ブログ

こんにちは!

先日、素敵なご新居先にリネンカーテンをお届けしましたので、ご紹介致します。

今回ご紹介するお客様は、お子様のお部屋と寝室etc..にLif/Linのリネン生地をお選びいただきました。

まず、まだまだ元気なお子様お二人のお部屋には、優しい緑色をした【LL2133】と白のレース生地【LL3002】を揃えてセレクトしていただきました。

白のレース生地はもちろん、厚手の緑色がとても柔らかな光りを通してくれています。

お子様の学習机と一緒に見るリネンカーテンの姿も、またかわいいです!
お子様のお部屋に掛けたこの姿は可愛らしく見えていますが、もともとがとても落ち着いた色をしているため、きっとお子様が大きくなっても長く飽きずにお使いいただけるはずです。

奥様のお話によると、このカーテンが届いたあと、なんとなくお子様のカーテンに対しての扱い方が優しくなったんだとか…?!

実はこのリネンカーテンは、お子様も一緒になって選んでくれたものだったので少し愛着が湧いてくれたのかもしれないですね。

これから長く楽しんで使ってくださいね^^♪

 

そしてご夫婦の寝室には、今年2月に誕生したばかりの新柄【LL2172】をシェードタイプでお選び頂きました。

色は濃紺、織りもワッフル調の珍しいこちらのリネン生地、光に当てた姿はとても爽やか。


【今年誕生の新柄“LL2172”】

寝室では、この他の窓のところに無垢材でできたウッドブラインドが使用されています。

リネンカーテンとウッドブラインドを同時に眺める空間は、とても落ち着きのある大人の空間となっていました。

厚手生地といっても、リネンの場合は完全な遮光ではありません。
そのため、厚手でも程よく感じる柔らかなお日様の入り方は、起床時に気持の良い目覚めを促してくれそうですね。

そして最後にご紹介するのは、こちらのカフェカーテン。

こちらの窓に選んでいただいたこのカフェカーテンは、カーテン採寸の際に追加で注文をしていただきました。

カフェカーテン一枚でも、リネンの風合いを堪能できる大きな存在感を発揮してくれています。
お客様からも、「(リネンカフェカーテンが)あるか無いかで、雰囲気が全く変わりますね!」と嬉しい驚きの声も聞かせていただきました。

そうなんです!

リネンの風合いがあるからこその見た目の柔らかさ、天然の光の心地よさは、どんなスタイルでもお楽しみいただけるんですよね。
さりげなくもお楽しみいただける場所に、こちらのリネンカフェカーテンを選んでいただきありがとうございました。

 

今回のお客様には、もともとはお子様のお部屋にとリネンカーテンを検討していただき、その後ご家族皆様のお部屋それぞれに選んでいただく形となりました。

特にお子様が普段使うお部屋にもリネンカーテンを採用していただけたことは、とても嬉しいことでした。

これからはこの素敵なご新居先で、そしてご家族皆さまで、リネンカーテンをたっぷりとご堪能いただけたらと思います。

この度は誠にありがとうございました!

ぜひまた当店へも遊びにいらしてくださいね♪

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

夏のアートギャッベ展 in ボー・デコール横浜店

新入荷を含む、全350枚のアートギャッベがお待ちしております

2019年8月17日(土)~9月1日(日)まで開催!

 

ボー・デコール横浜店

TEL:045-914-7718 / MAIL:bd-yokohama@bd-n.com

10:00 open ~ 18:30 close(※水曜日定休)

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

 

 

こんにちは。

研修スタッフの千葉です。

 

夏のアートギャッベ展開催中です!

