ブログ

こんにちは、中林です。

本日は、様々な場所でお使いいただける、ランナーサイズのアートギャッベをご紹介致します。

ランナーサイズのギャッベ

150cm×155cmのこちら。

茶系ベースの落ち着いた雰囲気の中に、ギャッベらしい文様がちらほら。

クルミの皮で染め上げた自然な風合いが、見る向きによってまた違った一面を見せてくれます。

文様を拡大した写真

上部に描かれているのはラクダです。ラクダは、家財を運んでくれる動物であるため、「富」や「成功」の象徴という意味があるとされています。

そして、両脇にギザギザと描かれたモーチーフは、パイカンと呼ばれるオオカミの牙を表し「厄除け」の意味を表します。

アートギャッベを織るカシュガイ族にとってオオカミは、羊を襲う天敵となります。

羊を放牧している様子

大切な財産である羊たちを守る願いを込めて厄除けの文様を織り込んでいるんです。

ランナーサイズのギャッベは、意外と使う場所を選びません。

ベンチに敷いたり、壁に掛けて絵画のように楽しむのはもちろん

ソファ前に敷いた写真

ソファの前の足置きスペースに敷いたり

縁側敷いた写真

縁側に敷いてくつろいだり

玄関に敷いた写真

玄関に敷いたり

小さめのサイズなのでベットサイドやキッチンランナーとしてもお使いいただけます。

是非店頭でご覧くださいませ。

こんにちは。

本日も、リネンカーテンをお届けしたお客様のご自宅をご紹介致します!

 

今回のお客様がLif/Linのリネンカーテンでお選びいただいたのは、紫色の厚手【LL2006】と白のレース【LL3002】。

このリネンカーテンを、“ブレイクスタイル”といわれる丈の長さをたっぷりと取った形でお作りしました。

リネンカーテンは、湿気を含むことや自重により生地が伸びたり、洗うと縮んだりと動きの出る生地です。

その伸び縮みを目立たなくさせるために、丈が床に着いたこの“ブレイクスタイル”を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

また、このブレイクスタイルにされると、カーテンと床の隙間から入ってくる外気(冬場は冷気など)を漏れにくくさせる、といったメリットもありますよ。

もちろん、リネンカーテンならではの自然素材の風合いがあるため、

裾に集まったその姿はもたつきよりも、リネンのしなやかさ、柔らかさを感じさせてくれるはずです。

 

これだけ丈を長くしても、今回のお客様のご自宅のように心地よい風が入ってくれた時には、リネンカーテンも優しく揺れ、爽やかな姿を見せてくれます。

丈をたっぷりと取っていても、リネンの軽やかさは健在!

お届けしたときには、この軽やかなリネンカーテンの姿をお客様とぼーっと眺める時間もありました。

 

お客様からも、「なんだかカーテンを掛けた後の方が部屋が涼しくなった気がする!」と嬉しい反応が!

お届けしたこの日は、日中30℃近くあるまだまだ暑い季節でした。

きっとリネンカーテンを掛けたからこそ、窓を開けたときに入ってくる風の通り道が目でもわかるようになり、涼しく感じさせてくれたのかもしれません。

 

徐々に秋の涼しさも感じることが多くなってきましたが、

そのときにはリネン越しのお日様の暖かさを楽しんでいただけたらと思います^^

 

この度は、大切なお引越しの機会に当店のリネンカーテンをお選びいただきありがとうございました!

これから始まる暮らしの中で、このリネンカーテンが大きな癒しの存在となりますように。

またぜひお店へも遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、中林です。

本日は、とっても写実的なザクロのギャッベを紹介致します。

非常に細やかにデザインされた一枚です。

ザクロのギャッベ

ザクロは一つの実にたくさんの種を持つことから、「子宝」「子孫繁栄」の願いを込めて織り込まれる紋様のひとつです。

ザクロのギャッベ

また、朽ちた実が大地に落ち、木の生命エネルギーとなる循環から「輪廻転生」の意味もあると言われております。

ザクロの実

ザクロの原産国イランでも、実は食され、皮は染料となり、無駄にするところがないんです。

ザクロのギャッベ

自然に感謝し、自然と生きる。

美しいザクロに、隠れたメッセージを提起した一枚かもしれません。

ご興味ある方は、是非。

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.