ブログ

 

こんにちは。

今週初めの大雪から、ガクッと気温も低くなりましたね…。

私はホッカイロを2枚貼り、靴下を2重に履く完全防寒スタイルで外出しています。

皆さまも体調にはお気をつけて!

 

さてさて、只今ボー・デコール横浜店では

『リネンカーテンフェア』を開催中(~3/25まで)です。

 

横浜店で展示をしているの“Lif/Lin(リフリン)”のリネンカーテン。

このリネンカーテンは全部で80柄以上のデザインがあり、それら全てを普段から展示しております。

 

このリフリンのリネンカーテンは、

ある4つの「安心・安全」への想いで成り立っています。

本日からはその4つを少しずつご紹介していきます。

 

まず一つめの「安心・安全」は、“赤ちゃんに安心”という点です。

Lif/Linのリネンカーテンは、日本の安全基準に合わせ、

国内で第三者機関によるホルマリン検査を定期的に実施しています。

そこで赤ちゃんの肌着と同じ基準をクリアしているため、お子様がリネンカーテンにくるまっても、

カーテンでかくれんぼをして遊んでいても安心なのです。

 

また、天然素材リネンの特性である「静電気が起きにくい」ということも大きく関わります。

リネンカーテンは、化繊のカーテンと比べて静電気が起こりにくい素材です。

そのため、もしほこりがリネンカーテンに付着しても掃えば床に落ちてくれます。

ほこりが付いたら付きっぱなしという状態を防ぐことができるのです。

 

お子様はいろんなものに興味を持ってくれますよね。

小さなころから安心して、本物にたっぷりと触れる機会になっていただけたらと思います。

 

次回はLif/Linリネンカーテンの2つ目の「安心・安全」への想い、

“選べる安心”についてご紹介いたします。

 


【リネンカーテンフェア】

1/20(土)~3/25(日)開催中!

四季を感じさせてくれるリネンカーテン。

きっとリネンのある暮らしは癒しを与えてくれるはずです。

※専属のコーディネーターがお客様の暮らしに寄り添ったご案内をさせて頂きますので、
ぜひご来店の際は事前のご予約をおすすめいたします。

TEL 045-914-7718 / MAIL bd-yokohama@bd-n.com

インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)

 

こんにちは。

年も明けて、ボー・デコール横浜店では

新生活が始まる準備を始められているお客様も見受けられます。

 

そんな中で、じゅうたんをお探し中の方で

「絶対にウールのじゅうたんが良いと思っていた!」と

当店のアートギャッベやハグみじゅうたんを見にいらっしゃった方がいました。

ウールのじゅうたんは、使い捨て・消耗品としてでなく長く使っていただける良い点がたくさんあります!

今回と次回のブログでは、その良い点をいくつかご紹介いたします。

 

今回は意外に重要な“静電気”とじゅうたんの関係性を一緒にご紹介。


上質なウールのじゅうたんは静電気が起きにくい

上質な天然素材、ウールでできているアートギャッベやハグみじゅうたんは、一般的な化繊のじゅうたんよりも静電気が起きにくいものです。

静電気が起きにくいウールのじゅうたんがあるお部屋で、

空中を舞っていたほこりはウールのじゅうたんの上に抑えつけられます。

そして、じゅうたんに吸着したほこりたちは普段の手入れとしての掃除機がけをすれば大丈夫。

 

じゅうたんのあるお部屋とフローリングだけのお部屋とでは、ほこりの舞う量が大きく違います。

ある研究機関の調査によると、フローリングだけのお部屋でのほこりの舞う量は

じゅうたんを敷いているお部屋よりも2倍以上多くなるのだそうです

 

じゅうたんを敷く方が手入れが面倒そうと思われるかもしれませんが、

アートギャッベやハグみじゅうたんのような天然ウールのじゅうたんであると

手入れの簡単さだけでなく、より安全で過ごしやすい空間作りの担い手にもなってくれるはずですよ。

 

ウールのじゅうたんの特徴は、また次回のブログでもご紹介いたします!

ぜひじゅうたん探しのご参考にご覧ください。

 

 


【リネンカーテンフェア】

1/20(土)~3/25(日)開催決定!

