ブログ

本日は梅雨の合間の晴れ。もう夏がすぐそこまできていますね。

この時期から夏にかけて、じゅうたんのクリーニングのご依頼を頂くことが増えてきます。

 

先日もアートギャッベとハグみじゅうたんをお使い頂いているお客様のお宅に
あらたにお選びいただいたアートギャッベをお持ちした際、クリーニングのご依頼がありました。

 

アートギャッベやハグみじゅうたんは上質なウールで細かく織り上げているため、汚れにも強く、日常的にのお手入れをおこなっていただければ安心して衛生的にお使い頂くことができます。

それでも使っていただく年数が10年以上、長いものだと数十年となる絨毯です。
そこで5年~10年に1度ほどの間隔で専門のクリーニングをご検討頂くと、よりよい状態でお使い頂くことができます。

 

「家でも洗えますか?」というご質問も多くいただくのですが、やはり専門のクリーニングがおすすめです。

人間の髪もシャンプーの種類、乾かし方、ブラッシングなどで仕上がりが全く違ってくるのと同じように、ウールの手仕事のじゅうたんも洗い方と仕上げ方によって風合いが大きく変わります。

 

私たちで承った場合のクリーニングは絨毯専門の洗い方で丁寧に仕上げるため、風合いが損なわれてしまったり、という心配もいりません。

 

実際に洗いあがってお客様のお宅にお届けすることもあるのですが、とてもさっぱりと、そして毛並みもやわらかく良い風合いに仕上がりますので、ぜひ安心してお問合せ頂ければと思います。

 

もちろん当店で購入されていないじゅうたんでも構いません。じゅうたんの種類と大きさを教えて頂ければおおよその金額と期間の目安をお伝えすることが可能です。

 

 

こちらは現地の製作工程の仕上げの段階で天日干しをしているところですが、私たちがクリーニングでお預かりする場合も天日干しを行い仕上げますので、クリーニングに要する時間は天候によっても異なってまいります。目安としては2週間ほど頂いておりますが、お急ぎの場合は天候に恵まれれば早められることもございます。

 

何か強い汚れが部分的にあって困っている、というお客様には別途料金となりますが染み抜きも行っております。

 

クリーニングに関してご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

こんにちは。

現在じゅうたんのイベントを開催中の
ボー・デコール横浜店でございます。

じゅうたんを探されている皆様が気になる事。
それは「お手入れ」についてだと思います。

特に飲み物等の液体をこぼしてしまった時は
どうしたら良いのか今回はご紹介させて頂きます。

まず第一は慌てないことです。
アートギャッベもハグみじゅうたんも上質な羊毛を使用しておりますので
すぐには染み込んでいきません。

このように表面に液体を留めてくれます。
時間が経つとさすがに染み込んでいきますが、
染み込む前に対処すればほぼ大丈夫です!

おススメは「濡れタオル」で上から抑え込みます。
この時はゴシゴシしない事がポイントです。

タオルの方に汚れが移ったら
後は上から叩くように汚してしまった部分をポンポンと繰り返してください。

最後に乾いたタオルで出来るだけ水分を取れば終了です。

かなりアップで写真を撮っていますがほとんど分からないかと思います。

もう少ししっかりとお手入れしたいという場合には
ウール用の中性洗剤をぬるま湯で十分に薄めたものを使用していただくと
より効果的です。

如何でしたか?
意外と汚れた時の対応も簡単で、汚れにくいのが嬉しいですよね。
写真のじゅうたんもそうですが、色も単調な表現ではないので
汚してしまったところが際立って目立つということもないかと思います。

 

*********************

アートギャッベ展 & ハグみじゅうたん展
3月9日(土)~3月24日(日)開催!
(毎週水曜日定休)

インテリアショップ ボー・デコール横浜店
横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL. 045-914-7718 / MAIL. bd-yokohama@bd-n.com
Open 10:00 ~ Close 18:30

 

 

リネンカーテンを見る中で、不安に思うことってなんでしょう?

よくお客様から挙げられる不安点としては、「縮んでしまうのでは?!」というところが代表的なように思います。

本日は、そんなリネンカーテンの一つの特徴でもある“伸び縮み”についてお話いたします。

 

確かに、お洗濯をした場合や気候によってはリネンは縮んだり伸びたりもします。

ただ、リネンの特徴である“伸び縮み”についてほんの少し知って頂ければ、

リネンのカーテン選びでも気難しく考えることも無くなるかもしれません。

 

リネンカーテンは自然素材=生きているもの。

そのため、伸び縮みはリネンカーテンをお使いいただくうえで必ず起きるものでもあるのです。

 

わたしも家でLif/Linのリネンカーテンを使っていますが、

下の写真の通り、左右で丈の長さに10cmほどの違いがあります…!

 

 

こちらのリネンカーテン、もともとは同じ丈だったのですが、

左右で洗濯の回数が異なるものなのです。

向かって右はまだ一度も洗っていないのに対して、左は数回洗濯をした状態。

 

ちなみに、洗濯の回数を重ねるごとに縮む長さは徐々に落ち着いていきますが、

洗濯を繰り返すと、トータル5~7%縮むとされています。

例えば、200cmの丈のカーテンですと、約10cm縮む可能性があります。

 

1度の洗濯で一気に10cm近く縮んでしまうというわけではありませんが、

最初の洗濯による縮みは比較的大きなものでもあります。

 

 

そのため、その縮みを考慮して丈を長めに取る方もいらっしゃいますよ!

 

 

ほんの少し丈をつけてルーズな雰囲気を楽しまれたり…

 

 

 

たっぷりと丈の長さをとることでボリュームも生まれ、

外国の家庭のような雰囲気も演出できます。

 

丈を長くとるということは、日本の生活の中ではあまり馴染みのないものかもしれません。

ただ、リネンカーテンの場合は、

自然素材ゆえ静電気も起きにくく、ほこりも付きにくい。

そして、丈を長くすることで冬場は隙間からの冷気も入れにくくしてくれます。

 

リネンカーテンだからこそ、丈を長くしても快適に気持ち良くお使いいただけるのです。

 

 

それでもリネンカーテンの縮みはできるだけ抑えたい!という方は、

防縮加工をオプションでお付けすることをお勧めします。

リネンカーテンLif/Linの防縮加工では薬品は使っておりません。

生地の状態で一度“湯通し”をするのです!

この工程を入れることで、リネンカーテンの収縮率は1~2%に抑えることができますよ。

 

 

カーテンはできれば洗濯をしたい、

けれどリネンカーテンは縮んでしまうのが難点…とお考えだった方も、

このように丈をあえてたっぷりと取ってみたり、防縮加工を付けたりなど、

リネンを楽しむための解決策はきっとみつかります!

 

自然素材ならではの“個性”もぜひお楽しみください。