連日多くのお客様にご来店いただきありがとうございます。

 

今回も様々なサイズ・色合いのアートギャッベが入荷しました。

一点モノなので、入荷したアートギャッベを展示するときはいつも新鮮な気持ちになります。

新たなアートギャッベの出会いを楽しみにご来店くださいませ。

 

今回の新入荷では原毛のアートギャッベも入荷しました。

 

原毛とは染めていない羊の毛のこと。

アートギャッベが作られるイランではベージュやグレー、黒い毛など様々な色の地毛を持つ羊たちが暮らしています。

そんな羊たちの地毛を巧みに織り上げたのが原毛のアートギャッベです。

染めたいない羊の毛は染色の過程がない分、より滑らかな肌触りが特徴的なのです。

 

本日はそんな新入荷の原毛アートギャッベを少しだけご紹介します。

素朴な文様と原毛の背景で描かれたシンプルな一枚。

この一枚はすべて原毛のみ織り込まれています。

羊そのままの色で描くとセピア色のような風合いになり、優しい雰囲気を醸し出してくれます。

背景の色むら感が何とも素敵ですね。

 

お次は風景画のアートギャッベ。

こちらのアートギャッベは色糸を織り込んでいますが、風景の山並みや前景の木々は主に原毛で描いています。

描くことが難しい山並みを原毛で描く織り子さん。きっと織り子さんの中でも凄腕の方なのでしょう。

遊牧のテントや遠くの街並みを忠実に描いており、織り子さんの暮らしをアートギャッベ越しに見ているようです。

 

ご紹介した以外にもお店では原毛のアートギャッベを数枚展示しております。

原毛は何といっても滑らかなてざわりが魅力の一つです。

ぜひお店で体感いただければと思います!

 

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

夏のアートギャッベ展 in ボー・デコール横浜店

新入荷を含む、全350枚のアートギャッベがお待ちしております

2019年8月17日(土)~9月1日(日)まで開催!

ボー・デコール横浜店

TEL:045-914-7718 / MAIL:bd-yokohama@bd-n.com

10:00 open ~ 18:30 close(※水曜日定休)

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

 

 

 

こんにちは。

ただいまボー・デコール横浜店では、【夏のアートギャッベ展】を開催しています。

 

夏の暑さを忘れさせてくれる鮮やかな青色のギャッベや、

 

線香花火のような繊細な美しさのあるギャッベなど、

とても見ごたえたっぷりのアートギャッベたちが揃っています!

 

そんな中から、今日ご紹介したいのはこちらのギャッベです。

 

ミニギャッベと呼んでいる、およそ35~45センチ角の小さいギャッベです。

初めてアートギャッベをご覧になられる方から「どこに使うの?」という質問をいただくことが多いので、

今回はこちらのミニギャッベの使い方をご紹介したいと思います。

 

①ダイニングの椅子やデスクの椅子の上に

ミニギャッベは、椅子の座面にぴったりのサイズとなっていますので、

ダイニングの椅子の上や、職場の椅子の上にお使いいただくのがおススメです。

湿気を吸い取り、夏もさらりとした肌触りでお使いいただける絨毯なので、

特に事務仕事など長く座ってお仕事をされる方には、その快適さを味わっていただけると思います。

 

②車のシートに

次におススメしたいのは、車のシートです。

ダイニングの椅子同様、ちょうどシートに収まるサイズとなっていますし、

適度な弾力感があるので、長距離の運転の際もおしりが痛くならず、快適なドライブを楽しめます。

 

③壁にかける

一枚一枚がアート作品のように楽しめる絨毯ですので、

壁に直接貼り付けたり、ピクチャーレールから吊るしたりと、

絵画を楽しむように、アートギャッベでお部屋の中に彩りを添えることができます。

 

小さいサイズだからこそ、置く場所や使い方を選ばず、

お好きな所で、お好きな方法で楽しめる絨毯となっています。

アートギャッベに興味があるけど、どこに敷けばいいかわからないという方は、

ぜひ、このミニギャッベから初めてみてはいかがでしょうか。

 

 

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

夏のアートギャッベ展 in ボー・デコール横浜店

新入荷を含む、全350枚のアートギャッベがお待ちしております

2019年8月17日(土)~9月1日(日)まで開催!

ボー・デコール横浜店

TEL:045-914-7718 / MAIL:bd-yokohama@bd-n.com

10:00 open ~ 18:30 close(※水曜日定休)

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・