四季を感じさせてくれるリネンカーテン。

きっとリネンのある暮らしは癒しを与えてくれるはずです。

※専属のコーディネーターがお客様の暮らしに寄り添ったご案内をさせて頂きますので、
ぜひご来店の際は事前のご予約をおすすめいたします。

TEL 045-914-7718 / MAIL bd-yokohama@bd-n.com

インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

横浜店では、ボー・デコールオリジナルの学習机“LOHASデスク”の展示を始めてから

じゅうたんやカーテンとご一緒に机を見にご覧いただく方は多いのですが、

そんなときにお客様によく聞かれることは学習机の“お手入れ方法”。

 

本日はその“お手入れ”について簡単にご説明いたします。

 


 

ボー・デコールオリジナル学習机“LOHASデスク”は

製作の最後に乾燥を防ぐためにオイルを塗る“オイル仕上げ”なのですが

ウレタン仕上げのように膜を張っている状態ではないため、

どうしても「キズやシミが付きやすいのではないか…」と不安に思われる方は多くいらっしゃいます。

 

 

確かに、オイル仕上げというのは製作の最後にオイルを塗るだけのものですので

ウレタン仕上げと比べるとキズ・シミはややつきやすいです。

 

しかし、そのオイル仕上げだからこそ、

気になるキズやシミは使って頂く方ご自身でお手入れをすることができる、

というところがオイル仕上げの大きなメリットでもあるのですよ。

 

そのお手入れというのも簡単です。

本日はお手入れ方法を実演させていただきます。

 

お手入れに必要な道具は以下の3つ。

①粗めの紙やすり

②メンテナンス用のオイル

③毛羽立たない綿布(使わなくなったYシャツ等でも構いません!)

 

それではさっそく、上記の道具を使って実演致します!

(※今回ご紹介するお手入れ方法は、無垢材でできたオイル仕上げの家具のみに適した方法です。

突板やウレタン仕上げの家具では行わないようご注意ください。)

 


“机に汚れ(キズ)が付いてしまった!!”

学習机だけでなく、ダイニングテーブルなどでも

こんな風に簡単には消えない汚れやキズが付いてしまうことってありますよね。

(ちなみに上の写真では油性のマーカーで無垢板に落書きをしました。指でこすっても消えません…。)

 

せっかく長く使おうと思っていた大切な机や家具にこんな汚れが付いてしまったら「ヒヤッ」としてしまいます。

 

“木目の流れに沿って、紙やすりで削ってください”

キズや汚れが付いてしまうと

“もうこの汚れはずっと取れないんだ…”と諦めてしまう方も多いかもしれません。

 

ところが、LOHASデスクのようにオイル仕上げのされた

無垢材の家具であれば、汚れやキズを目立たなくさせることはできます!

 

それは“汚れやキズを紙やすりで削り落とす”という方法です。

 

“削り落とす”というと

机の形が変わってしまうほどに大がかりになるのでは!?

とイメージされてしまうかもしれませんが、

実際は紙やすりでこするように削って消していくだけです。

 

上の写真のように、木目に沿って紙やすりで軽く削っていくと

どんどんどんどん汚れが薄くなっていきます…。

 

“乾燥を防ぐため、メンテナンス用のオイルを塗ります”

そして、削りカスやほこりなどの汚れをきれいに拭き取り、

綿布にさっとオイルを付け、削った箇所を塗りなおせば…

 

IMG_0562

先ほどの汚れはほとんど目立たなくなりました。

オイルを塗ったあとはまだ浸透しておらず、ペタペタしていると思います。

一晩置いていただければ、オイルも浸透していき、

机にも艶が増して良い味が出ているはずです!

 


 

いかがでしたか?

以上が、LOHASデスクに汚れ等が付いた時のお手入れ方法です。

 

基本のお手入れとしては、時折机の上を拭いてあげたり、

オイルをさっと塗って乾燥を防いでいただければそれで充分ですが、

 

もしキズや汚れがついてしまったときには

このように少しだけ手間をかけたお手入れをしていただければ大丈夫です。

 

キズがついてしまったらお手入れをする、

いつかの節目に家族みんなでお手入れをする、

そんな風にほんの少しだけ気にかけていただければ、

お子様にもご家族皆様にも愛着ある学習机となっていくかもしれません。

 

 


インテリアショップ ボー・デコール横浜店

神奈川県横浜市都筑区中川1-18-11-1F
TEL045-914-7718
open10:00~close18:30(水曜日定休)