍵盤にしか見えなくなりました。

もしこれが鍵盤だとしたら、無数の音階を奏でることができるのでしょうね。

 

黒鍵に見えた黒い文様、実は「櫛」を描いたものとされています。

邪悪なものから身を守る。そういった魔除けの文様なのだそうです。

心地よく使うじゅうたんに魔除けの文様を描くとは素敵な織り子さんですね。

 

アートギャッベは一人一人によって見え方・感じ方が異なるので唯一の正解というのはありません。

実は櫛ではなく本当にピアノの鍵盤を描いたのかもしれません。

その答えは織り子さんのみぞ知る。

物語の登場人物の心象を読み取るような、小説の世界に入り込む面白さと近いものがあります。

 

ご紹介したアートギャッベについて、私はこう見えた・こう感じた!というお声がありましたら、ぜひお店でお話を聞かせてください!

新たな発見を楽しみにしてお待ちしております。

こんにちは!

先日、玄関に敷くアートギャッベをお選びいただいたお客様より、アートギャッベを敷いた様子をお写真で頂きました!
とても素敵な姿で敷いていただきましたので、皆様にもご紹介致します^^

お客様にお選びいただいたのは、こちら。

コンクリートの床に、原毛(羊の染めていない毛)の明るいベージュがとても映えています。

こちらのアートギャッベのサイズは、約80×120cmの大きさ。

お客様はご来店された際、このサイズよりももう一回り程小さなサイズ(約60×90cm)で探されていましたが、
実際の玄関スペースの広さをお店でもイメージしていただく中で、この大きさのアートギャッベに辿り着きました。

そしてお客様から実際にお送りいただいたこのお写真を見ると、サイズも色合いもまさにぴったり!

お客様の玄関に来るべくして選ばれたのでは…?!と思えるくらいにお客様の玄関にお似合いです。

お客様とご一緒にサイズについていろいろとお話をさせて頂いた私も、このバチッと玄関にハマったアートギャッベの姿を見れてとても嬉しかったです。

 

こちらは、玄関を真上から見た姿。

お客様のご自宅にいらっしゃった方々も、皆さん「かわいい!」と言って目に留めてくれているのだそう。

こんなかわいい一枚に迎えられたら、来客の皆さんが見入ってしまうのも納得です。

 

玄関に敷かれたギャッベは、お家の顔となる存在。

これからもずっと、この子からのお出迎えをお楽しみいただけたらと思います。

 

この度は素敵なアートギャッベをお選びいただき、そして素敵なお写真を送ってくださり、誠にありがとうございました!

ぜひまたお店にも遊びにいらしてくださいね♪

 

 

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.