ブログ

こんにちは。

11月に入り、急に寒くなってきましたね。

これから厳しさを増してくる冬の寒さ。お家の中ではその厳しさを忘れてゆったりと過ごしたいですよね。

寒い季節はとにかくお部屋の中に冷気を入れないことが大切です。

なので、冷気の入り口となる窓を覆うカーテンはとても重要なアイテムといえます。

カーテンを掛ける際も、厚手の生地一枚だけや、レース生地一枚だけというよりは、

厚手の生地とレースの生地で二重に掛けていただくことで、生地の間に空気の層ができ、

窓で冷やされた空気が室内に入り込むのを防ぐ効果を高めることができます。

 

また、横浜店でご紹介をしているリネンのカーテンも冬におススメのカーテンです。

リネンと聞くと、サラッとしたイメージで、夏に使うものという印象があるかもしれません。

ですが、このリネンは夏だけではなく、冬でもお部屋を快適にしてくれる力を持っているのです。

その理由は、リネンが中空構造というマカロニのような形の繊維でできているから。

この空洞部分に空気を溜め込むことで、リネンが断熱材としての役割を担うことになり、

外からの冷たい空気が室内に入りにくかったり、逆に室内の暖かな空気が外に漏れるのを防いでくれているのです。

吸放湿作用にも優れているため、エアコンなどで乾燥した室内の湿度を調節する役割も担ってくれます。

お部屋で過ごす時間が長くなる冬の季節。

リネンカーテンが持つ自然な風合いに癒されながら、心地よく冬を過ごしてみませんか。

こんにちは、中林です。

先日、とっても綺麗なアートギャッベをお届け致しました。

ギャッベの全体写真

緑と黄色のグラデーションが素敵で、菜の花畑や草原を思わせるような自然を感じさせる一枚です。

約300cm×200cmのサイズを縦に長くなるような敷き方をされており、一枚板を挟んでギャッベの前後をゆったりと寛げる空間になっています。

ギャッベの上に一枚板

3.5畳ほどのこのサイズであれば、大人5~6人でもゆったりと寛ぐことが出来ますし、使える面積が広い分普段使っていなかった場所が使えるようになるので体感的にもお部屋が広く感じるんです。

鮮やかなグラデーションの中には、健康・長寿を願うモチーフ「生命の木」が描かれています。

生命の木の文様

真っ直ぐではないところに織子さんの個性や素朴さを感じながら楽しめますね。

また、前回のブログでご紹介しましたが、ウールは保温性に優れてますので床暖房と一緒にお使いいただけます。床暖房・ホットカーペットに関するブログはこちら

S様宅でもじんわりと広がるポカポカした暖かさにうっとりしてしまいました。

TV前に敷いたギャッベ

使っていくごとに色味も深みを増していきますので、末永くお楽しみいただきながらお使いくださいませ。

S様この度は、お選びいただきありがとうございました。

こんにちは!

台風が過ぎたあと、あっという間に秋らしい肌寒い季節となりましたね。
この季節になると、じゅうたんをご覧になるお客様からよく聞かれる疑問があります。
それは「床暖房やホットカーペットと一緒に使えますか?」ということ。

当店では、ウールで作られたアートギャッベやハグみじゅうたんを展示していますが、
結論からいうと、とっても相性がいいです!

 

“こんな風に薪ストーブの前でも…”

よく「ラグやカーペットは床暖房と一緒に使えないって聞いたんですけど…」と不安の声をお聞きすることもありますが、それは、そのラグやカーペットの裏面の造りに理由があります。

ラグやカーペットの中には、裏面に滑り止め用のゴムや接着剤が使用されている場合があります。
ラグが床からズレにくくさせるためや糸が抜けにくくなるために使われるのですが、
この滑り止めや接着剤を多く使ったラグに床暖房などの熱が加えると、乾燥してその部分がボロボロと粉のようになってしまったり、その部分が溶けてしまい床にダメージを与えてしまうことがあるのです。

一方、アートギャッベの裏面はというと…

裏面に滑り止めを貼ることはせず、また接着剤も極力使わない造りとなっています。
こちらはハグみじゅうたんも同じ造り。

裏面もこだわった造りであるからこそ、熱が加わってもそこからダメになってしまうということはありません。

また、裏面への加工が無いため”通気性が良い”というのも、寒い季節に気持ちよくお使いいただける大きなきっかけとなりますね!

 

そして、何といっても上質なウールで織られているということがとても大切です。

ウールは冬に聞く機会が多くなる素材だと思います。
ウールでできたセーターやコート、ウールのマフラー…。
冬のアイテムのものばかり。

ウールは保温性に優れ、それがじゅうたんともなれば床暖房やホットカーペットの暖かさをじんわりと広げていってくれます。

直接的な熱では無いため、全体が暖まるのには少し時間が掛かるかもしれませんが、
じっくりと広がったその暖かさはとても優しく、ぽかぽかと体の中から暖めていってくれる心地よいものですよ。

 

また、先ほどは「ウール=冬のアイテム」と感じる素材だとお話しましたが、
意外にもウールのじゅうたんは夏場の暑い季節にも気持ちがいい!

ウール素材は、柔らかな熱は留めてくれますが、呼吸に近い動きを自らするため、湿気は吐き出してくれるのです。
そのため、「冬はぽかぽか、夏はさらっと」した肌触りを叶えてくれるんですね。

 

ぜひこの季節は、ウールのじゅうたんで生まれる気持ちの良いくつろぎ空間を楽しみましょう!

 

(c)copyright BD corporation. Allright Reserved.