ブログ

リネンカーテンを見る中で、不安に思うことってなんでしょう?

よくお客様から挙げられる不安点としては、「縮んでしまうのでは?!」というところが代表的なように思います。

本日は、そんなリネンカーテンの一つの特徴でもある“伸び縮み”についてお話いたします。

 

確かに、お洗濯をした場合や気候によってはリネンは縮んだり伸びたりもします。

ただ、リネンの特徴である“伸び縮み”についてほんの少し知って頂ければ、

リネンのカーテン選びでも気難しく考えることも無くなるかもしれません。

 

リネンカーテンは自然素材=生きているもの。

そのため、伸び縮みはリネンカーテンをお使いいただくうえで必ず起きるものでもあるのです。

 

わたしも家でLif/Linのリネンカーテンを使っていますが、

下の写真の通り、左右で丈の長さに10cmほどの違いがあります…!

 

 

こちらのリネンカーテン、もともとは同じ丈だったのですが、

左右で洗濯の回数が異なるものなのです。

向かって右はまだ一度も洗っていないのに対して、左は数回洗濯をした状態。

 

ちなみに、洗濯の回数を重ねるごとに縮む長さは徐々に落ち着いていきますが、

洗濯を繰り返すと、トータル5~7%縮むとされています。

例えば、200cmの丈のカーテンですと、約10cm縮む可能性があります。

 

1度の洗濯で一気に10cm近く縮んでしまうというわけではありませんが、

最初の洗濯による縮みは比較的大きなものでもあります。

 

 

そのため、その縮みを考慮して丈を長めに取る方もいらっしゃいますよ!

 

 

ほんの少し丈をつけてルーズな雰囲気を楽しまれたり…

 

 

 

たっぷりと丈の長さをとることでボリュームも生まれ、

外国の家庭のような雰囲気も演出できます。

 

丈を長くとるということは、日本の生活の中ではあまり馴染みのないものかもしれません。

ただ、リネンカーテンの場合は、

自然素材ゆえ静電気も起きにくく、ほこりも付きにくい。

そして、丈を長くすることで冬場は隙間からの冷気も入れにくくしてくれます。

 

リネンカーテンだからこそ、丈を長くしても快適に気持ち良くお使いいただけるのです。

 

 

それでもリネンカーテンの縮みはできるだけ抑えたい!という方は、

防縮加工をオプションでお付けすることをお勧めします。

リネンカーテンLif/Linの防縮加工では薬品は使っておりません。

生地の状態で一度“湯通し”をするのです!

この工程を入れることで、リネンカーテンの収縮率は1~2%に抑えることができますよ。

 

 

カーテンはできれば洗濯をしたい、

けれどリネンカーテンは縮んでしまうのが難点…とお考えだった方も、

このように丈をあえてたっぷりと取ってみたり、防縮加工を付けたりなど、

リネンを楽しむための解決策はきっとみつかります!

 

自然素材ならではの“個性”もぜひお楽しみください。

ボー・デコールのオリジナルランドセル。

表の上蓋やランドセルの背面など、金具の部分を除けば全て本革でできています。

本革だからこそ感じる革のハリ感、柔らかさは革好きの大人の方々にも楽しんでいただけるはずです。

天然皮革でできているため、定期的にお手入れをすればこの本革の魅力は倍増していきますよ!

 

このオリジナルランドセルをお使いになるうえでお勧めしているお手入れは、本革用の保湿クリームを定期的に塗ること。

当店で販売をしているこのお手入れクリームは、人間の肌をお手入れするところでいう保湿クリームのようなもの。

このようなお手入れクリームによるメンテナンスをすることで、乾燥による反りやひび割れを防ぎます。

 

頻度としては2、3か月に1回程度。

お子様が夏休みや冬休みなどの長期的なお休みに入ったときにお手入れをすると、クリームの油分がランドセルにじっくり浸透していく時間もできて調度良いですよ。

 

“お手入れをする”と聞くと面倒に思うかもしれません。

それでも本革のランドセルを私たちが紹介し続けているのは、お子様自身で手入れをしてもらうことで物を大切にする心も育んでもらいたいという想いがあるからこそです。

本革のランドセルはお手入れをすれば、風合いの変化は美しく出ていきます。

出来立ての革とお手入れ後の革を比べるとツヤの出方は一目瞭然。

こちらは出来上がったばかりの本革の写真。

数年使用すると、この写真のようにツヤ感と柔らかさが増します。

 

毎日手入れをする必要はありません。

ただ、この本革ランドセルを通して、自分の大事なものを自分で手入れする大切さ、手入れをして使い続けることで湧いてくる愛着心というのを感じていただけたら嬉しい限りです。

 

こんにちは。

昨日までの肌寒い天気とは打って変わって暑い一日でしたね。

これからどんどんと暑くなってまいります…!

皆さま熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

 

これからやってくる暑い夏に向けて、リネンカーテンのあの爽やかな見た目はおすすめです。

(先日もリネンカーテンの涼やかな印象についてまとめたブログがあります。
そちらもぜひご覧ください。→【リネンカーテン】リネンで楽しむ”涼”

 

その中でも、白のリネンカーテンは色合い爽やか、そして無地であってもリネンならではの表情があるため、見ていて飽きません。

お店で実際のリネンカーテンをご覧いただくと、白のその見た目の雰囲気に魅かれ、厚手とレースどちらも白のリネンにされる方も多くいらっしゃいます!

厚手…LL2002、レース…LL3002

 

ただ、すべてが“白”となると、心配は汚れが目立つところではないでしょうか?

カーテンの代表的な汚れのひとつに“黒ずみ”が挙げられます。

あの黒ずみの主な原因は、実はほこり。

 

空気中に舞うほこりがカーテンに付き、落ちることなくカーテンの奥底まで入り込むことで黒ずみが発生します。

特に化学繊維のカーテンの場合だと、静電気が発生してしますため、ほこりが付いたら掃っても取れないという状態になり、黒ずみの発生を加速させることにもなるのです。

一方で、リネンカーテンの場合は天然素材でできているため、まず静電気が発生しにくくなります。

そのため、ほこりがリネンカーテンに付いても、掃えば素直に落ちてくれる。

ほこりが付いたら付きっぱなしという状態を防ぐことができます。

 

天然素材であるリネンカーテンは、このように手入れがしやすく汚れにくいため、

白×白というなかなかできない組み合わせも楽しんでいただけますよ!

厚手(前幕)…LL2021、レース(後幕)…LL3032

厚手…LL2002、レース…LL3002

 

使っていくうちに出てくる変化は“黒ずみ”よりも

“柔らかさ”や“程よいしわ感”といった、深まっていく味わいに目が行くはずです。

ぜひ、その味わいたちを白のリネンカーテンでお楽しみください!